人気ブログランキング |

仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:18
スミナガシいましたね~。..
by 古庵 at 20:51
鍵コメさん、こんにちは。..
by nakayoshi_me_hina at 15:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 18:04
ポンピングの様子がよく撮..
by tosanosato_bit at 17:49
古庵さん、こんばんは。 ..
by nakayoshi_me_hina at 22:24
こんな蛾がいるのですね。..
by 古庵 at 21:53
古庵さん、ご教授ありがと..
by nakayoshi_me_hina at 13:47
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:昆虫( 25 )


ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ

この2週間、土曜は仕事だったので、休日に晴れるのは久しぶり。
仕事が忙しいのも今週で一段落着くので、今度の4連休はフィールド活動を楽しみたいところですが、天気予報では怪しい感じ。
今年の梅雨は中々しぶといです。

本題です。
6月にニシキキンカメムシを撮ってきました。
5月にも一度見に行き、その時は確認できず嫌な予感がしましたが、大丈夫でした。
ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ_c0343075_17314336.jpg
ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ_c0343075_17313899.jpg
雌雄の違いなのか個体差なのか、上の子と下の子はカラーリングが随分違います。
個人的には、下の子のグリーン部が広い方が好みです。
ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ_c0343075_17313425.jpg
ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ_c0343075_17312966.jpg
広角でも。
やっと青空バックで撮れました。
ニシキキンカメムシ2020 Byヒナ_c0343075_17312021.jpg



by nakayoshi_me_hina | 2020-07-19 17:46 | 昆虫 | Comments(0)

紫陽花と昆虫達 Byヒナ

梅雨時期になると蝶の撮影は一段落。
春の蝶、初夏の蝶の季節が過ぎ、第三弾は夏が本格化する頃に再開です。

ということで、紫陽花とそこに居る昆虫達を撮ってきました。
紫陽花だけでも撮るのは面白いですが、昆虫写真家としてはやはりフレームの中に誰かが居てほしいのです。

多分撮るのは初めてのアオハナムグリ。
アオハナムグリってこんなに綺麗だったのですね。
これまでハナムグリは殆ど撮ってなかったので、大いに反省しました。
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21294831.jpg
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21294462.jpg
オオカマキリの幼虫。
私の中では紫陽花とのコラボの定番です。
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21293963.jpg
ヤマトフキバッタも定番です。
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21293358.jpg
モンシロチョウ
本当はホシミスジを撮りたかったのですが、チャンスはありませんでした。
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21290615.jpg
昆虫無しも1枚だけ。
紫陽花と昆虫達 Byヒナ_c0343075_21285559.jpg
今週末も紫陽花に集う昆虫を探しに行く予定です~


by nakayoshi_me_hina | 2020-06-23 21:42 | 昆虫 | Comments(0)

アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ

以前から見たいと思っていた、アカスジキンカメムシを見ることができました。

カメムシは殆ど撮らないのですが、キンカメムシの仲間は特別。
色彩の美しい種が多いです。

美しさについては、「日本一美しいカメムシ」と呼ばれるニシキキンカメムシが居ますが、アカスジキンカメムシも負けていないどころか、人によってはこちらの方が好みの方がいるかもしれません。

美しいと言ってもカメムシなので、その時点で受け付けない人も多そうですが(^^;)

初見だったので、沢山撮りました。
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20234913.jpg
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20234528.jpg
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20234286.jpg
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20233835.jpg
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20233402.jpg
アカスジキンカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_20233038.jpg
これで、撮影できたキンカメムシの仲間は、オオキンカメムシ、ニシキキンカメムシ、アカギカメムシ、ナナホシキンカメムシ、アカスジキンカメムシの5種になりました。

次はメタリックグリーンが美しいミヤコキンカメムシに出会いたいですが、この子に会うにはまた南の島に行かないと~


by nakayoshi_me_hina | 2020-05-24 20:37 | 昆虫 | Comments(0)

オミナエシとススキとオオカマキリ Byヒナ

オミナエシでは多くの昆虫を見られますが、オオカマキリもその仲間。
今回オミナエシのバックにススキも揃い、秋らしいと思い撮らせてもらいました。
オミナエシとススキとオオカマキリ Byヒナ_c0343075_22115600.jpg
オミナエシとススキとオオカマキリ Byヒナ_c0343075_22114939.jpg
オミナエシとススキとオオカマキリ Byヒナ_c0343075_22114661.jpg
カマキリを撮るのは簡単ですが、魅力的に写すことは難しいです。
鎌を振り上げたカマキリらしい瞬間を、いつかは撮ってみたいです~


by nakayoshi_me_hina | 2019-11-14 22:14 | 昆虫 | Comments(0)

魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ

大阪出張から帰ってきました。
明日から夏季休暇に突入ですが、連休明けから始まる仕事の準備がまだまだの状態。

ということで、この休みは遊んでばかりとはいかず、仕事を片付けながらになりそうです。

本題です。
突然ですが、Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5を購入しました。

魚眼はZD ED 8mmF3.5 Fisheyeに1.4倍テレコンを付けて10年位使ってきましたが、描写力に若干の物足らなさを感じつつ、これと代替できる物が無いと思っていましたが・・・

ある雑誌の記事でこのレンズが紹介されていました。

DXでは対角魚眼で撮れるし、更に望遠端で被写体を大きく撮ることができてテレコン要らず。
更にFXでも対角魚眼で使えるというところが完全にツボでした。

随分前からあるレンズなのに知らないとは不勉強ですね。

ZD ED 8mmF3.5 Fisheyeのように防塵防滴ではないし手振れ補正も無いので、完全に置き換えるのはZマウントを導入しないと決断できませんが、これからはこちらをメインで使っていくことになります。

ということで、最初の被写体はニシキキンカメムシ。
空を入れるのに曇りはダメなのですが、シェイクダウンのため、止むを得ずです。

全て望遠端の17mmで撮影。
魚眼特有の周辺の歪が気にならないです。
魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ_c0343075_22335181.jpg
魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ_c0343075_22334611.jpg
寄ればそれなりに大きく写せます。
魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ_c0343075_22334227.jpg
魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ_c0343075_22333911.jpg
魚眼ズームでニシキキンカメムシを撮る Byヒナ_c0343075_22333019.jpg
アサギマダラの撮影で使うのが楽しみです~


by nakayoshi_me_hina | 2019-08-09 22:50 | 昆虫 | Comments(0)

トゲナナフシ初見 Byヒナ

ノコギリクワガタを教えて下さった写真家の方に、珍しい昆虫も教えてもらいました。
トゲナナフシです。

草の上だからはっきり分かりますが、木にぶら下がっていたら気づくのは難しそうですね。
トゲナナフシ初見 Byヒナ_c0343075_19554834.jpg
トゲナナフシ初見 Byヒナ_c0343075_19554527.jpg
魚眼でも撮ってみましたが、あまり変わり映えしませんでした(^^;)
トゲナナフシ初見 Byヒナ_c0343075_19553960.jpg


by nakayoshi_me_hina | 2018-10-20 19:58 | 昆虫 | Comments(0)

石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ

八重山遠征最後の撮影はキンカメムシの仲間達。
石垣最後のフィールドに着き、車を止めたすぐ横の木にナナホシキンカメムシとアカギカメムシが居ました。

キンカメムシの仲間は大好きで、南西諸島に行かないと会えないナナホシキンカメムシにも、早くから出会いたいと願っていました。
これまでの遠征では縁が有りませんでしたが、遂に遭遇。

放っておいても居なくならないので、ヒメキトンボなど十分撮ってからの撮影に。
メタリックグリーンの輝きがとても美しいです。
石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ _c0343075_20250462.jpg
ソロショットも。
石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ _c0343075_20250146.jpg
石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ _c0343075_20245760.jpg
アカギカメムシは昨年地元で撮っていたので、テンションは上がりませんでしたが、そうでなければ2種同時の初見に大騒ぎするところでした。

終齢幼虫(たぶん)と一緒に集団を作っていました。
石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ _c0343075_20245303.jpg
石垣の昆虫 ナナホシキンカメムシとアカギカメムシ Byヒナ _c0343075_20244996.jpg
次の目標は地元でも見られるアカスジキンカメムシと、南西諸島でしか見られないミヤコキンカメムシです~


by nakayoshi_me_hina | 2018-07-28 20:40 | 昆虫 | Comments(0)

西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ

西表は固有種の豊富なジャングルの島なので、お目当ての蝶やトンボや野鳥以外の、どのような生き物に出会えるかということも楽しみでした。
ということで今回は西表で出会った蝶、トンボ以外の昆虫の紹介です。

最初はオオミドリサルハムシ。
この子は想定していない出会いだったので誰か分かりませんでした。

宿に戻ってググり同定。
宝石のような驚くほどの美しさでした。
大きさは1cm位でハムシの仲間にしては大きいです。
できることならもっと出会いたかった。
西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ _c0343075_21301813.jpg
次はイワサキクサゼミ。
この子は来る前にKさんから草の上に居るとても小さなセミと聞いていたので、おぉこの子がそうか!と思いました。

2cm位の大きさで日本最小のセミらしいです。
翅の支脈が緑色で綺麗です。
西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ _c0343075_21301534.jpg
西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ _c0343075_21301017.jpg
最後はイリオモテモリバッタ。
この子も予習時に見たいと願っていました。

島ごとにカラーリングの違うモリバッタの仲間でも最もカラフルなので、初見の感想はやはり美しいでした。

どうでもいい事ですが、イリオモテと名前に冠が付いている生き物に出会えるのはなんとなく嬉しいです。
ミーハーですね。
西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ _c0343075_21300746.jpg
西表の昆虫 オオミドリサルハムシとイワサキクサゼミとイリオモテモリバッタ Byヒナ _c0343075_21300413.jpg
まだまだ西表の記事は続きます~


by nakayoshi_me_hina | 2018-07-05 21:42 | 昆虫 | Comments(0)

ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ

アサギマダラを撮った帰り道、見慣れない大きめのハナアブがツワブキで吸蜜していました。
良く見掛けるホソヒラタアブの1.5倍ほどの大きさで、お腹は大きく横に広がっています。
帰ってきてググってみるとこの子はナガヒラタアブのようです。
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21293284.jpg
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21292729.jpg
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21292135.jpg
その近くでもう1匹見たことのないハナアブが。
ホソヒラタアブと同じ位の大きさでした。

この子はフタホシヒラタアブかな。
複眼の色が暗めなことと、お腹の黄帯が特徴的です。
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21291783.jpg
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21291242.jpg
ツワブキに集うハナアブたち Byヒナ _c0343075_21290567.jpg
蝶が居なくなってからもしばらく見られるハナアブ。
見たことのない子が居れば、また撮ろうと思います~


by nakayoshi_me_hina | 2017-11-07 21:37 | 昆虫 | Comments(0)

アカギカメムシ初見 Byヒナ

ここしばらく悪天候が続いたので、最後に撮影したのは10月9日で17日前。
梅雨時期以外でこれほどフィールドへ出なかったのは記憶がありません。

今週末は再び台風接近の恐れありなので、今日は休みを取って久しぶりにフィールドへ。
雲一つない快晴で絶好の日和でした。
その記事は少し後で。

今日は10月9日に出会ったアカギカメムシの記事です。
この日はまだ暑く、アサギマダラが平野部に現れるには時期尚早。
ということで山間部へ探しに行きました。

行った先はヒヨドリバナが咲いていて、アサギマダラは2頭来ていました。
本格的な到来前のウォーミングアップにと数枚撮影したところで、別の昆虫に釘付け。

近くの草の上でアカギカメムシが歩いていたのです。
以前図鑑で見て、南西諸島に生息しているといううっすらとした記憶が。
背中の模様が人面に見えるというのも、何かで見たような気もします。
なにはともあれ撮影開始。

口吻の手入れ中。
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22053795.jpg
飛ぶ瞬間。
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22054190.jpg
背中側も美しいですが、アカギカメムシはお腹側がメタリックに輝いて綺麗です。
これらの写真ではあまり分かりませんが・・・
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22053308.jpg
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22052938.jpg
日陰で撮影すると蛍光色に輝いていました。
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22052404.jpg
撮影が一段落した後、スマホで色々と検索。
アカギカメムシは、高知では室戸岬や足摺岬などで繁殖している。
レッドリストでは分布上高知県が重要な生育地になっている種に指定。
食草はアカメガシワ。

食草が分かったのでアカメガシワはどこだろうと探してみると、最初に見つけた場所のすぐ近くに立っていました。
もちろん葉のあちこちに他の個体も居て、ここでも繁殖しているような印象でした。
定着しているのか、定期的に観察していこうと思います。
アカギカメムシ初見 Byヒナ_c0343075_22051394.jpg



by nakayoshi_me_hina | 2017-10-26 22:42 | 昆虫 | Comments(0)