仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:48
大型の台風が近づいており..
by tosanosato_bit at 20:36
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 20:20
これは良いショットh\が..
by tosanosato_bit at 06:23
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:04
ヒナさん セイタカシギは..
by tosanosato_bit at 21:48
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 23:45
随分珍しい鳥が11羽も集..
by tosanosato_bit at 22:46
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


西表のトンボ キイロハラビロトンボの連結 Byヒナ

西表最終日も再び山登り。
開けた場所でイリオモテミナミヤンマの飛翔を待ちます。

そこで思いがけない出会いが。
ぼんやり辺りを見ていると、Kさんが何か発見。
タイワンコヤマ!と発した先を見ると、遠くからトンボが飛んできていました。

飛ぶスピードが速くてファインダー越しに私は確認できませんでしたが、イリオモテミナミヤンマよりがっしりした体形だったので、タイワンコヤマトンボだったのだと思います。

イリオモテミナミヤンマより更に出会う確率の少ないトンボなので、なんとか記録に残したいと思いましたが、残念ながら不発。
1度もシャッターを切ることは出来ず仕舞いでした。

その後もタイワンコヤマやイリオモテミナミを待っていると、これまた遠くの方でトンボの飛翔体が木々の中に入っていくのを目撃。

一瞬何を見ているか回路がつながりませんでしたが、数秒でやっと理解。
トンボの飛翔体→交尾体→キイロハラビロトンボの交尾体!!

これはこれで事件です。

キイロハラビロトンボの生態は分からない事が多く、生態写真はあまり撮られていません。
交尾体を撮れたら素晴らしいことなのです。

Kさんも一緒に見ていたので、二人で急いで消えていった場所に目を向けます。
山の斜面の木々の中に目を凝らすと居ました!

残念ながらそこではもう交尾は解かれていて、連結状態でした。
メスが嫌がっている様子で、木に止まっていてもしきりに動き、何度となく場所を変えてしまいます。

それでも連結は遠いながらなんとか記録に残せました。
オスの初撮影にもなったので、大変良い思い出になりました。
欲を言えばもうちょっと近くで撮れれば~
c0343075_12454926.jpg
c0343075_12454661.jpg
c0343075_12454271.jpg
二人の晴れ男は天気以外でもツキがあり、山登りの苦労も報われました。
Kさん、この日は良かったですね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-30 12:57 | トンボ | Comments(0)

西表のトンボ イリオモテミナミヤンマ Byヒナ

キイロハラビロトンボを撮影した後は天気が怪しくなってきました。
残る目標のイリオモテミナミヤンマは、天気が悪くなると厳しい。

しかし、地元のミナミヤンマは少しの雨なら飛ぶし、やんばるのカラスヤンマもそうでした。
晴れ間は望めなくても雨が降らなければ、十分飛ぶ可能性が有ります。

と言ってもそう簡単に見れないのがイリオモテミナミ。
これは運次第といったところ。

ミナミヤンマの仲間は上空が開けた場所や山の斜面で飛ぶので、当たりを付けて待っていましたが、中々現れてくれません。

Kさんが少し離れた場所に行ってみようと言うので移動すると、ビンゴ!
イリオモテミナミのメスが上空を舞っていました。

最初は遥か遠く。
イリオモテミナミメスの特徴である前翅の斑紋が見えました。
c0343075_21595662.jpg
c0343075_21595301.jpg
c0343075_21594924.jpg
僅か3分ほどの邂逅でしたが、今回の遠征のクライマックスでした。

この後40分ほど強めのスコールに降られ撮影は中断。
それでも天気予報では曇り時々雨の予報だったので、これだけで済めば御の字。

しかし雨が上がった後再び現れる事は無く、Kさんと翌日の西表最終日に再び訪れる話をして下山。

そして翌日。
この日は前日より天気が良く、晴れ時々曇りでした。

晴れ間にイリオモテミナミのオスが現れましたが、かなり高い所。
c0343075_21594447.jpg
そしてメスも再び。
この時に晴れていれば最高でしたが・・・
c0343075_21575088.jpg
出会えなくても不思議ではないイリオモテミナミを見れただけでなく、記録も残せたので大満足です。
西表には夢が有ります~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-27 22:22 | トンボ | Comments(0)

西表のトンボ キイロハラビロトンボ Byヒナ

今回の遠征で1番会いたかったトンボはキイロハラビロトンボ。
もう1種居ますがそちらは会えたらラッキーレベルなので、遠征の成果がこの子たちに掛かっています。

出会えるかどうかは天気も大きな要素。
林道の最後は長い上りで、そこをクリアしたときには薄曇りの状態でした。

目的の場所に着けば出会いはあっけないもの。
1頭のみではあるものの、メスのキイロハラビロが枝先で迎えてくれました。

遥々長い林道を登ってきた末に出会えたので嬉しさは一塩ですが、何と言っても印象的なのはその美しさ。

オオハラビロトンボとよく似たデザインで、図鑑ではそれほど変わり映えなく見えますが、一回り大きく存在感は随分違います。

目線より少し上の良い位置に居てくれました。
最高のポジションです。
c0343075_21290545.jpg
c0343075_21290169.jpg
翌日も同じ林道にリトライ。
再びメスに出会えました。
c0343075_21285351.jpg
c0343075_21284691.jpg
オスには出会えずそれだけが心残りでしたが、まだドラマが残っていました。
それは別の記事を挟んだ後で紹介します~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-26 21:46 | トンボ | Comments(0)

西表の蝶 タイワンキチョウ Byヒナ

計画していた訳ではありませんが、代休の前日がWカップ2戦目。
心置きなく自宅で応援することができました。
次戦も応援します!!

本題です。
西表二日目からが遠征の本番。
二日目は当初から林道を登る計画を立てていました。

同行のKさんからの話では、トレッキングがきついので荷物は最小限でとのこと。
ディバッグには飲み物を3リットルと、交換レンズはMZD60mmマクロのみ。
腰のホルスターにE-M1mkⅡ+MZD40-150mmF2.8Proをぶら下げ、右手にD500+旧サンヨンで挑むことにしました。

4月にD500を導入したのはこの遠征に持っていくことが大きな動機でした。
どんな状況が訪れるか想像できないのが遠征。

飛翔するトンボや野鳥を撮るには、できるだけ長い望遠レンズを装着していきたいところですが、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRは重くて断念。
D500+旧サンヨンなら重量的にいけるかと思ったわけです。

連写速度やAF精度などもD800より優れているので、遠征のような失敗できない状況では心強さも有り。

前置きがかなり長くなりましたが、今回の記事はタイワンキチョウ。

早朝から登り始めたのでまだ昆虫の姿は殆ど無し。
そんな中で、交尾に出会いました。
c0343075_21094557.jpg

c0343075_21094322.jpg

こちらではキチョウの種類は3種。
タイワンキチョウは初見ですが、後翅の下側が尖っていないので、多分そうだろうなと思いながらの撮影。

キタキチョウとミナミキチョウは翅の表を見ないと識別しずらいですが、飛翔を撮らない限り表を撮ることは困難です。

こちらは石垣島で撮ったキチョウ。
上のタイワンキチョウと比べると後翅の尖り具合の違いで別種と分かりますが、キタかミナミかは分かりません~
c0343075_21093424.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-25 21:29 | | Comments(0)

八重山のトンボ ホソミシオカラトンボ Byヒナ

3週連続の土曜出勤が今週で終了。
しかも今日は快晴だったので、心も晴れやかに撮影へ出掛けてきました。

その割に成果が乏しかったので、明日の代休で再チャレンジしてこようと思います。

本題です。
八重山遠征初日撮影で最後の紹介はホソミシオカラトンボ。
やんばるで出会えなかったので3年越しの初見です。

オスは図鑑で見るより複眼がずっと綺麗でした。
シオカラトンボの複眼とよく似ています。
c0343075_19131513.jpg
石垣でも。
この子は翅がボロボロでした。
それでもやはり複眼は美しい。
c0343075_19131151.jpg
メスは西表最終日に林道で。
未熟でした。
c0343075_19132402.jpg
c0343075_19132175.jpg
次回から西表遠征二日目の記事です。
出会うことが困難な固有種を探しに行きました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-24 19:28 | トンボ | Comments(0)

西表の生き物 サキシマキノボリトカゲ Byヒナ

以前やんばるでオキナワキノボリトカゲを見たので、亜種のサキシマキノボリトカゲにも会いたいと思っていました。
運よく西表で二度出会えることに。

西表二日目は昼頃40分程度スコールが降り、止んだ後林道を散策しているところで最初の出会い。

木から木へ飛び移る絶好のシャッターチャンスに巡り合いましたが、痛恨のミス。
スピードライトの電源をオフにしていましたorz

気を取り直してなんとか再撮影。
雨の後なのでしっとりですね。
c0343075_21475832.jpg
c0343075_21475536.jpg
翌日も同じ林道で。
暗い環境が好きなのか、今回の遠征では明るい所での出会いは有りませんでした。
c0343075_21475111.jpg
c0343075_21474886.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-21 21:53 | その他 | Comments(0)

八重山の生き物 サキシマカナヘビ Byヒナ

ホソアカトンボのフィールドに着いて最初に撮ったのはトンボではありませんでした。

そこでのファーストショットはサキシマカナヘビ。
カミキリムシを捕食しているところをKさんが見つけ、教えてくれました。
全く予想してなかったのでこれには驚き。

サキシマキノボリトカゲ!と叫んでしまったのがちょっと恥ずかしい(^^;)

カメラ目線をくれました。
c0343075_21533164.jpg
とても尾が長いです。
c0343075_21532744.jpg
西表最終日、林道の休憩場所でも見掛けました。
c0343075_21532183.jpg
石垣の林道でも。
c0343075_21531536.jpg
c0343075_21531296.jpg
サキシマカナヘビとは多くの出会いが有りとても満足です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-20 22:00 | その他 | Comments(0)

西表の蝶 ヤエヤマウラナミジャノメとマサキウラナミジャノメ Byヒナ

八重山で出会うことを楽しみにしていた蝶、ヤエヤマウラナミジャノメには初日に出会うことができました。
薄暗い渓流近くのフィールドでした。

もっと出会いは困難かと思っていましたが、初日にすぐ2頭見たのでちょっと拍子抜け。
意外と撮れるなと思っていたら、遠征を振り返ると撮影できたのは初日のこの2頭のみでした。

遠征で油断は禁物ですね。
c0343075_21543848.jpg
c0343075_21543528.jpg
マサキウラナミジャノメは、翌日林道を歩くと結構見ることができました。
ヤエヤマウラナミに比べるとこちらの方がもっと明るいフィールドに居る感じです。

よく似た2種ですが、翅裏の白い部分の模様で判別。
ヤエヤマウラナミは白い部分が外側一杯に広がっています。
対してマサキウラナミは目玉模様近くの白い部分が特に濃く、帯状に見えます。
c0343075_21583506.jpg
c0343075_21583290.jpg
c0343075_21582957.jpg
c0343075_21582378.jpg
遠征ではこのような比較的地味な子を撮ることも大切。
近似種のリュウキュウウラナミジャノメもいつか、やんばるで見たいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-18 22:07 | | Comments(0)

八重山のトンボ クロイワカワトンボ Byヒナ

コナカハグロトンボとともに渓流や近くの林道で見掛けるのがクロイワカワトンボ。
しかしコナカハグロより暗い環境が好きなようで、見つけるのと撮影も中々難しい。

何度か出会う機会はあったものの、西表では結局思うような写真を撮れませんでした。

最初の出会いはメス。
コナカハグロとは逆で、クロイワカワトンボはメスの翅先に斑紋が有ります。
c0343075_18360619.jpg
翌日にオス。
オスもほんの少しだけ翅先が色づきます。
c0343075_18373652.jpg
c0343075_18361052.jpg
遠征最終日、石垣でペアに遭遇。
ここは比較的環境が明るめで、やっとしっかり撮れました。

オス
c0343075_18354681.jpg
メス
c0343075_18354203.jpg
今回の遠征はフラッシュワークに苦労しました。
特にE-M1mkⅡはもっと練習しないとダメでした~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-17 18:48 | トンボ | Comments(0)

八重山のトンボ コナカハグロトンボ Byヒナ

6月に入り仕事の忙しい日々が続いていますが、頂上は超えました。
八重山遠征記事が沢山残っているので焦りがあるものの、平日は書けたり書けなかったり、安定するにはもう少し時間が掛かるかも。

本題です。
オスの後翅に大きな斑紋があるコナカハグロトンボは、図鑑を見ていても目を惹くもの。

八重山特産種の中では比較的見易いのではないかと思いますが、近似の種も八重山以東には居ないので、こういった種はすごく出会いが楽しみになります。

最初の出会いは西表。
オスでした。

テリ張りの様子。
c0343075_22432452.jpg
c0343075_22432019.jpg
メスを撮れたのは1度だけでしたが、ここは陽の入る場所で絶好のロケーションでした。
オスの斑紋の印象が強いですが、メスの方が胸の黄色が鮮やかでこちらも中々魅力的です。
c0343075_22430949.jpg
c0343075_22430652.jpg
石垣にて。
この子はお腹の赤みが薄いです。
未熟かな。
c0343075_22430046.jpg
水辺で獲物を捉えていました。
c0343075_22423531.jpg
割と多く撮ったつもりでしたが、写真を整理するとそうでもありませんでした。
撮りたい被写体は何枚撮っても中々満足しないものです。
満足のゆく1枚を撮れたかも大切ですが、遠征においてはより多くの構図で撮れることも重要です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-06-16 22:55 | トンボ | Comments(0)