仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:48
大型の台風が近づいており..
by tosanosato_bit at 20:36
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 20:20
これは良いショットh\が..
by tosanosato_bit at 06:23
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:04
ヒナさん セイタカシギは..
by tosanosato_bit at 21:48
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 23:45
随分珍しい鳥が11羽も集..
by tosanosato_bit at 22:46
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:アサギマダラ ( 23 ) タグの人気記事


紅葉とアサギマダラ Byヒナ

アサギマダラ記事の最後です。

紅葉が1本色づき始めていたので、なんとかここでアサギマダラを撮れないかと挑戦してみました。
撮影は10月29日です。

結局これだ!というものは撮れませんでしたが、紅葉とのコラボは狙って撮れるものでは無いので、良しとしなければ。
c0343075_19143851.jpg
c0343075_19143268.jpg
c0343075_19143535.jpg
c0343075_19142932.jpg
c0343075_19142443.jpg
天候に恵まれたアサギマダラシーズンを過ごすことができました。
来年も沢山来てくださいね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-11-12 19:30 | | Comments(0)

アサギマダラ マーキング個体の飛翔 Byヒナ

アサギマダラ撮影の楽しみの一つはマーキング個体を見つけることです。
今年は2頭との出会いが有り、1頭は撮影できませんでしたが、もう1頭はしっかりできました。

旅をする蝶ですから、どこから来ているのか分かるのなら知りたいのです。

マーキング内容は白山 9/30 SDF34で、石川県から来た個体でした。
29日かけて直線距離で419kmの旅をしてきたようです。
良く来ましたね。

見つけた時は曇り空でシチュエーションとしてはイマイチ。
c0343075_22210778.jpg
c0343075_22210303.jpg
やがて雲は晴れていきました。
c0343075_22205853.jpg
c0343075_22205360.jpg
c0343075_22204913.jpg
まだ旅の途中のはずです。
この子はどこまで行ったのでしょう~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-11-07 22:34 | | Comments(0)

2頭のアサギマダラ Byヒナ

去年も書きましたがアサギマダラ撮影の目標は、複数個体の青空バック飛翔です。
ですが、今年も上手く行かず、目標達成は来年以降へ持ち越しになりそう。

今回はそれっぽい写真を幾つか紹介です。

これはまずまず青空バックですが、手前の個体が翅を閉じているのと、奥の個体が小さすぎました。
銅像は牧野富太郎です。
c0343075_20051746.jpg
奥の個体が止まっているのも悪くないですが、これは写りがイマイチですね。
c0343075_20044628.jpg
逆に手前の個体が止まっているパターン。
奥の個体が完全に青空バックだったらこんな構図も好きですが、やはり写りが小さいです。
c0343075_20044227.jpg
これはごちゃごちゃして、一応2頭入っているだけでした。
c0343075_20043821.jpg
これが目標に一番近かったです。
2頭がほぼ同じサイズで飛翔しているので良いのですが、上の個体の翅が切れてしまったのと、やはり青空が少ないです。
c0343075_20043275.jpg
番外編で、ツマグロヒョウモンのオスと。
アサギマダラの顔が隠れているのが残念です。
c0343075_20040928.jpg
イメージ通りのものは撮れなくても、アサギマダラの撮影はチャレンジし甲斐があるので、充実しています~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-10-31 20:24 | | Comments(0)

アサギマダラ 2018秋初撮り Byヒナ

週末は土日が仕事だったので、今日は代休。
アサギマダラはもう今日が最後かもと思い、フィールドへ出掛けました。

今回のタイトルでは2018秋初撮りとなっていますが、今日が初撮りだったわけではなく、10/13でした。
アサギマダラを撮影できる今の季節は、1年で一番楽しい季節で、初撮りの日から今日まで休日は全てアサギマダラ詣でに。

幸い今年はこの時期台風が来る事も無く、休日は天候に恵まれました。
アサギマダラの数が昨年より少なかったですが、条件が良かったのであまり贅沢を言ってはいけません。

ということで、今回は10/13に撮った写真からピックアップ。
この日はマックス10頭居るかどうか、午後に入り気温が上がると1頭探すにも苦労したので、撮影枚数は少なめ。
それでもそこそこ残せる物があったので良かったです。
c0343075_18265787.jpg
c0343075_18265340.jpg
c0343075_18264972.jpg
c0343075_18264586.jpg
c0343075_18264152.jpg
幾つか別の記事を挟みながら、アサギマダラの記事は何回か続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-10-29 18:32 | | Comments(0)

第6回むしむし写真コンテスト Byヒナ

今までコンテストは、全日本トンボフォトコンテストしか出していませんでしたが、初めてむしむし写真コンテストに応募しました。

当たり前ですが、むしむし写真コンテストは全ての昆虫が被写体として出せます。
本来蝶屋の私は、蝶の写真をコンテストに出してみたいと思っていたので良い機会でした。

送った5作品の中で選ばれたのは、ベタすぎますが青空とアサギマダラの物で、結果は入選でした。

タイトル「旅の途中」
c0343075_20571008.jpg

入賞作品は審査員の方の評価が送られてくるので、良い勉強になりました。
広角での撮影は、構図のちょっとしたところが全体に影響するということです。

アサギマダラの飛翔撮影はライフワークの一つなので、このテーマで入賞できたのは嬉しかったです。
ただ、同じテーマで応募される方も多いようなので、同じような写真ではもうダメっぽい気がします。

来年は蝶の中で1番好きな被写体のキアゲハで、コンテストに出せるような写真を撮ることが目標です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-19 21:21 | | Comments(0)

アサギマダラ撮影のあれこれ Byヒナ

今回はアサギマダラ撮影の際のトピックスをまとめて紹介。

オオカマキリとニアミス。
撮影時には気が付きませんでしたが、オオカマキリとニアミスしてました。
前日アサギマダラが捕らえられているところを見ましたが、この子はセーフ。
c0343075_14522489.jpg
無事通り過ぎました。
オオカマキリの居る所に止まっていたらアウトだったでしょう。
c0343075_14522023.jpg
アサギマダラの合間に、サツマシジミの飛翔撮りにチャレンジ。
1枚だけ撮れました。
これは完全にまぐれです(^^;)
久し振りに翅表を見れて嬉しかった。
c0343075_14521683.jpg
テングチョウが3頭吸蜜していると思ったら、1頭はイカリモンガでした。
春にもテングチョウとイカリモンガが桜で吸蜜している場面に出くわしました。
似たもの同士、仲が良いのでしょうか。
イカリモンガがフジバカマに来たのを見たのは初めて。
c0343075_14521244.jpg
c0343075_14520887.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-12 15:03 | | Comments(0)

3連休最後のアサギマダラ Byヒナ

3連休最後の11月5日は前々日や前日に比べて気温が3℃程下がり、最低気温が予報では9℃でした。
昨日まで10数頭居たアサギマダラは半減。
この辺の気温が再び旅に向かう合図なのかもしれません。

数は少ないながらも、雲一つない秋晴れで最終日を満喫できました。

顔にフラッシュの光が回りませんでしたが、構図はかなりのお気に入り。
もう少し翅が開いていれば最高でした。
c0343075_22342668.jpg
アサギマダラの数は少ないものの、複数の個体を同時に撮れる機会が何度かありました。
今年の目標だった、複数の個体が青空バックの飛翔に一番近かったのがこちら。
下の個体の翅が開いていれば良かったのですが。
c0343075_22342201.jpg
もう一つの目標の、真正面から飛んできて花に止まる瞬間もチャンスがありました。
真正面からは捉えられたものの、手前に花が写っていないのが残念。
c0343075_22341827.jpg
背景がごちゃごちゃですが、これも2頭が入りお気に入り。
c0343075_22341169.jpg
帰り道でアサギマダラが1頭舞い降りてきました。
妄想でしかありませんが、今日が最後の撮影と覚悟してきた私に挨拶してくれているようで、なんとも言えない気持ちに。
c0343075_22332174.jpg
これがラストショット。
この後この子は去っていきました。
c0343075_22331835.jpg
今年も楽しく撮ることができました。
今年果たせなかった目標は来年の宿題です。
みんな、ありがとう~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-10 22:55 | | Comments(0)

アサギマダラ今年の目標 Byヒナ

アサギマダラの飛翔写真で撮りたい構図は2つあり、一つは複数の個体が青空バックの飛翔で写っているもの。
もう一つは真正面から飛んできて花に止まる瞬間を捉えたものです。

複数の個体を写すには、出来るだけ多くのアサギマダラが集まっている方が良いのですが、今年は台風接近のせいか幾分少な目。
あまり機会がなく、来年また挑戦します。

これが唯一の写真。
後ろはマーキング個体ですね。
c0343075_22202365.jpg
これは複数の飛翔ではないですが、後ろに2頭写っているのでお気に入り。
c0343075_22201743.jpg
真正面からの撮影もイメージ通りのものは撮れず。
明日がラストチャンスで、再度挑戦してきます。

ちょっと向きがずれていて、翅の開き具合も今一つ。
c0343075_22201259.jpg
これも向きと、翅が閉じてますが、こういう構図もアリかなと思います。
c0343075_22200721.jpg
イメージに一番近かったのはこれ。
3枚目位に角度が立っていたら良かったのですが・・・
c0343075_22200293.jpg
これも向きのずれが・・・
目標云々を言わなければ、飛翔写真としては出来の良い方でした。
c0343075_22195276.jpg
明日は3連休最終日で、たぶん今シーズン最後のアサギマダラ撮影機会。
思い残すことなく、全力で撮ってこよう~



[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-04 22:44 | | Comments(0)

青空とアサギマダラ Byヒナ

台風22号の通過でアサギマダラを撮る機会はもう失ったかと思っていましたが、ダメ元で今日もフィールドへ。
嬉しいことに予想は外れ、フジバカマは終わりかけているもののまだ吸蜜できるものが有り、アサギマダラも残っていました。
これでこの3連休の予定は、全てアサギマダラ詣でに決定(^.^)

本題です。
台風22号が来る前に、今シーズン唯一の機会になるかもと悲壮な思いで撮りに行ったアサギマダラ。
この日は嵐の前の静けさとでもいうのか、雲一つない快晴で、撮った写真にも本当にどこにも雲が写っていませんでした。

写真は毎年の事なので変わり映えはしません。
今年目標としていた構図がありましたが、それは次回の記事で。

飛翔のあれこれ。
c0343075_19423850.jpg
c0343075_19422865.jpg
c0343075_19422360.jpg
c0343075_19421886.jpg
c0343075_19421214.jpg
吸蜜も。
c0343075_19415903.jpg
旅する蝶アサギマダラには青空が良く似合います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-03 19:52 | | Comments(0)

ヒヨドリバナとアサギマダラとイシガケチョウ Byヒナ

アカギカメムシを十分撮り、再びアサギマダラを撮ろうとしましたが、気温が上がってしまいすぐに居なくなってしまいました。
飛翔写真を撮れたのはこの1枚だけ。
c0343075_22190741.jpg
この後はヒヨドリバナに集う様々な蝶を撮りました。
まずはイシガケチョウ。
c0343075_22190267.jpg
c0343075_22185903.jpg
c0343075_22185591.jpg
この子はメスかな。
c0343075_22185011.jpg
アサギマダラは多く撮れませんでしたが、久しぶりに多くの蝶を撮れて充実した1日でした。
このシリーズはあと2回続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-28 22:26 | Comments(0)