人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:18
スミナガシいましたね~。..
by 古庵 at 20:51
鍵コメさん、こんにちは。..
by nakayoshi_me_hina at 15:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 18:04
ポンピングの様子がよく撮..
by tosanosato_bit at 17:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
こんな蛾がいるのですね。..
by 古庵 at 21:53
古庵さん、ご教授ありがと..
by nakayoshi_me_hina at 13:47
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ツマキチョウ ( 11 ) タグの人気記事


ツマキチョウの産卵 Byヒナ

今年はツマキチョウのオスを撮る機会が例年より多く、これまでも何度か記事を書いてきました。
それに反してメスの方はさっぱり。

このままメスを撮らずにシーズンが終わるかと思いましたが、なんとか巡り合うことができました。

菜の花へ産卵にやってきたときに、たまたまマクロレンズを付けていたので、そのまま撮影。

産卵シーンは近くまで寄れます。
しかし、寄ったことで警戒されたのか、卵を2個産んだだけで飛び去ってしまいました。

産卵シーン
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_19494110.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_19493240.jpg
産み付けられた卵
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_19493735.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_19492679.jpg
風が吹いていて、この撮影は苦労しました。
撮影倍率は等倍です。
花や蕾の根元直下へ計ったように産んでいるので、感心しました。

オオジシバリで吸蜜
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_19490017.jpg
この写真はお気に入りです~


by nakayoshi_me_hina | 2020-05-15 20:21 | | Comments(0)

ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ

もうそろそろ終わりの時期が近づいていると思いますが、今年はツマキチョウを見る機会が多かったです。

例年とは撮影スケジュールが違っているので、撮れない被写体もあれば、逆に機会の増える被写体もあり、ツマキチョウは後者だったのだと思います。

様々な花で吸蜜していたので、花とともに紹介します。

最初はシバザクラ。
シバザクラは何度かナミアゲハが吸蜜しているところを見掛けました。
ツマキチョウでは初めて。
蜜が少ないのか、吸蜜時間が短く忙しなかったです。
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22362622.jpg
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22362339.jpg
ヤズハエンドウでの吸蜜は一瞬でした。
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22361804.jpg
クサイチゴは色んな蝶に人気です。
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22361531.jpg
一番人気はやはり菜の花。
背景の赤い花は何だったか忘れてしまいましたが、ツバキが落ちたものだったかな。
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22361021.jpg
ツマキチョウのオスと春の花 Byヒナ_c0343075_22360679.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-05-04 22:44 | | Comments(0)

ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ

春だけ現れる蝶としては、コツバメよりも見掛ける機会が多いツマキチョウ。

しかし探雌飛翔中のオスはそう簡単には撮らせてくれません。
飛び方によっては通り過ぎるだけと分かるので、後を追う気にもならず。

先週はアブラナ科の花の近くを飛んでたので、いずれ止まるだろうと、後を追いながら機会を伺っていたら30分位掛かりました。
花には止まらず、本当に小休憩。

警戒させて再び飛ばれると、また止まらないので撮影も慎重に。
ツマキチョウは顔にピントが来ているか分かりにくいので、そこも難しい所です。
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19445097.jpg
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19444292.jpg
食事モードの時は、随分楽に撮らせてくれます。
タンポポで。
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19443151.jpg
ナツメグで。
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19442640.jpg
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19442226.jpg
ノンストップ ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_19440599.jpg
メスはまだ見ていません。
そろそろかな~


by nakayoshi_me_hina | 2020-04-04 19:59 | | Comments(0)

ツマキチョウの産卵 Byヒナ

長いGWが終わりました。
これだけ休みが有ればどれだけ写真を撮れるだろうと考えていましたが、実際はそうでもなく。
やはり量より質だと再認識しました。

本題です。
今回はGW1週間前に撮ったツマキチョウの産卵です。

産卵はこの前の週の方が良い時期だと思いましたが、諸都合で撮影できず。
現地に着くと菜の花が終わりつつあり、やはり遅かったかと肩を落としました。

しかし意外にも1頭のメスが現れ、少しだけ産卵を披露。
諦めていただけに嬉しい巡り合わせでした。
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_21493517.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_21493317.jpg
後半は腹部が葉に隠れて構図がイマイチでしたが、贅沢を言ってはいけないですね。
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_21492960.jpg

ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_21492679.jpg
最後に産卵シーンではありませんが、春らしいカットを。
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_21493831.jpg
また来年会いましょう~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-07 21:54 | | Comments(0)

ツマキチョウのメス Byヒナ

ツマキチョウのオスに続いてメスの吸蜜も見ることができました。

吸蜜の時間は長くないイメージでしたが、今回は2分程とじっくり撮れて少し驚き。

その為なのかこのタンポポから飛び立つと、もう他の花には目もくれず、飛んで行ってしまいました。

という訳で、このワンカットのみ。
ツマキチョウのメス Byヒナ_c0343075_20590406.jpg
匍匐前進で近寄って。
ツマキチョウのメス Byヒナ_c0343075_20590054.jpg
残念ながら今年はまだ産卵シーンに出会っていません。
シーズン終盤が近づいているけど、出会いはあるかな~


by nakayoshi_me_hina | 2019-04-16 21:04 | | Comments(0)

ツマキチョウのオス Byヒナ

先週末は桜とアゲハのコラボを撮る一番良い時期だったのに、土曜日はあいにくの雨。

翌日に賭けるしかないと思っていましたが、天気予報に反して午後2時頃には晴れ間が。

予報は当てにならないとボヤキながらも、雨上がりは蝶が飛びやすいのでフィールドへ出陣。
しばらく待っているとツマキチョウのオスが飛んでいるのを見れました。

この時期のオスはメスを探すのに一生懸命で中々止まりません。
今回も嗚呼居るなと思って見送りましたが、しばらく待つとナツメグにやってきました。

一度飛ばれるとそれっきりになる可能性大なので、慎重に近づき撮影。
ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_20334844.jpg
ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_20334594.jpg
ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_20334290.jpg
もっと撮りたかったですが、この後飛んで行ってしまいました。
しかし、メスを見る前にオスの吸蜜を撮れるとはラッキーです。

本来の目的だったアゲハはナミアゲハが飛んでいるものの、吸蜜は無し。
唯一撮ったのが、クスノキの高い所で休むショットでした。
ツマキチョウのオス Byヒナ_c0343075_20333910.jpg
今度の週末はツマキチョウやそろそろ出てくるトラフシジミ、アオバセセリなどがポイントです。
桜がまだ残っていれば良いけど、どうかな~


by nakayoshi_me_hina | 2019-04-03 20:43 | | Comments(0)

ツマキチョウ産卵の瞬間 Byヒナ

明日からGWに突入。
前半の3連休は天気が良い予報なので、楽しく過ごせそうです。

明日はあまり時間が無いので、近場でアゲハ祭りかな。
E-M1mkⅡとD500のどちらを主に使うかが問題です~

本題です。
以前撮った写真にツマキチョウの卵が。
オオアラセイトウで産卵後、飛び立つところを偶然撮れていました。
ツマキチョウ産卵の瞬間 Byヒナ_c0343075_21523717.jpg
ツマキチョウ産卵の瞬間 Byヒナ_c0343075_21523416.jpg
明日からはどんな出会いが有るかな~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-27 21:54 | | Comments(0)

ツマキチョウの求愛 Byヒナ

昨日、今日は天気が良ければ徳島との県境へ行って、スギタニルリシジミやクロツバメシジミを撮りに行く予定でしたが、残念ながらキャンセル。
予定は来週に持ち越し。

という訳で、今日はいつものフィールドへ。
フィールドに着くともうツツジが満開。
例年GWの手前がアゲハ祭りですが、この調子だと早まりそう。

ここで問題なのがスケジュール調整。
週末カメラマンの私にとって週末の天気は超重要。

来週は土曜日が仕事で、日曜に遠征するしかありませんが、さて天気はどうなる事か。
ツツジとアゲハの状況も気になりますが、こちらは少しお預けです。

本題です。
前回に続きツマキチョウの記事で、今日の主役はオス。

オスを撮ったのは何年振りだろう。
憶えてない位なので随分撮っていないはずです。

先週産卵するメスを撮った後、しばらくするとオスがやってきました。
オスは決まったルートを巡回しながらメスを探しているようで、居なくなっても一定時間経つと戻ってきます。

メスを見つけるともちろん求愛です。
産卵していたメスなので求愛は受け入れられず。
せっかくなので交尾を見たかったのですが、そう上手くはいかないですね。
ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_18394851.jpg
ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_18394518.jpg
ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_18394296.jpg
巡回の合間に吸蜜も。
ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_19143993.jpg
オスは開翅を撮れると、とても嬉しいです。
ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_19143638.jpg

ツマキチョウの求愛 Byヒナ_c0343075_19143202.jpg
先週に続いて今日も撮らせてもらいました。
本当にありがとう~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-15 19:29 | | Comments(0)

ツマキチョウの産卵 Byヒナ

先週の日曜日は最高の1日でした。
毎年あまり撮れない春の蝶2種に出会えたからです。

今回はまずツマキチョウ。

ツマキチョウは3月下旬から飛んでいる姿を見掛けていますが、探雌飛翔中のオスを撮ることは難しく、飛んでるなと思うばかり。

しかしこの日はフィールドに着くとすぐメスを発見。
そのメスが菜の花に止まりました。
花が咲いていないので、一瞬なんでだろうと思いましたが、産卵でした。

これまで数えるほどしか撮っていないツマキチョウ。
もちろん産卵は未見なので、これは嬉しい出会いです。
産卵ならすぐ飛ばれることも無いので、シャッターチャンスも得やすいというオマケつき。

蕾の根元に産卵していました。
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_22022559.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_22022104.jpg
一旦居なくなりましたが、2時間後に現れ再び産卵。
蕾だけではなく、花の咲き始めにも。
開いている花に産卵することはありませんでした。
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_22021882.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_22021562.jpg
ツマキチョウの産卵 Byヒナ_c0343075_22021148.jpg
次回もツマキチョウの記事です~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-14 22:13 | | Comments(0)

GW最終日 ツマキチョウ Byヒナ

GW最終日は今年のGW全日程を通して、最も天気が良いという予報。
ということで、1番重要な被写体の撮影はこの日に予定を組んでいました。

それはウスバアゲハ。
昨年はスケジュールが合わず結局撮ることが叶いませんでした。

GW前におらんくの自然満喫の古庵さんから、ウスバアゲハの撮影に良いロケーションを教えてもらいました。
この情報が無ければ徳島方面へ遠征して撮るつもりでしたが、もちろん方向転換です。

私の今までの経験では、「ウスバアゲハは午前中はひらひら飛ぶばかりで止まることが少なく、午後になると吸蜜に訪れる数が増える」というものですが、その時間まで待てるわけもなく、朝から飛び出しました。

予想通りですが、現地について飛ぶウスバアゲハはおらず。
山地で気温が低いのと時間も早かったようです。
そのうち出てくるだろうと鳥を撮って時間を潰していると、小さな白蝶がふらりと現れました。

ツマキチョウのメスです。
気温が低くて活性していなかったためか、老齢で元気がなかったのか分かりませんでしたが、ひたすら飛んでそのうちに居なくなってしまう状況ではありませんでした。

ツマキチョウも今年撮っておらず、時期的にも諦めていたのでこれは予想外に嬉しい出会い。
まずは鳥を撮っていた構成(D800+200-500mm)で撮影。
大理石模様の裏翅が懐かしい
GW最終日 ツマキチョウ Byヒナ_c0343075_21081495.jpg
しばらく動かないので、車に戻り小型の蝶用構成(E-M5+40ー150mmPro)に変更。
こんなに大きく撮れたのは初めて。
GW最終日 ツマキチョウ Byヒナ_c0343075_21081105.jpg
草の上に移動。
GW最終日 ツマキチョウ Byヒナ_c0343075_21080760.jpg
緑をバックに。
GW最終日 ツマキチョウ Byヒナ_c0343075_21080158.jpg
花に止まった所も見たかったですが、これは無理でした。
オスは何年も撮っていないので来年は何とかしたいです~



by nakayoshi_me_hina | 2017-05-17 21:18 | | Comments(0)