人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:55
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
shimazakiさん、..
by nakayoshi_me_hina at 17:47
高知市でスギタニルリシジ..
by shimazaki at 10:13
青柳中学校1年で科学班新..
by shimazaki at 10:07
この白花はハコベ? 1..
by shimazaki at 10:03
Nさん、初めまして。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
初めまして。 トサコバ..
by N at 21:25
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ニシキキンカメムシ ( 6 ) タグの人気記事


魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ

大阪出張から帰ってきました。
明日から夏季休暇に突入ですが、連休明けから始まる仕事の準備がまだまだの状態。

ということで、この休みは遊んでばかりとはいかず、仕事を片付けながらになりそうです。

本題です。
突然ですが、Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5を購入しました。

魚眼はZD ED 8mmF3.5 Fisheyeに1.4倍テレコンを付けて10年位使ってきましたが、描写力に若干の物足らなさを感じつつ、これと代替できる物が無いと思っていましたが・・・

ある雑誌の記事でこのレンズが紹介されていました。

DXでは対角魚眼で撮れるし、更に望遠端で被写体を大きく撮ることができてテレコン要らず。
更にFXでも対角魚眼で使えるというところが完全にツボでした。

随分前からあるレンズなのに知らないとは不勉強ですね。

ZD ED 8mmF3.5 Fisheyeのように防塵防滴ではないし手振れ補正も無いので、完全に置き換えるのはZマウントを導入しないと決断できませんが、これからはこちらをメインで使っていくことになります。

ということで、最初の被写体はニシキキンカメムシ。
空を入れるのに曇りはダメなのですが、シェイクダウンのため、止むを得ずです。

全て望遠端の17mmで撮影。
魚眼特有の周辺の歪が気にならないです。
c0343075_22335181.jpg
c0343075_22334611.jpg
寄ればそれなりに大きく写せます。
c0343075_22334227.jpg
c0343075_22333911.jpg
c0343075_22333019.jpg
アサギマダラの撮影で使うのが楽しみです~


by nakayoshi_me_hina | 2019-08-09 22:50 | 昆虫 | Comments(0)

ニシキキンカメムシ2018 Byヒナ

今年のニシキキンカメムシは昨年撮れなかった構図に挑戦。
それは魚眼で青空バックに撮る事。

魚眼を装着するボディをE-5やE-M5からE-M1mkⅡに変えてから、AFや取り回しなどが随分良くなったので、難しいシチュエーションでも積極的に広角接写にチャレンジ。

E-M1mkⅡに変えて一番恩恵を受けるのはM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROだろうと思っていましたが、意外とそれはZUIKO ED 8mm F3.5 Fisheyeでした。

これまでは殆どMFで撮っていましたが、E-M1mkⅡではAFオンリー。

ライブビューでMFだと視力が下がりつつある私にはピントが合っているのかはっきりしないので、信頼性の高いE-M1mkⅡのAFで随分歩留まりが上がりました。

ニシキキンカメムシの青空バックはそれなりに苦労しました。
思ったような場所に居ないのと、振動を与えると落下してしまうからです。

これは背景がごちゃごちゃ。
c0343075_21344820.jpg
右の葉っぱに移動するところですが、ちょっとイメージが違う感じ。
c0343075_21344473.jpg
このイメージなんですが、痛恨の白飛び。
c0343075_21343682.jpg
これがベターショットということに。
c0343075_21344082.jpg
6月とはいえかなり暑かったので、1時間半位撮影して終了~


by nakayoshi_me_hina | 2018-08-08 21:45 | 甲虫 | Comments(0)

ニシキキンカメムシ2017 Byヒナ

今年もニシキキンカメムシを見に行ってきました。
例年なら5月には姿を見られるはずが、今年は6月に入ってやっと登場。
1か月も遅れるとはどうなっているかと思いました。

広角でも狙ってみましたが上手く行かず。
全てマクロで。
c0343075_21394190.jpg
c0343075_21393635.jpg
c0343075_21392579.jpg
構図が悪いですが、交尾も。
c0343075_21393039.jpg
あと何回か見に行こうと思います~


by nakayoshi_me_hina | 2017-06-24 22:12 | 甲虫 | Comments(2)

ニシキキンカメムシ2016 Byヒナ

奄美遠征記の前に、予告していたニシキキンカメムシを紹介します。

今年も決して沢山という訳ではありませんが、安定して発生しているようでした。

この子達を見ていつも思うのは、写真より実物の方が絶対綺麗だという事。
日本一美しいと言われる、この種の美しさを再現するのは難しいです。

ゆっくりではあるものの動き回るので、撮影は意外と苦労しますが、この子の方が構図を変えてくれて変化が生まれるという良い所も(^.^)
c0343075_2040217.jpg

c0343075_20401283.jpg
c0343075_20402251.jpg
c0343075_20403043.jpg
c0343075_20404030.jpg

2齢幼虫がツゲの実に群れていました。
幼虫も美しいですね。
c0343075_2040494.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2016-07-12 20:48 | 昆虫 | Comments(2)

GWのニシキキンカメムシ Byヒナ

昨年初めて見たニシキキンカメムシ。
図鑑によると5月から成虫を見られるとのことで、4日に生息地へ行ってきました。

やはりまだ出始めなのか見れたのは2頭だけでした。
それでもまだ新鮮な個体は輝きが一段と美しくまさに歩く宝石でした(^.^)
c0343075_2224791.jpg

c0343075_2231100.jpg
c0343075_2231015.jpg

まだ見足りないので、そのうちまた行ってきます~

by nakayoshi_me_hina | 2015-05-14 22:04 | 昆虫 | Comments(2)

2014年の思い出下半期編 Byヒナ

前回の続きです。

7月
ニシキキンカメムシ
レア度と美しさが際立つ本種を地元で見られると知った時はテンションが上がりました。
来年の撮影も楽しみです。
c0343075_930587.jpg

8月
キアゲハ
何度も「私のアイドル」を公言しているキアゲハで、ベストショットが生まれました。
これまでの撮影キャリアで最も気に入っているのはまだ蝶の種類もあまり解らなくて、
カメラはGRDⅡしか持っていない時に撮った1枚でした・・・
あれからずいぶん経ちますがやっとこれだ!というものを撮れました。
もちろんこれが今年のナンバーワンでもあります(^.^)
c0343075_9452238.jpg

9月
ジョウロウホトトギス
本種を探して軽い気持ちで山に登りましたが、その後様々な出会いと秘境の探索を
経て自生地に辿りつきました。
ドラマティックな1日で印象に強く残っています。
c0343075_100293.jpg

10月
アサギマダラ
新レンズを得てアサギマダラの飛翔をひたすら撮りました。
この時期ブログが当ブログに切り替わり、アサギマダラの飛翔記事で始まったり、
下半期はアサギマダラ漬けだったような気がします。
c0343075_107824.jpg

c0343075_1071722.jpg

11月
オオキトンボ
シーズン終盤にビッグニュースが飛び込んできました。
本種の高知での確認です。
繊細な種なので来年以降も定着するのか注意深く見守りたいと思います。
c0343075_10153784.jpg

12月はスルー

2014年を振り返ってみるとネイチャーフォトライフは充実していました。
マウント追加で金欠に喘いだ1年でもありましたが2015年に向けてステップアップする
準備もできたように思います。

訪問してくれた皆さん、ありがとうございました。
良いお年を! (^_^)/~

by nakayoshi_me_hina | 2014-12-31 15:00 | その他 | Comments(4)