仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:48
大型の台風が近づいており..
by tosanosato_bit at 20:36
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 20:20
これは良いショットh\が..
by tosanosato_bit at 06:23
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:04
ヒナさん セイタカシギは..
by tosanosato_bit at 21:48
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 23:45
随分珍しい鳥が11羽も集..
by tosanosato_bit at 22:46
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蜂( 15 )


ルリモンハナバチを再び撮る Byヒナ

8月下旬にルリモンハナバチを広角で撮ったので、続いて今度は望遠で撮ってきました。
前回の撮影時はまだ暑くて、じっくり撮る気力がありませんでしたが、この日は若干秋の気配。

気温が少し下がり、忙しなく動く被写体に集中して向き合えました。

オミナエシで。
c0343075_19183244.jpg
c0343075_19182787.jpg
c0343075_19182426.jpg
c0343075_19181896.jpg
たまにミソハギでも。
c0343075_19181288.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-09-24 20:03 | | Comments(0)

広角でルリモンハナバチ撮り Byヒナ

8月下旬から9月上旬にかけてはルリモンハナバチの季節。

いつもは蜂撮りに最適だと考えているE-M1mkⅡとMZD40-150mmF2.8PROの組み合わせで挑みますが、今回はD800とAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDで。

大きくは写せませんが、置きピンだと撮影は簡単。
飛翔も撮りやすいです。
もちろんピントが合っているかどうかは運任せ(^^;)
c0343075_20443337.jpg
c0343075_20440437.jpg
c0343075_20431015.jpg
c0343075_20424090.jpg
c0343075_20421009.jpg
晴れてはいたものの、青空が少なかったのが残念です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-09-16 20:57 | | Comments(0)

スジボソコシブトハナバチ2018 By ヒナ

キセワタに集まるスジボソコシブトハナバチを撮るのは面白いのですが、ギンヤンマの撮影同様、炎天下なので体力との闘い。

曇れば体力は持ちますが、シャッタースピードが落ちるので痛し痒し。

この子たちは居なくなる事は無いのですが、体の事を考えると、短時間で集中して撮ることになります。

もう何年もの被写体ですが、未だにこれだという納得のいくものは撮れていません。
それでも銀色の眼を持つこの子に魅了されているので、今年も記録を残せたことが嬉しいです。
c0343075_19381377.jpg
c0343075_19381053.jpg
c0343075_19380632.jpg
c0343075_19380332.jpg
広角で撮ればまた違った表現で見えると思いますが、被写体が小さいのでどうかな~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-08-29 19:41 | | Comments(0)

ニッポンヒゲナガハナバチ2018 Byヒナ

今日もいつものフィールドへ。
昨日から気温が下がったので蝶が飛んでいるか心配でしたが、若干低いものの現地は良い感じ。
逆に毎年撮影に苦戦している春の蝶を撮れて、久しぶりに溜飲が下がる思いに。
それらはいずれ紹介します。

本題です。
去年ルリタテハを撮ったナツグミでニッポンヒゲナガハナバチを撮りました。
ニッポンヒゲナガハナバチは大好きなハナバチですが、昨年は証拠写真を撮れただけ。

そういう訳でここで会ったが百年目、この日はこの子だけでも良いという思いで撮影開始。

久しぶりの撮影なので忘れていましたが、この子の動きはとても俊敏で吸蜜時間はごく短い。
飛んでいるときは目で追っているうちに見失うことも。

個人的にはハナバチ撮影の最強コンビと思う、E-M1mkⅡ+MZD40-150mmProでも中々追えず。
ニッポンヒゲナガハナバチに遊ばれながら、なんとか数枚残すことができました。
これがベストショット。
c0343075_19512438.jpg
触角が体より長いですね。
カミキリムシ以外では珍しい。
c0343075_19512016.jpg
c0343075_19511668.jpg
あまり吸蜜には来ませんでしたが、ドウダンツツジでも。
こちらの方が吸蜜時間は長めで歩留まりが高かったです。
c0343075_19510553.jpg
飛翔も少し。
ピント甘め。
c0343075_19505848.jpg
こちらはまずまずだけど、触角が隠れてしまって残念。
c0343075_19505288.jpg
不思議なことにメスは1頭も見掛けませんでした。
謎です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2018-04-08 20:08 | | Comments(0)

ダンギクとアオスジハナバチ Byヒナ

久し振りにアオスジハナバチを撮りました。

アオスジハナバチは夏からよく見ていますが、あの忙しない飛び方では気合を入れないと撮影モードに入りません。
今回は撮る気満々だったわけではありませんが、ダンギクは蜜の量が多いのか滞在時間が長くて比較的撮りやすかったので挑戦しました。

滞在時間が長いのは良いのですが、花弁に顔を突っ込むと見えなくなるので、思っっていたより撮れず。

ダンギクは花粉が青く、脚に付けている部分が目立ちました。
c0343075_21491604.jpg
c0343075_21465348.jpg
c0343075_21464518.jpg
ダンギクはこれまであまり注目していませんでしたが、様々な昆虫を集めるようなので、これからは良く見ていこうと思います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-13 21:59 | | Comments(0)

オミナエシとツルガハキリバチかな Byヒナ

先週末は午前中が仕事だったので、午後からフィールドに出ました。
彼岸花にやってくるアゲハ蝶が目当てでしたが、残念ながら殆ど機会は無し。

待ち時間に女郎花で吸蜜するハキリバチを撮りました。
一回り大きいハキリバチは以前も撮ったことのあるスミスハキリバチだと分かりましたが、この子が誰か分かりません。

帰ってググってみると確信は持てませんが、ツルガハキリバチではないかと思います。
スミスハキリバチより吸蜜時の滞在時間が長く、少しだけ撮りやすかったです。
この子はオスかな。

胴が小さく、相対的に顔が大きく見え、中々可愛らしいハキリバチでした。
c0343075_21245865.jpg
c0343075_21245455.jpg
c0343075_21244925.jpg
c0343075_21244406.jpg
c0343075_21243980.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-27 21:29 | | Comments(0)

ルリモンハナバチの飛翔 Byヒナ

台風一過、フィールドへ出てみましたが木が倒れている様子もなく、大きな被害にはならなかったようです。
彼岸花がダメになっていないか心配でしたが、まだ咲き始めで影響は少なかったみたい。
彼岸花が咲くとシーズン最後のアゲハ祭りなので、一安心です。

本題です。
ひとしきりルリモンハナバチを望遠で撮った後飛翔シーンも狙いましたが、撮れるかどうかは運頼み。
これではあまりにも歩留まりが悪いので広角に切り替え。

ルリモンが小さいのでAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの望遠端で撮影。
良い構図では撮れませんでしたが、歩留まりは望遠で撮るよりは良かったような気がします。
c0343075_17014509.jpg
c0343075_17014237.jpg
c0343075_17013152.jpg
c0343075_17012538.jpg
c0343075_17012100.jpg
c0343075_17011658.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-18 17:40 | | Comments(0)

ルリモンハナバチの季節 Byヒナ

台風18号が過ぎ去りました。
進路は予報より南に下がり直撃コースでしたが、速度が速かったためか大荒れの時間は短め。

被害の状況などはまだ分かりませんが、明日は晴れるみたいなのでフィールドへ出て様子を見てみたいと思います。

本題です。
E-M1mkⅡを導入して、今のところ1番成果が上がっているのはハナバチの撮影。
ハナバチは私にとって最も手強い被写体の一つで、止まっている姿すら思うようには写せません。
しかしE-M1mkⅡが私の腕のなさを大きくカバーしてくれるようになりました。

という訳で、今まで満足いく撮影のできていないオオセイボウを探していますが中々出会えません。
その代わりルリモンハナバチがモデルになってくれました。

飛翔の歩留まりもアップ。
c0343075_22142296.jpg
c0343075_22141845.jpg
c0343075_22141160.jpg
c0343075_22140826.jpg
c0343075_22134327.jpg
c0343075_22133814.jpg
ルリモンハナバチをしっかり撮るのも久しぶり。
やはり美しいハナバチだと思います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-17 22:24 | | Comments(0)

キセワタとスジボソコシブトハナバチとルリモンハナバチ Byヒナ

台風5号が去った後、夏のハナバチを撮影してきました。

夏のハナバチ撮影は熱中症との闘い。
炎天下、撮影できるのは30分位の短期決戦。
数年前はもうちょっと撮れてたような気がしますが、加齢の影響か無理が利かなくなってきました。

毎年恒例キセワタの所へ行くと、多くのハナバチが飛んでいました。
その中で1番好きなのはスジボソコシブトハナバチ。
短い時間の吸蜜を繰り返すこの子たちをE-M1mkⅡでどれくらい捉えられるか、E-M1mkⅡでの初動体撮影です。

ファインダーの見え方は全く問題ないというか、飛んでいるハナバチが良く見えます。
E-M5ではコマ送りのようになってしまい、ファインダーを覗いた瞬間に撮る気が失せましたが、それは全くありませんでした。
ヤンマの飛翔を追うようなケースはまだ光学ファインダーの方が良いですが、EVFはよくここまで来たなと思いました。

このEVFと速いAF、そして最短撮影距離の短いM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROはハナバチを撮るのに最適なシステムだと思います。
その割に思うように撮れなかったのは私の腕のせいです(^^;)
秋に向けて精進しようと思います。

スジボソコシブトハナバチ3連写。
連写中にも被写体が良く見えます(^.^)
c0343075_21532922.jpg
c0343075_21532462.jpg
c0343075_21531972.jpg
寄生主のルリモンハナバチ3連写。
c0343075_21531216.jpg
c0343075_21530603.jpg
c0343075_21525869.jpg
ミラーレスで飛翔体をAFで捉えられるとは良い時代になったものです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-24 22:03 | | Comments(0)

プリムラヴィアリーと春のハナバチ Byヒナ

2つ前の記事の続きです。

プリムラヴィアリーで待っていたのはニッポンヒゲナガハナバチでしたが、残念ながら姿を見ることは出来ず。
代わりという訳ではありませんが、ケブカハナバチが吸蜜に現れました。

ケブカハナバチとニッポンヒゲナガハナバチは同時期に現れるので、居てもおかしくないはずです。
他にハナバチが好みそうな花は近くに見当たらないので、偶々出会わなかったのかもしれません。

ということで、ケブカハナバチのショットを。
c0343075_22405202.jpg
c0343075_22404976.jpg
c0343075_22404533.jpg
見たことのないハナバチもやってきました。
全く同定できませんが、ケブカハナバチより一回り小さなハチでした。
ヒメハナバチの仲間かな~
c0343075_22404100.jpg
明日は数日前まで雨の予報でしたが、晴れに変わりました(^^)/
再度ニッポンヒゲナガハナバチを探してきます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-04-14 22:46 | | Comments(0)