人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:55
shimazakiさん..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
shimazakiさん、..
by nakayoshi_me_hina at 17:47
高知市でスギタニルリシジ..
by shimazaki at 10:13
青柳中学校1年で科学班新..
by shimazaki at 10:07
この白花はハコベ? 1..
by shimazaki at 10:03
Nさん、初めまして。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
初めまして。 トサコバ..
by N at 21:25
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トンボ( 293 )


プリムラ・ビアリーとショウジョウトンボ Byヒナ

5月に撮っていたのに記事にすることを忘れていました。
プリムラ・ビアリーに止まるショウジョウトンボです。

花の穂先とショウジョウトンボの色が同じで、良い組み合わせでした。
c0343075_16270029.jpg
c0343075_16265797.jpg
c0343075_16265476.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2019-07-14 16:29 | トンボ | Comments(0)

アオサナエ初見 Byヒナ

ネイチャーフォト研究会のOさんとの会話の中で、昨年教えてもらったアオサナエの生息地が分からない事を話しました。

場所を再度聞いてみると、どうやら違うところを探していたようです。
昨年何度か探しに行きましたが、見つけられない訳です。

この後二人でそのフィールドへ向かいましたが、あいにくの天候でアオサナエどころかトンボの姿がありません。
後日また見に来ることにしました。

1週間後、天気はそれほど良くありませんでしたが、再びアオサナエのフィールドへ。

最初に見つけたのはオジロサナエの羽化したばかりのメス。
歩いてきた私に驚いて飛び移ったところです。
c0343075_22223663.jpg
アオサナエが好きそうな水面から出ている石を見ながら歩いていると、今度はヤマサナエのオス。
こんな風にアオサナエにも居てもらいたいものです。
c0343075_22223238.jpg
次はオジロサナエのオス。
ここにオジロサナエが居るとは思わなかったのでちょっとびっくり。
真夏に打空産卵を見られるかも。
c0343075_22222920.jpg
それらしいところを全て見て回ったものの、アオサナエの姿は無し。
おかしいなと思いつつ、来た道を戻っていると、先ほどは居なかったアオサナエが目の前に・・・

1年掛かりでやっと出会えました。
写真で見た通り、蛍光色の緑のような体色が、他にはなくて魅力的です。
c0343075_22222639.jpg
c0343075_22222270.jpg
それにしてもサナエの多く居るフィールドでした。
撮影機会に恵まれそうなので、時折来てみたいと思います。

Oさん、その節は本当にありがとうございました。
来年はもっとアオサナエを沢山撮ります~


by nakayoshi_me_hina | 2019-07-13 22:38 | トンボ | Comments(0)

グンバイトンボ2019 Byヒナ

毎年恒例のグンバイトンボ詣で。
行ったのは5月26日で、時期的には丁度と考えていましたが、未熟もそこそこ居て少し早かったようです。

とりあえずオスを、マクロで。
c0343075_17005865.jpg
すぐ魚眼に換装。
c0343075_17005561.jpg
c0343075_17004989.jpg
この後産卵ペアを探しましたが、午前中は曇り気味で産卵にはあまり向かない天候。
午後からは別のフィールで向かう予定だったので、ぎりぎりまで粘りなんとか産卵を撮れました。
c0343075_17005292.jpg
c0343075_17004452.jpg
c0343075_17004138.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2019-07-01 19:00 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 羽化したサラサヤンマ Byヒナ

サラサヤンマの観察をいったん中断して、ムカシトンボを探しにトンボ公園外へ。

結局坊主のまま帰ってきて、サラサ達はどうなっているか見に行ってみると、2頭は飛んで居なくなっていました。
気温が低かったのでまだそれ程飛べないだろうと探してみると、2頭とも近くで休憩中。

前回記事最初の写真のオス(たぶん)は葉っぱの上に。
c0343075_21470711.jpg
隣に花が咲いていたのでそれを入れて。
c0343075_21470285.jpg
c0343075_21465897.jpg
前回記事の2番目のメス(たぶん)は枝につかまっていました。
c0343075_21464424.jpg
c0343075_21464076.jpg
c0343075_21463523.jpg
今回で四万十遠征シリーズは終了。
この後はまだしばらくGWに出会った生き物の記事が続きます~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-20 22:28 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 軒下で羽化するサラサヤンマ Byヒナ

今回の遠征で1番記憶に残っているのは、サラサヤンマの羽化を見たことです。
羽化を見たのは初めてだったのですが、その場所が意外。

トンボ公園の杉村さんと林縁を歩きながらサラサヤンマの羽化を探しましたが見つからず、建物の近くを通った時にオスが軒下でぶら下がっているのを見つけました。
c0343075_17350141.jpg
反対側から見たところ。
c0343075_17345506.jpg
他にも軒下に居るのではと探してみると、なんと3頭も居ました。
さらにヤゴの抜け殻は30以上!!

風雨を凌げ天敵にも見つかりにくいからでしょうか、軒下はサラサヤンマの羽化場になっていました。

2頭目はメス。
c0343075_17345852.jpg
3頭目はオス。
c0343075_17344812.jpg
4頭目のメスは羽化が終わっていました。
c0343075_17345239.jpg
軒下近くの枯れ枝にもメスがとまっていました。
c0343075_17344301.jpg
毎年ここで羽化しているのかは分かりませんが、来年訪れる楽しみがまた一つ増えました。
ここで羽化しているなら、ヤゴから抜け出る一部始終を観察できるかもしれません。

次回もサラサヤンマの記事です~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-19 18:04 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ヒメコウホネとヨツボシトンボ Byヒナ

前日カキツバタに止まるヨツボシトンボを撮ったので、今度はヒメコウホネの池で待つことにしました。

トンボ公園で多く見られるヒメコウホネは絶滅危惧Ⅱ類と深刻な状況ですが、ここではそんなことを忘れるほどあちこちで咲いています。

カキツバタと比べるとこちらに止まることは少なく、あまりチャンスはありませんでしたが、初めてこの組み合わせで撮りました。
c0343075_19413943.jpg
c0343075_19413661.jpg
c0343075_19413348.jpg
PLフィルターを付けた方が良かったと、今になって反省です~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-18 19:47 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 タベサナエの飛翔産卵 Byヒナ

四万十遠征二日目は前日より少しだけ気温が上がった感じでしたが、やはりトンボの活性が上がるほどでは無し。

この日も止まり物中心の撮影を覚悟していましたが、水路でホバリングするトンボを発見。
タベサナエが産卵に来ていました。

タベサナエはホバリングしながら、お腹をぶるっと振って卵を落下させます。
このタイミングは中々分からず、ホバリング時間は長いものの、卵を落とす瞬間を捉えるのはかなり難しいです。

ということで、残念ながらただのホバリング写真となってしまいましたが、産卵シーンを初めて見れたので、嬉しい出来事でした。
c0343075_22450320.jpg
c0343075_22445939.jpg
c0343075_22445636.jpg
c0343075_22445274.jpg
c0343075_22444952.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-17 22:46 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ベニイトトンボの羽化その2 Byヒナ

ベニイトトンボの羽化、今回はオスです。

オスはヤゴの時から赤いので、オスとメスの区別がつきます。
2つ前の記事のメスのヤゴと比べて下さい。
c0343075_21440273.jpg
勿論ヤゴから抜け出た後も既に赤いです。
c0343075_21435810.jpg
c0343075_21435575.jpg
c0343075_21435256.jpg
c0343075_21434828.jpg
翅が先に伸びて、腹部はその後で完全に伸びていました。
c0343075_21434548.jpg
2枚目から最後の写真までの時間は約35分でした。
オス、メスそれぞれ観察出来て良い経験ができました~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-14 21:53 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ベニイトトンボの羽化その1 Byヒナ

寒くてトンボが飛ばないということで、被写体を探して辿り着いたのがベニイトトンボの羽化。
丁度シーズンで何頭か羽化していました。

今日はメスがヤゴから抜け出るところです。

葉の上に上がりしばらくその場で静止。
身体を乾かしているのかな。
c0343075_21582228.jpg
羽化開始。
脚を踏ん張り、体を上に持ち上げ、背中が盛り上がってきます。
c0343075_21541349.jpg
背中と頭が同時に出てきました。
c0343075_21541090.jpg
前に体を突き出して、どんどん抜け出していきます。
c0343075_21540798.jpg
c0343075_21540379.jpg
脚が出ました。
頭が出てから約15秒程です。
脚が出るとこの後はゆっくりとした動きになっていきました。
c0343075_21535834.jpg
これまでもベニイトトンボの羽化を見たことは有りましたが、抜け出る瞬間は初めて。
この様な場面は生命の神秘を再認識させられます~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-11 22:10 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 カキツバタとヨツボシトンボ Byヒナ

今日からGWの記事です。

GWの最初は毎年恒例の四万十遠征。
ムカシトンボを撮影するのが楽しみの一つでしたが、当日から急に気温が下がり残念ながら撮影に至らず。

3月には羽化も空振りし、今年は一度もシャッターを切ることなく終わってしまいました。

気温が低いのでトンボはあまり飛びませんでしたが、ヨツボシトンボは昼前にやっと撮れました。
c0343075_21381956.jpg
c0343075_21381520.jpg
今回は縦位置メインで。
c0343075_21381109.jpg
c0343075_21375862.jpg
c0343075_21380694.jpg
この組み合わせで撮れるのはトンボ公園の魅力です~


by nakayoshi_me_hina | 2019-05-08 21:49 | トンボ | Comments(0)