仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:48
大型の台風が近づいており..
by tosanosato_bit at 20:36
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 20:20
これは良いショットh\が..
by tosanosato_bit at 06:23
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:04
ヒナさん セイタカシギは..
by tosanosato_bit at 21:48
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 23:45
随分珍しい鳥が11羽も集..
by tosanosato_bit at 22:46
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年の思い出 下半期編 Byヒナ

前回の続きです。

7月
地元でネアカヨシヤンマの美しいオスを見れて驚きました。
黄昏飛翔ではマルタンメスも見れ、地元もまだ捨てたものではありませんでした。

このネアカがE-5最後の出番となり、感慨もひとしお。
三度の海外遠征を共にし、私にカメラのイロハを教えてくれた相棒。
これからはE-M1mkⅡがその役割を担ってくれます。
c0343075_15283068.jpg
8月
E-M1mkⅡを手に入れ、実戦投入。
ファインダーとAFが著しく改善していて、近距離で素早く動く被写体に強くなりました。
個人的にはハナバチの撮影にベストチョイスではないかと感じます。

一方カメラを大きく振るハネビロトンボの飛翔などは思ったほど撮りやすくなく、ここはまだ一眼レフが強いようです。
c0343075_15124317.jpg
9月
E-M1mkⅡのプロキャプチャーモードを試し、あまりにも容易に撮れることに驚きました。
これがあれば飛び出し系の歩留まりが半端なく上がると思います。
しかしこれを使うと電池が凄く減るのが玉に瑕です。
c0343075_15145835.jpg
10月
居ると思っていないフィールドでアカギカメムシを見て驚きました。
もちろん初見。
南方系の昆虫を見られるのは嬉しさもありますが、温暖化の進行を昆虫が教えてくれているようでもあり、複雑な心境です。

この子で深度合成機能を試しましたが、結果は失敗。
手持ちではダメでした。
この機能の為に3脚を持ち歩く気になれないので、よほどのことがない限り使わずじまいになりそうです。
c0343075_22052404.jpg
11月
四万十へ行った際に、初めてナベヅルを見ました。
これからも多くのツルが四万十地方に訪れてほしいと願っています。
c0343075_21264381.jpg
12月
こちらの登場が先で記事と順序が逆になりますが、5年振りにキクイタダキに出会えました。
エナガ同様動きが速く撮るのが難しいですが、可愛らしくて好きな野鳥です。
毎年来るとは限らないので、会える時にできるだけ会っておきたいと思います。
c0343075_15430015.jpg
今年の記事はこれが最後です。
こうやって振り返ってみると、蝶との出会いが少ないことに気づきました。
前半は頑張って撮ったつもりですが、結果的に機会が少なかったようです。

今年の漢字は個人的には「遠」。
県外遠征が徳島1回、岡山2回と最近ではとても少なかった事、望遠レンズを手に入れ遠くの被写体を大きく写せるようになったことが理由です。

訪問して下さった皆さま、イイネやコメントを下さった皆さま、ありがとうございました。
来年も出会った生き物を紹介していきます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-30 16:00 | その他 | Comments(2)

2017年の思い出 上半期編 Byヒナ

昨日が仕事納め。
2017年もあと少しなので、今年1年印象に強く残ったフィールド活動を振り返ります。

1月
金欠に苦しみつつもAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを購入して、野鳥撮りが今までより真剣に。
これで冬季の猛烈な暇具合が緩和。
被写体に飢えることが減りました。

今まで撮るのに苦労していたカワセミも撮れるようになり、嬉しくて1月は随分通いました。
c0343075_23565263.jpg
2月
東京へ出張の機会が有り、ミーが会いたくて探しているルリビタキを撮ってきました。
勿論私も初見で幸せの青い鳥を撮れてとても嬉しかったです。
この経験から大体どんなところを探せば居るか見当が付き、地元でも見つけられるようになりました。
c0343075_00065370.jpg
3月
該当なし、去年もそうだったな。

4月
今までルリタテハが花で吸蜜するところを見たことが有りませんでしたが、遂に巡り合いとてもびっくり。
他にスギタニルリシジミが桜で吸蜜するシーンにも出会え、撮り慣れた被写体の知らない一面を見れました。
c0343075_18551896.jpg
5月
ツツジに集まるアゲハを撮っている中で、ナガサキアゲハに求愛するカラスアゲハに遭遇。
異種求愛を見たのは初めてだったので、とても興味深いシーンでした。
c0343075_19532470.jpg
6月
梅雨の季節は雨上がりの日に、紫陽花の上の昆虫を探すのが楽しみです。
この日もカマキリなど探して歩いていると、カナヘビが居ました。
中々見れない組み合わせなので、とても撮りがいのあるシーンでした。
c0343075_20244619.jpg
下半期編へ続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-29 00:33 | その他 | Comments(0)

ハイタカとカラスのバトル Byヒナ

イカルを撮った後休憩していると、カラスが何かに追われていると、ミーが教えてくれました。
空を見上げると猛禽が追っているので、慌ててカメラを向けファインダーを覗いてみると・・・

追っていたのはハイタカっぽい猛禽のようですが、ファインダー越しでははっきりしません。
とりあえず、撮影です。
c0343075_20300436.jpg
c0343075_20300039.jpg
大きくトリミング。
画像が不鮮明ですが、やはりハイタカのようです。
c0343075_20295601.jpg
遠くに移動すると、今度は攻守が逆転。
ハイタカがカラスに追われていました。
大きさはカラスの方が大きいので、こちらのシチュエーションの方が自然な感じがしますが、攻守が変わるのが不思議です。
c0343075_20295061.jpg
c0343075_20294684.jpg
ハイタカは1月にそれらしい猛禽を初めて撮りましたが、そのときも画像が不鮮明。
いつか大きくはっきり撮りたいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-27 20:36 | 野鳥 | Comments(0)

今季初イカル Byヒナ

冬鳥のシーズンになったので、いつものフィールドへお出掛け。
久しぶりにミーと一緒でした。

このフィールドは半年振りでしたが、常連さんが声をかけてくれてイカルが居ると教えてくれました。
昨冬もたくさん来ていましたが、今年も数十羽以上来ているようで、これからも撮影機会はありそうです。

近くに来てくれて良い構図でしたが、枝が影になって残念。
c0343075_23271559.jpg
木の実を食べていました。
c0343075_23271072.jpg
これはちょっと遠かった。
c0343075_23270519.jpg
イカルは群れで居ますが、似た外見のシメは単独行動です。
たまになんだイカルかと、シメを見逃してしまうことがあります~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-26 23:35 | 野鳥 | Comments(0)

再びウグイス Byヒナ

ルリビタキを撮った帰り道、休憩しているとウグイスの声が頭上から聞こえてきました。
立ち上がって見上げてみると、杉の枝の中を地鳴きしながら移動中。
c0343075_17213685.jpg
見晴らしの良い枝の上でしばらく姿を披露してくれました。
c0343075_17213257.jpg
c0343075_17212617.jpg
c0343075_17212171.jpg
この後、茂みに戻っていきました。
c0343075_17210441.jpg
この時期ほとんど藪の中ですが、運良く移動中のウグイスに連続して出会うことができました。

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-24 17:27 | 野鳥 | Comments(0)

再びルリビタキ Byヒナ

ルリビタキを再び見に行きました。
前回は確認で満足でしたが、今回はしっかり撮りたいもの。

ちょっと遠かったものの明るい場所で。
c0343075_18525739.jpg
c0343075_18525181.jpg
c0343075_18524733.jpg
ここは日陰でしたが近くで撮れました。
c0343075_18524404.jpg
c0343075_18523928.jpg
真っ青な子に出会いたいですが、フィールドへ通っていれば、いずれその機会も得られると信じています~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-23 18:56 | 野鳥 | Comments(0)

第6回むしむし写真コンテスト Byヒナ

今までコンテストは、全日本トンボフォトコンテストしか出していませんでしたが、初めてむしむし写真コンテストに応募しました。

当たり前ですが、むしむし写真コンテストは全ての昆虫が被写体として出せます。
本来蝶屋の私は、蝶の写真をコンテストに出してみたいと思っていたので良い機会でした。

送った5作品の中で選ばれたのは、ベタすぎますが青空とアサギマダラの物で、結果は入選でした。

タイトル「旅の途中」
c0343075_20571008.jpg

入賞作品は審査員の方の評価が送られてくるので、良い勉強になりました。
広角での撮影は、構図のちょっとしたところが全体に影響するということです。

アサギマダラの飛翔撮影はライフワークの一つなので、このテーマで入賞できたのは嬉しかったです。
ただ、同じテーマで応募される方も多いようなので、同じような写真ではもうダメっぽい気がします。

来年は蝶の中で1番好きな被写体のキアゲハで、コンテストに出せるような写真を撮ることが目標です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-19 21:21 | | Comments(0)

ウグイスの地鳴き Byヒナ

聞きなれない野鳥の声に導かれて暗い坂を下りていくと、近くでチャッチャッとウグイスの声が聞こえてきました。
聞きなれない方はもっと遠くの方だったので、気にせず更に降りて行こうとしましたが、頭上にウグイスが登場。

こうなると無視して行き過ぎる訳にはいかず、撮影開始。
地鳴きしながら、至近距離をいつものようにちょこまかと移動していました。
c0343075_20092242.jpg
ほぼ真下から撮るとお菓子のひよ子見たいです(笑)
c0343075_20091869.jpg
さえずりは何度か見たことがありますが、地鳴きを撮ったのは初めてでした。
c0343075_20091427.jpg
ウグイス撮影が終わり我に返ると、当初の目的だった聞きなれない野鳥の声はもう止んでいました。
まあそうでしょうね(^^;)

ウグイスの記事はしばらくするとまた出てきます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-18 20:26 | 野鳥 | Comments(0)

今シーズン初めてのルリビタキ Byヒナ

今年の2月に東京で初めて見たルリビタキ。
その後地元でも探して、なんとか居場所を見つけることができました。

11月下旬頃からその場所に来ていないか見に行ってましたが、12月3日に今季初確認が出来ました。

居場所に近づいていくと、聞きなれたヒッヒッという地鳴きが聞こえてきました。
しかし安心するのはまだ早い。
以前声を頼りに近づいていくと、ジョウビタキでがっかりしたことがありました。
明るい所に居る事が多いジョウビタキですが、ルリビタキと共有する部分もあるようです。

居た場所は逆光の枝上。
近くまで寄れましたがピントが全く合わず、マニュアルでなんとか1枚。
とりあえず、ルリビであることは確認できました。
そうこうしている間にこの子はどこかへ。
c0343075_21215115.jpg
これだけではミーに見せるにしてもつまらないので、出てこないか辛抱強く待つと少し離れた藪の中で発見。
目で追っていると開けた所に出てきてくれました。
この子は脇の部分が青くなっているので、若オスでしょうか。
c0343075_21214635.jpg
c0343075_21214075.jpg
この冬は何度かこの子を見に行こうと思います。
今度はもっと近くで撮りたいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-16 21:46 | 野鳥 | Comments(0)

アトリをやっと撮る Byヒナ

前週ミヤマホオジロを撮った場所へ再び訪れました。
前回数枚撮っただけで居なくなってしまったので、もう一度出会いたかったからです。

しかしこの日はイベントがあったようで、ミヤマホオジロが居た場所を多くの人が歩いていました。
これでは無理・・・

少し離れた別のポイントに移動するとアトリが居ました。
アトリはこれまで何度か出会っていますが、相性が悪いのかちゃんと撮れていませんでした。
この日も手前の枝が邪魔で上手くフレーミング出来ませんが、なんとか。
c0343075_21240736.jpg
c0343075_21240303.jpg
少し奥には10羽位が群れていました。
枝被りのない子を撮っていると、先ほどの集団が・・・

もちろん全て飛んでしまいました。
やはり相性というより、ツキがありませんでした。
c0343075_21235915.jpg
c0343075_21235632.jpg
こういうときは全く違う場所に切り替えです。
そこでは良い出会いがありましたが、それは次回記事で~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-12-15 21:36 | 野鳥 | Comments(0)