人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:18
スミナガシいましたね~。..
by 古庵 at 20:51
鍵コメさん、こんにちは。..
by nakayoshi_me_hina at 15:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 18:04
ポンピングの様子がよく撮..
by tosanosato_bit at 17:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
こんな蛾がいるのですね。..
by 古庵 at 21:53
古庵さん、ご教授ありがと..
by nakayoshi_me_hina at 13:47
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ナガサキアゲハ ( 19 ) タグの人気記事


タキユリにナガサキアゲハ Byヒナ

ユリとアゲハのコラボシリーズは、他の記事を挟みつつ、まだしばらく続きます。
もう少しお付き合いください。

キアゲハの次にタキユリでの吸蜜を見掛けるのはナガサキアゲハ。
この子は中々良い構図にフレーミングできず、2カットのみの紹介です。
タキユリにナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_22165346.jpg
タキユリにナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_22164756.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-08-06 22:23 | | Comments(0)

オニユリとナガサキアゲハ Byヒナ

オニユリとアゲハのコラボはキアゲハで終了かと思いましたが、最後にナガサキアゲハが来てくれました。

ナガサキは大きいので、オニユリに負けない迫力を感じます。
オニユリとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_20251538.jpg
オニユリとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_20251200.jpg
オニユリとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_20250972.jpg
オニユリとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_20250216.jpg
この時期日向での撮影は大変なので、両手がフリーになる日傘を何方か開発してくれないでしょうか~


by nakayoshi_me_hina | 2019-08-11 20:33 | | Comments(0)

平成最後の日 ナガサキアゲハの産卵 Byヒナ

平成最後の撮影はナガサキアゲハの産卵。
これもミーが教えてくれました。
やはりミーの方が私より蝶運があるようです。

ちょっと高い位置にある柑橘類の葉に産卵していました。
今にも雨が降り出しそうでSSがあまり上がらず写真もイマイチですが、蝶屋らしく蝶の生態で平成を終えて良かったです。
平成最後の日 ナガサキアゲハの産卵 Byヒナ_c0343075_22083492.jpg
平成最後の日 ナガサキアゲハの産卵 Byヒナ_c0343075_22083178.jpg
この子は撮り始めた頃にはもう産卵の終盤だったようで、すぐ休憩してしまいました。
平成最後の日 ナガサキアゲハの産卵 Byヒナ_c0343075_22082714.jpg
時代が変わるので、撮影にも何か良い変化を起こしたいところです~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-24 22:17 | | Comments(0)

ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ

今夏はアゲハの吸蜜を広角で撮ることに挑戦。

今まで蝶を広角レンズで撮るのはアサギマダラ位でした。
それがキアゲハを魚眼で撮影してみて結構いけると自信が付き、他の蝶でも試してみました。

逃げられてもすぐ戻ってくるようなフィールドを選ぶことがポイント。
蝶がとても好きな花が一か所に咲いていると、そこに戻る可能性が高いので、黒系アゲハに人気のヒギリの前で待ちました。

最初に訪れたのはモンキアゲハ。
多くは撮らせてくれませんでしたが、数枚はいけました。
ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ_c0343075_18465299.jpg
ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ_c0343075_18464952.jpg
次にナガサキアゲハ。
奥側に逃げないので撮りやすかったですが、背景としては絵にならないですね。
ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ_c0343075_18464572.jpg
ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ_c0343075_18463450.jpg
ヒギリとモンキアゲハとナガサキアゲハ_c0343075_18463905.jpg
これで飛翔も撮れたら最高です。
精進せねば~


by nakayoshi_me_hina | 2018-09-17 18:53 | Comments(0)

オニユリとアゲハ達 Byヒナ

毎年撮っているオニユリとアゲハのコラボ。
今年は猛暑との戦いでした。

炎天下の下では、そう長く体が持ちません。
日陰で休憩しつつ、熱中症にならない程度にがんばりました。

最初はナガサキアゲハのオス。
メスに来て欲しいのですが、来るのはオスが多いです。
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22395181.jpg
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22394263.jpg
次にキアゲハ。
キアゲハは吸蜜がゆったりしていて撮りやすいです。
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22410543.jpg
こんなに全開の開翅は、他のアゲハには無いもの。
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22410175.jpg
最後にモンキアゲハ。
モンキアゲハはアゲハの中でも特に大きいので、写りもダイナミックです。
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22432576.jpg
オニユリとアゲハ達 Byヒナ_c0343075_22431963.jpg
次回もオニユリとアゲハです~


by nakayoshi_me_hina | 2018-08-24 22:45 | | Comments(0)

タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ

7月はユリの季節。

ユリに集う蝶と言えば、アゲハの仲間達。
鮮やかな花弁に大きなアゲハは良く映えます。

タキユリとアゲハのコラボを撮ることをずっと願っていましたが、これまでほとんど機会に恵まれず。
しかし今回遂に念願が叶いました。

タキユリは日当たりの良い場所にも咲いていますが、そこにはアゲハはやってきません。
暑いからでしょうか。

林縁の木陰に咲いているタキユリの場所には、キアゲハやナガサキアゲハが吸蜜に来ていました。
涼みに来たついでの吸蜜なのかも。

キアゲハ
どのユリもそうですが、花粉の量が凄いです。
後翅の色が変わってしまうほどですから、受粉効果は抜群なのでしょうね。
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23060035.jpg
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23055663.jpg
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23055362.jpg
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23055006.jpg
ナガサキアゲハ
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23054652.jpg
タキユリとキアゲハとナガサキアゲハ Byヒナ_c0343075_23054120.jpg
木陰での撮影は熱中症を避けられましたが、もっと良いことが有りました。
それは次回の記事で~


by nakayoshi_me_hina | 2018-08-20 23:13 | | Comments(0)

D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ

昆虫シーズン突入につき、D800に加えてD500を追加しました。

実際のところ昆虫撮影でD800に不満はほとんど無し。
連写速度があと2コマほど速ければ他に不満はほぼありません。

であれば、D850を導入すれば良いのですが、資金的に難しい。
他にも諸事情が有り、D500導入の運びになりました。

先々週末にシェイクダウン。
ツツジに集うアゲハ達で試しました。

D5譲りのAFがどれほどのものか興味津々でしたが、S-AFではD800と同じような印象でした。
トンボやカワセミの飛翔などもっと難しい条件で真価を発揮するのかもしれません。
グループエリアAFを使えば劇的に違いが出るのかも。

操作性はサブセレクターがとても良いです。
AF-ONボタン近くですぐにフォーカスポイントを変えられるのは待ち望んでいた機能でした。
ただいつもの癖で、十字キーに指が伸びてしまうので早く慣れなければ。

E-M1mkⅡとは画素数、連写速度が同じでキャラが被ってしまったので、上手く使い分けられるようになりたいと思います。
D500が本格稼働するのは5月中旬からです。

ナガサキアゲハ
D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ_c0343075_22204981.jpg
クロアゲハ
D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ_c0343075_22201912.jpg
ジャコウアゲハ
D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ_c0343075_22194900.jpg
D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ_c0343075_22192067.jpg
D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ_c0343075_22185016.jpg
機材が良くなっても使いこなしてナンボですから、導入して良かったと思えるように勉強していきます~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-23 22:36 | | Comments(0)

オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ

夏に撮りたいアゲハと花のコラボは、オニユリとのもの。
大柄なユリで吸蜜するアゲハはとても見栄えがすると思います。

色々なユリで吸蜜してくれれば楽しみもその分増えますが、オニユリ以外ではアゲハをあまり見かけません。
そういえば随分前に、タキユリでリュウキュウオオスカシバが吸蜜してました。
タキユリにアゲハが来れば良いのにと思いますが、そうは上手く行かないようです。

という訳で、オニユリで吸蜜するナガサキアゲハを撮影。
昨年は撮りそびれたので、今年はなんとかしたいと思っていました。

炎天下で待つのはかなりきつく、少し離れた日陰から様子を伺ったのですが、これではシャッターチャンスをうまく捉えられないですね。
オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ_c0343075_21410303.jpg
オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ_c0343075_21405924.jpg
オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ_c0343075_21405509.jpg
これがベストショットでした。
オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ_c0343075_21405121.jpg
もう散ってしまったかな。
明日ダメ元で見てこよう~


by nakayoshi_me_hina | 2017-07-22 21:44 | | Comments(0)

ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ

15日は仕事だったので、昨日今日が連休。
オオムラサキを探しに行きましたが、未遭遇。
どうなっているのか、もう少し通う必要がありそうです。

それにしても急に暑くなりました。
地元の今日の最高気温は34.7℃とか。
日向での撮影は10分が限界といったところでしょうか。

本題です。
前回記事のクロタマムシを撮った日、ヒギリが咲き始めていました。
ヒギリの花は黒系アゲハが吸蜜によく訪れ、毎年夏の楽しみのひとつです。

今回はナガサキアゲハのメスです。
先週撮影。
ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ_c0343075_18554200.jpg
ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ_c0343075_18553887.jpg
ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ_c0343075_18553364.jpg
今日撮影。
ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ_c0343075_18552915.jpg
ヒギリとナガサキアゲハのメス Byヒナ_c0343075_18552547.jpg
ヒギリが咲くと夏本番を感じます~


by nakayoshi_me_hina | 2017-07-17 19:00 | | Comments(0)

アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ

アザミの野原シリーズ最終回です。

最後にやってきたのはナガサキアゲハのオス。
クロアゲハの時も書きましたが、ナガサキのオスも表翅は真っ黒なので地味です。
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22052056.jpg
ということで開翅の構図を狙わず、裏翅中心で。
個人的にはこの3枚のショットは、お気に入りの構図で撮ることができました。
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22044917.jpg
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22041958.jpg
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22035025.jpg
この野原では辺り一面にノアザミが咲き誇っていましたが、3輪だけ白花が咲いていました。
白花を見るのはたぶん初めて。
ここにアゲハが来てくれれば最高でしたが、さすがにそれは無理でした。

望遠で。
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22031906.jpg
魚眼で。
アザミに集う蝶 ナガサキアゲハのオスとシロバナノアザミ Byヒナ _c0343075_22024895.jpg



by nakayoshi_me_hina | 2017-06-06 22:18 | | Comments(0)