人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:18
スミナガシいましたね~。..
by 古庵 at 20:51
鍵コメさん、こんにちは。..
by nakayoshi_me_hina at 15:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 18:04
ポンピングの様子がよく撮..
by tosanosato_bit at 17:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
こんな蛾がいるのですね。..
by 古庵 at 21:53
古庵さん、ご教授ありがと..
by nakayoshi_me_hina at 13:47
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蜂( 27 )


ツマアカクモバチ初見 Byヒナ

個人的に狩りバチの仲間はあまり写欲がそそられず、スルーすることが多いです。
お腹がくびれ、顔が蟻に似ているのが減点ポイント。

蟻を嫌いな訳ではありませんが、私はキツネ顔よりタヌキ顔が好きです。
蟻や狩りバチの顔はどちらかというとキツネ顔かなと思います。

本題です。
と言いながら、ツマアカクモバチを撮ってきました。
クモバチは以前ベッコウバチと呼ばれていたので、ツマアカクモバチも旧名はツマアカベッコウ。

蜘蛛を狩るのでツマアカクモバチの方が分かりやすいですが、ツマアカベッコウの方が音の響きは良いですね。

お腹が赤い蜂はこれまで2種撮っていて、ツマアカクモバチが3種目です。
お腹の赤い蜂は目を惹くので、撮りたくなります。
冒頭の文と矛盾していますが(^^;)

この子は体長が25mm程で、比較的撮りやすかったです。

今シーズンオミナエシであまり撮る機会が少ないのは、近くに咲いているオトコエシの方に昆虫が集まりやすいからです。
去年はそんな感じではなかったはずですが、謎です。
ツマアカクモバチ初見 Byヒナ_c0343075_20512618.jpg
顔が花粉だらけです。
ツマアカクモバチ初見 Byヒナ_c0343075_20512340.jpg
ツマアカクモバチ初見 Byヒナ_c0343075_20511991.jpg
ツマアカクモバチ初見 Byヒナ_c0343075_20511436.jpg
ツマアカクモバチ初見 Byヒナ_c0343075_20510648.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-09-24 21:06 | | Comments(0)

スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ

毎年9月は台風と秋雨前線の影響で思うように撮影できないもの。
しかし今年の4連休は奇跡のように全て晴れ。

1週間前は二日位フィールドに出られるかなと考えていましたが、嬉しい誤算でした。
毎日クタクタになるまでフィールド活動を楽しみましたが、成果はそれほどでもないかも(^^;)

本題です。
毎年暑さとの戦いの中、撮影を楽しみにしているのが、スジボソコシブトハナバチ。
暑さが少しマシになってきた8月30日に今年も撮ってきました。

以前はキセワタに集まるこの子を撮っていましたが、昨年からカワミドリに。
キセワタはお盆の時期までが最盛期なので、炎天下の撮影がきつくなってきました。

訪花する蜂の仲間は花の上を歩き回ったりで撮影が難しいですが、この子はホバってくれるので助かります。
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18240851.jpg
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18240497.jpg
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18235979.jpg
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18235517.jpg
飛翔も他の蜂に比べると撮りやすいと思います。
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18235031.jpg
スジボソコシブトハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_18234494.jpg
寄生関係にあるルリモンハナバチと、コラボをいつか撮ってみたいです~


by nakayoshi_me_hina | 2020-09-22 19:15 | | Comments(0)

カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ

カワミドリは蝶やハナバチなど蜜を求める多くの者達を集める花で、自分がバタフライガーデンを作れるなら植えたいものです。

幼虫の食草は別に考えるとして、他に菜の花、ノアザミ、オニユリ、オミナエシ、ヒガンバナ、フジバカマなどがあればいい感じ。

最もマンション暮らしの私には、宝くじを当てなきゃって話です(^^;)

最初に撮ったのはルリモンハナバチ。
この子の本番はオミナエシの時期なので、もう少し先。
今年はカワミドリのお陰で早く撮れました。
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20124340.jpg
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20123661.jpg
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20122407.jpg
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20121863.jpg
次はオオハキリバチ。
オオハキリバチは久しぶりに撮りました。
葉を切るため顎が発達していて強面です。
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20115433.jpg
座っているように見えて、ちょっと笑えました。
カワミドリに集うハナバチ達 Byヒナ_c0343075_20114802.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-08-17 20:30 | | Comments(0)

昔の写真を振り返って Byヒナ

ここ最近忙しくて更新が滞っています。
今月下旬まではこの状態が続きそうです。

本題です。
最近自分が撮った古い写真を見返しました。
撮り始めた初期の物は、稚拙なものが大半です。

カメラと被写体の両方の事が分かってなくて、この設定でこの構図でシャッターを切ると、こんな写真になるというイメージが掴めていないまま、撮っていました。

出来栄えに苦笑いやツッコミも出てしまいますが、そのとき楽しかった思い出も蘇ります。

思い通りに撮れればそれは最高に気持ち良いものですが、そうでなく悔しい思いをしても、だからといって嫌になる訳でもありません。

被写体との出会い、撮影すること、それらが自分にとって楽しいことだと再確認しました。

カメラや被写体の事が分かってくると、ある程度撮り方が決まってしまい、初心者だったころとは変わってきます。
それが上手くなったのかというと、そうでもない気がしています。

機材の性能が良くなっているのは間違いありませんが、撮り方はどうでしょうか。
稚拙なものが大半と書きましたが、意図せず偶然の産物でも、今見ても良いと思えるものもあります。

昔の様に失敗を恐れず、昔は何が失敗かも分かっていなかったですが、もっと自由に撮るのも良いなと思いました。
初心者の時に撮っていたものを、今は撮れていないのはちょっとショックだったので(>_<)

9年前に撮ったスジボソコシブトハナバチ
どうってことのない写真ですが、この子の写真でこれより良いものは撮れていないと思う今日この頃です。
昔の写真を振り返って Byヒナ_c0343075_22345645.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-07-10 22:44 | | Comments(0)

オオシマザクラにミツバチ Byヒナ

オオシマザクラにやってくるアゲハを撮りたくて待っていましたが、中々来ないので待ち時間にミツバチ撮り。

青空に桜が映えるので魚眼で撮ってみましたが、中々難しかったです。
オオシマザクラにミツバチ Byヒナ_c0343075_17262863.jpg
オオシマザクラにミツバチ Byヒナ_c0343075_17262528.jpg
オオシマザクラにミツバチ Byヒナ_c0343075_17262108.jpg
オオシマザクラにミツバチ Byヒナ_c0343075_17261622.jpg
オオシマザクラにミツバチ Byヒナ_c0343075_17254517.jpg

タグ:

by nakayoshi_me_hina | 2020-04-19 17:27 | | Comments(0)

ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ

緊急事態宣言が全国に拡大され、我が校の休校も5月6日まで延長。
これで収まっていくことを祈らずにはいられません。

本題です。
春の被写体としてお気に入りのニッポンヒゲナガハナバチを、今年も撮ってきました。

ルリモンハナバチのように一般人受けする見た目ではありませんが、可愛らしい蜂だと思います。

ドウダンツツジで。
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20144328.jpg
ムレスズメで。
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20143614.jpg
レンゲで。
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20142159.jpg
飛翔も。
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20141453.jpg
メスをちゃんと撮ったのは初めて。
触角が短いです。
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20140658.jpg
ニッポンヒゲナガハナバチ2020 Byヒナ_c0343075_20135878.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2020-04-17 20:18 | | Comments(0)

5年振りのオオセイボウ byヒナ

アサギマダラの撮影中に思いがけない出会いが有りました。
久しぶりのオオセイボウです。

オオセイボウは毎年秋になるとオミナエシにやって来るのを探しますが、もう何年も空振りばかり。

今年はオオムラサキも3年振りだったし、久しぶりの出会いに喜びも一塩です。

オオセイボウが来ているなら、アサギマダラの撮影は中断。
今度はいつ会えるか分からないので、全力で撮りました。

これまでのオミナエシと違い、訪れていたのはヤマハッカ。
花に顔を突っ込むのでオミナエシより撮りずらいですが、滞在時間は長めで沢山撮らせてくれました。
5年振りのオオセイボウ byヒナ_c0343075_20023642.jpg
5年振りのオオセイボウ byヒナ_c0343075_20023114.jpg
5年振りのオオセイボウ byヒナ_c0343075_20022631.jpg
5年振りのオオセイボウ byヒナ_c0343075_20022249.jpg
マクロで精一杯寄って撮影。
こんなに寄れたのは初めてです。
5年振りのオオセイボウ byヒナ_c0343075_20021994.jpg
今年は何度も撮らせてくれましたが、来年も必ず姿を現してくださいね~


by nakayoshi_me_hina | 2019-12-01 20:15 | | Comments(2)

ルリモンハナバチ2019 Byヒナ

毎年オミナエシの季節に被写体になってくれるのはルリモンハナバチ。

昔は今ほど有名な蜂では有りませんでしたが、最近はこの子を目当てに撮りに来られる方も居て、メジャーになってきたことを実感します。

今年は魚眼で撮ろうと思っていましたが、他の撮影者が居たり、落ち着きが無かったりで望遠に変更。
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21454955.jpg
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21454629.jpg
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21453535.jpg
ブレましたが飛翔も。
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21454310.jpg
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21314928.jpg
ミソハギでも。
ルリモンハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_21314591.jpg
この子を撮ると夏の終わりを感じます~


by nakayoshi_me_hina | 2019-11-05 21:47 | | Comments(0)

スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ

スジボソコシブトハナバチは毎年盆休み前後に撮っていましたが、今年は暑くて断念。

このまま撮らずに終えるのは寂しいと感じていた所、9月に入ってすぐ撮影機会がありました。滑り込みセーフです。

カワミドリでの撮影は初めてでした。
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20263064.jpg
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20262721.jpg
ホバリングを3連写。
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20262486.jpg
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20262094.jpg
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20261664.jpg
オミナエシをバックに。
スジボソコシブトハナバチ2019 Byヒナ_c0343075_20260719.jpg
この子より綺麗な蜂は居ますが、個人的に可愛らしさはこの子が一番です~


by nakayoshi_me_hina | 2019-11-04 20:33 | | Comments(0)

西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ

巷では青い蜂で人気のルリモンハナバチ。
知り合いがこの子に似た種を南西諸島で撮っていたので、以前から存在は知っていました。

今回の遠征ではそんなことをすっかり忘れていましたが、ヒロオビオニヤンマを待っているとその子は突然やってきました。

こういう思い掛けない、一つ一つの小さな出会いが遠征では嬉しいものです。

後でググってみると、この子はタカオルリモンハナバチのようです。
姿はルリモンハナバチですが、色が白っぽくて違いは一目瞭然ですね。
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23144354.jpg
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23143957.jpg
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23143664.jpg
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23143246.jpg
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23142781.jpg
比較のため、ルリモンハナバチも。
西表遠征 タカオルリモンハナバチ初見 Byヒナ_c0343075_23141878.jpg
私はルリモンハナバチも好きですが、この子が労働寄生すると言われている、スジボソコシブトハナバチのほうがもっと好きです。

なので、タカオルリモンハナバチの労働寄生先と言われるアマミアオスジフトハナバチにも出会いたかったですが、こちらは機会が有りませんでした~


by nakayoshi_me_hina | 2019-09-15 23:25 | | Comments(0)