仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:48
大型の台風が近づいており..
by tosanosato_bit at 20:36
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 20:20
これは良いショットh\が..
by tosanosato_bit at 06:23
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:04
ヒナさん セイタカシギは..
by tosanosato_bit at 21:48
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 23:45
随分珍しい鳥が11羽も集..
by tosanosato_bit at 22:46
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ヤブヤンマ ( 8 ) タグの人気記事


四万十遠征 ネアカヨシヤンマとヤブヤンマ Byヒナ

今日の四国地方は再び豪雨。
雨は梅雨に多いイメージがありますが、高知の場合9月の方が秋雨と台風の襲来で、フィールドへ出られない日が多い気がします。
秋晴れが待ち遠しいです。

本題です。

岡山遠征の翌日からは一泊二日で四万十遠征へ。

台風の影響でこの日から崩れる予報でしたが、夕方までなんとか持ちました。
しかし、ヤンマの出具合は絶不調。

普段ならネアカヨシヤンマにコシボソヤンマ、オニヤンマの産卵など多くのヤンマを観察できますが、湿度が高すぎたようです。
きっと高い場所へ移動しているのでしょうね。

ヤンマは当日の天候もさることながら、前日や前々日の天候にも左右されるので、蝶や他のトンボより難しいです。

ネアカヨシはオスを1枚だけ。
午前中だったので、落ち着いておらずすぐに飛んでしまいました。
今年最初で最後の1枚です。
c0343075_14551717.jpg
他のヤンマのぶら下がりでは、ヤブヤンマのオス。
撮りにくい場所でしたが、なんとか登って撮影。
この子は完全に寝ているようで、しばらくして再び通った時も同じようにぶら下がっていました。

フラッシュ無しで。
無しでも意外と複眼の色が出ていました。
c0343075_14544813.jpg
c0343075_14541705.jpg
フラッシュ有りで。
でもやはり有りの方がキレイですね。
c0343075_14534824.jpg
c0343075_14531870.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-09-09 15:12 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ヤブヤンマ Byヒナ

エゾトンボはオスしか見れませんでしたが、今回記事のヤブヤンマもオス、メス1頭ずつの出会い。

今年の遠征では見れる場合は雌雄セットで、見れない場合はどちらもなパターンです。

コヤマトンボやオオヤマトンボ、コシボソヤンマなどは今回出会えませんでした。

ヤブヤンマ、まずはメス。
c0343075_21473399.jpg
c0343075_21473033.jpg
c0343075_21472616.jpg
オスはクモの巣をかき分けて入っていったまさに藪の中で。
遠くて足元が悪くて、撮影には苦労しました。
c0343075_21485082.jpg
c0343075_21484711.jpg
c0343075_21484427.jpg
ヤブヤンマは大好きなので、セットで撮れてまた一つ達成感を味わいました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-09-05 21:52 | トンボ | Comments(0)

ヤブヤンマの産卵 Byヒナ

地元でヤブヤンマに出会ったのは8月20日。
まだ残暑厳しい1日でした。

昨日の記事のリスアカネを撮った後、何か居ないかとあちこち歩きますが、暑さで日陰に向かってしまいます。
昆虫撮影は一旦中断して、何か鳥でも来ていないかと林の中へ。

残念ながら鳥の気配はありませんでしたが、一部湿地になっているところに足を運ぶとヤンマの姿が2頭。
1頭はオニヤンマのオス。
もう一頭はヤブヤンマのメスでした。

産卵に来ていることが分かったので、落ち着くまで離れて観察。
ヤブメスは土の部分で産卵しようとしましたが、気に入らなかったようですぐやめてしまいました。

そのあと近くにある排水溝のグレーチングの上でホバリング。
この排水溝は2m四方あって、グレーチングは15cm位の隙間が開いているもの。
どうしてこんなところでホバっているのかと見に行くとどうやらこの中に入りたがっているようでした。

私が見に行ったことで、産卵は諦めて近くの木にぶら下がり。

望遠で。
c0343075_22462506.jpg
ちょっと移動して撮りやすい場所に来たので広角で。
c0343075_22462179.jpg
このあと飛んで行ってしまいましたが、しばらく待っていると再び登場。
やはり排水溝が気になるようで、グレーチングの上でホバリング。
なんとその中に入って行ってしまいました。

どうしているのだろうと見に行くと、側壁に産卵していました。
随分前、コンクリートに産卵しようとしていたのを見たことがあるので驚きませんでしたが、それにしてもこんなところでしなくてもと思いました。
こんなしょうもないところを好きなのがヤブヤンマですね(笑)

望遠で撮ってみましたが、グレーチングが邪魔でした。
c0343075_22482467.jpg
レンズをマクロに替えて撮ってみました。
なんとかグレーチングを避けて写せるもののフラッシュがケラれるので、角度の自由度は無し。
c0343075_22482041.jpg
場所を変えましたが、ここはコンクリート地が出ててあまり気に入らなかったようです。
苔が生えているところをしきりに探っていました。
c0343075_22481709.jpg

c0343075_22481205.jpg
人間が作った構造物を利用して逞しく命を繋ぐヤブヤンマ。
長い時間産卵の一部始終を見られて良い経験ができました。

オスが来るのも期待しましたが、それは叶わず。
来年またこの地を訪ねようと思います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-09 23:11 | トンボ | Comments(0)

再び岡山遠征 ヤブヤンマのメス Byヒナ

今年はヤブヤンマのオスを見ていない。
たぶんこのまま見ずにシーズンが終わりそう。

2度の岡山遠征と、この後二日間の四万十遠征でも見れなかったのだから仕方がありません。
その代わりメスに出会いました。
オスのブルーの複眼は美しいですが、メスの青緑の複眼も他にないもので魅力です。

ロケーションはちょっと遠かった。
500mmでなんとか、サンヨンだと厳しかったと思います。
c0343075_20470217.jpg
c0343075_20465781.jpg
c0343075_20464916.jpg
ヤブヤンマは地元にもある程度居るはずなので、ぶら下がりや産卵する場所を探さないといけません~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-18 20:51 | トンボ | Comments(0)

ネーチャーフォト研究会集合 ヤンマのぶら下がりを広角で Byヒナ

オニヤンマの産卵を撮影した後、午後からはヤンマ探しへ。

今回の林巡りではネアカ♂3、♀1、ミルン♀1、コシボソ♂1のぶら下がりを見ることが出来ました。
何頭か目線の高さに止まっていたので、広角撮影に初めてチャレンジすることに。

結果、広角の写りはあまり良くなく。
結構絞ったからなのか(F11~F13)フラッシュの光量が強かったのか、特に複眼が平面的になってしまいました。
腕の問題でしょうね。
絞り開放だとどうか撮ってみるべきだったな~

ミルン♀
望遠で
c0343075_21154864.jpg

広角で
c0343075_2116632.jpg


ネアカ♂
望遠で
c0343075_21183425.jpg

広角で
c0343075_21172292.jpg

おまけ
ヤブヤンマの産卵
1枚だけ撮れました。
出来はイマニですが久しぶりに見ることが出来ました。
c0343075_2129561.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-15 21:33 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 コシボソヤンマ♂とヤブヤンマ♀ Byヒナ

昨年はこの地でコシボソのオス、メス1頭ずつとヤブオス3頭を見ることが出来ましたが、今回はコシボソオス1頭とヤブメス1頭でした。

コシボソのぶら下がりはあまり近くで撮れた事が無かったので、今回が最接近でした。
c0343075_2210188.jpg
c0343075_22102713.jpg
c0343075_22103570.jpg

ヤブメスのぶら下がりは確か初撮影!
オスの複眼は文句無く綺麗ですが、メスのエメラルドグリーン色も素敵です。
c0343075_2217433.jpg
c0343075_22175365.jpg
c0343075_2218979.jpg

今回唯一残念だったのはカトリヤンマを見れなかった事。
カトリは大好きなヤンマですが、今まであまり見れていません~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-28 22:22 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ヤブヤンマ♂ Byヒナ

四万十遠征午後はトンボ王国へ戻り、谷奥へヤンマを探しに行きました。

近くにごく浅い池があるところでヤブヤンマのオスが止まっていました。
ヤブ♂は産卵場の近くでメスを探した後、休憩するんですね。
c0343075_20345085.jpg
c0343075_203513.jpg
c0343075_203512100.jpg
c0343075_20352278.jpg

もっと撮りたかったのですが、撮っている最中にオニヤンマが産卵に訪れたので、急遽被写体をチェンジ。
その記事は次回で~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-20 20:37 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ヤブヤンマ Byヒナ

マルタン♂は初見、初撮りでしたがヤブヤンマ♂は今回が初撮りでした。

マル♂のコバルトブルーの複眼は文句なく綺麗ですが、ヤブ♂のマル♂より少し淡いブルーも負けず素敵です。
淡い期待を抱いて現地に乗り込みましたが、3頭撮れて大きな成果となりました。

1頭目
翅や胴に蜘蛛の糸が絡みついていて、藪の中を駆け巡ってきた貫禄を感じました。
c0343075_2133444.jpg

少し飛んで別の木に移動。
こんな太い木に留まるんだとびっくり。
c0343075_21344189.jpg

2頭目
こちらは翅がピカピカの新鮮な個体
c0343075_21354171.jpg

c0343075_2137329.jpg

3頭目
こちらも老熟個体でした。
c0343075_21384948.jpg
c0343075_21385844.jpg

ヤブ♀は残念ながら見掛けませんでした~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-09-24 21:40 | トンボ | Comments(0)