人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:55
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
shimazakiさん、..
by nakayoshi_me_hina at 17:47
高知市でスギタニルリシジ..
by shimazaki at 10:13
青柳中学校1年で科学班新..
by shimazaki at 10:07
この白花はハコベ? 1..
by shimazaki at 10:03
Nさん、初めまして。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
初めまして。 トサコバ..
by N at 21:25
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ツマキチョウ産卵の瞬間 Byヒナ

明日からGWに突入。
前半の3連休は天気が良い予報なので、楽しく過ごせそうです。

明日はあまり時間が無いので、近場でアゲハ祭りかな。
E-M1mkⅡとD500のどちらを主に使うかが問題です~

本題です。
以前撮った写真にツマキチョウの卵が。
オオアラセイトウで産卵後、飛び立つところを偶然撮れていました。
c0343075_21523717.jpg
c0343075_21523416.jpg
明日からはどんな出会いが有るかな~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-27 21:54 | | Comments(0)

徳島方面遠征 クロツバメシジミの吸蜜 Byヒナ

前回記事の続きです。

クロツの交尾シーンが撮れたら、あとは吸蜜と産卵シーンを撮りたいところです。
産卵は撮れませんでしたが、吸蜜は何度か機会が有りました。

ヒメジョオンで。
c0343075_21171857.jpg
カタバミで。
シジミチョウの仲間が小さな花で吸蜜する姿は、とても可愛らしいです。
c0343075_21171561.jpg
c0343075_21171133.jpg
c0343075_21170468.jpg
開翅も。
c0343075_21165903.jpg
今年も遠くまで来た甲斐がありました。
末永くここで命を繋いでください~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-26 21:22 | | Comments(0)

徳島方面遠征 クロツバメシジミの交尾 Byヒナ

スギタニを撮った後はクロツの生息地へ。

スギタニが終わり掛けだったので少し心配しましたが、こちらは例年と変わり無く。
と言うより、今まで見た中で一番数が多く撮影を満喫出来ました。

1頭のクロツを撮影しようと見ていると、もう1頭がやって来て求愛。
振られるかなと思いきや、交尾成立。
c0343075_21332028.jpg
数が多いのでちょっかいも入ります。
一番上がお邪魔虫。
c0343075_21331783.jpg
少し移動して、撮りやすい構図に。
c0343075_21331366.jpg
せっかくなので、魚眼でも。
c0343075_21330712.jpg
地面に降りてしまいました。
クロツは地面に降りる子が多いです。
c0343075_21325912.jpg
これは別のカップル。
このオスは残念ながら振られてしまいました。
c0343075_21325346.jpg
次回もクロツの記事です~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-25 21:44 | | Comments(0)

徳島方面遠征 スギタニルリシジミとコツバメ Byヒナ

4つ前の記事で書いたように先週末は徳島方面へ遠征してきました。

まずはスギタニルリシジミを探しに行きましたが、1年振りに別の再会が。
そよかぜ写真館のzephyr1さんです。

昨年もここでお会いしましたが、やはりいらっしゃってました。
しかし、肝心のスギタニの姿が見当たりません。

話を聞いてみると1、2頭見ただけとの事。
いつもなら10数頭は見られるはずですが、今年は発生が早かったようで終わり掛かっていました。
先週の天候不良が本当に痛いです。

それでもピント甘めながら証拠写真を。
結局見たのは3頭のみでした。
c0343075_21241925.jpg
スギタニっぽいのが居たので近づくと、コツバメが吸水に来ていました。
ここで見るのは初めて。

コツバメも吸水に来るのですね。
アセビの近くでしか見たことなかったので、初めてのシチュエーションでの出会いでした。
c0343075_21241552.jpg
c0343075_21241266.jpg
ここでの撮影を切り上げ、この後は別のフィールドへ~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-24 21:33 | | Comments(0)

D500ファーストインプレッション 3種のアゲハで Byヒナ

昆虫シーズン突入につき、D800に加えてD500を追加しました。

実際のところ昆虫撮影でD800に不満はほとんど無し。
連写速度があと2コマほど速ければ他に不満はほぼありません。

であれば、D850を導入すれば良いのですが、資金的に難しい。
他にも諸事情が有り、D500導入の運びになりました。

先々週末にシェイクダウン。
ツツジに集うアゲハ達で試しました。

D5譲りのAFがどれほどのものか興味津々でしたが、S-AFではD800と同じような印象でした。
トンボやカワセミの飛翔などもっと難しい条件で真価を発揮するのかもしれません。
グループエリアAFを使えば劇的に違いが出るのかも。

操作性はサブセレクターがとても良いです。
AF-ONボタン近くですぐにフォーカスポイントを変えられるのは待ち望んでいた機能でした。
ただいつもの癖で、十字キーに指が伸びてしまうので早く慣れなければ。

E-M1mkⅡとは画素数、連写速度が同じでキャラが被ってしまったので、上手く使い分けられるようになりたいと思います。
D500が本格稼働するのは5月中旬からです。

ナガサキアゲハ
c0343075_22204981.jpg
クロアゲハ
c0343075_22201912.jpg
ジャコウアゲハ
c0343075_22194900.jpg
c0343075_22192067.jpg
c0343075_22185016.jpg
機材が良くなっても使いこなしてナンボですから、導入して良かったと思えるように勉強していきます~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-23 22:36 | | Comments(0)

ツツジとジャコウアゲハ Byヒナ

4月上旬にはもうジャコウアゲハが飛んでいました。
いつもと違う時期に見られると、いつもと違う花とのコラボを撮れるのが嬉しいです。

この園芸品種のツツジはキリシマツツジのように小振りの花が沢山咲いていてとても綺麗でした。
私の中では黒系アゲハを撮るなら、春はツツジ、夏はユリ、秋は曼珠沙華が最高です。

ワンチャンスでしたが、なんとか撮れました。
c0343075_22493904.jpg
c0343075_22493453.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-20 22:51 | | Comments(0)

トラフシジミ2018 Byヒナ

先々週と先週の日曜日に出会えた春の蝶、もう1種はトラフシジミです。

トラフシジミは相性の悪い蝶で、春になるとあちこち探しに行くものの空振りばかり。
これまで開翅を撮ったことも無ければ、夏型は見たことすら有りません。

そんなトラフに出会え、しかもこれまでになくじっくり撮らせてもらいました。
しかもマクロで撮れるというオマケつき。
c0343075_21564591.jpg
c0343075_21564290.jpg
c0343075_21563977.jpg
翌週は数が増えていました。
c0343075_21563574.jpg
c0343075_21563296.jpg
望遠でも。
シジミチョウの仲間がよく行う、後翅を擦り合わせる動作をしながら吸蜜していました。
c0343075_21562804.jpg
綺麗な蝶なので毎年出会いたいものです~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-18 22:04 | | Comments(0)

ツマキチョウの求愛 Byヒナ

昨日、今日は天気が良ければ徳島との県境へ行って、スギタニルリシジミやクロツバメシジミを撮りに行く予定でしたが、残念ながらキャンセル。
予定は来週に持ち越し。

という訳で、今日はいつものフィールドへ。
フィールドに着くともうツツジが満開。
例年GWの手前がアゲハ祭りですが、この調子だと早まりそう。

ここで問題なのがスケジュール調整。
週末カメラマンの私にとって週末の天気は超重要。

来週は土曜日が仕事で、日曜に遠征するしかありませんが、さて天気はどうなる事か。
ツツジとアゲハの状況も気になりますが、こちらは少しお預けです。

本題です。
前回に続きツマキチョウの記事で、今日の主役はオス。

オスを撮ったのは何年振りだろう。
憶えてない位なので随分撮っていないはずです。

先週産卵するメスを撮った後、しばらくするとオスがやってきました。
オスは決まったルートを巡回しながらメスを探しているようで、居なくなっても一定時間経つと戻ってきます。

メスを見つけるともちろん求愛です。
産卵していたメスなので求愛は受け入れられず。
せっかくなので交尾を見たかったのですが、そう上手くはいかないですね。
c0343075_18394851.jpg
c0343075_18394518.jpg
c0343075_18394296.jpg
巡回の合間に吸蜜も。
c0343075_19143993.jpg
オスは開翅を撮れると、とても嬉しいです。
c0343075_19143638.jpg

c0343075_19143202.jpg
先週に続いて今日も撮らせてもらいました。
本当にありがとう~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-15 19:29 | | Comments(0)

ツマキチョウの産卵 Byヒナ

先週の日曜日は最高の1日でした。
毎年あまり撮れない春の蝶2種に出会えたからです。

今回はまずツマキチョウ。

ツマキチョウは3月下旬から飛んでいる姿を見掛けていますが、探雌飛翔中のオスを撮ることは難しく、飛んでるなと思うばかり。

しかしこの日はフィールドに着くとすぐメスを発見。
そのメスが菜の花に止まりました。
花が咲いていないので、一瞬なんでだろうと思いましたが、産卵でした。

これまで数えるほどしか撮っていないツマキチョウ。
もちろん産卵は未見なので、これは嬉しい出会いです。
産卵ならすぐ飛ばれることも無いので、シャッターチャンスも得やすいというオマケつき。

蕾の根元に産卵していました。
c0343075_22022559.jpg
c0343075_22022104.jpg
一旦居なくなりましたが、2時間後に現れ再び産卵。
蕾だけではなく、花の咲き始めにも。
開いている花に産卵することはありませんでした。
c0343075_22021882.jpg
c0343075_22021562.jpg
c0343075_22021148.jpg
次回もツマキチョウの記事です~


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-14 22:13 | | Comments(0)

枝垂れ桜とアトリ Byヒナ

3つ前の記事で枝垂れ桜とヤマガラを書きましたが、今度はアトリです。
木は違いますが、今回も舞台は枝垂れ桜。

ニッポンヒゲナガハナバチを撮っていると、小鳥が枝垂れ桜の方へ飛んで行ったのが見えたので、様子を見に行ってみるとその子はアトリでした。
こちらでは冬鳥ですが、4月に入ってもまだ居るんですね。

ヤマガラは蛾の幼虫を食べに来ていたようですが、アトリの動きをみるとそうではなさそう。
割と長い間居ましたが、満開に咲く桜の中で花被り無く撮るチャンスはあまり無く。
こっちの枝の隙間から覗き、あっちの枝の方からではどうかと苦戦して、なんとか数枚撮れました。
c0343075_21593731.jpg
c0343075_21593393.jpg
c0343075_21592999.jpg
帰ってきてググってみるとアトリは桜の花を食べるようなので、そのために飛んできたのかもしれません。
残念ながらそのシーンは撮れませんでした。

おまけ。
ここでもヤマガラ見っけ。
c0343075_22014555.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2018-04-12 22:04 | 野鳥 | Comments(0)