仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
ミルンヤンマは東京都下で..
by Nature_Oyaji at 12:56
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ミルンヤンマ ( 11 ) タグの人気記事


コオニヤンマとミルンヤンマ Byヒナ

オジロサナエの居る場所は、まるでペアのようにコオニヤンマが居ます。
生息域が同じなんですね。

そのコオニヤンマは普段あまり撮らないのですが、このときはオジロサナエ待ちが長かったので、モデルになってもらいました。

望遠で。
c0343075_20133812.jpg
広角で。
c0343075_20134253.jpg
近くの林縁を歩くとぶら下がっているミルンヤンマのメスを発見。
この地で見かけるのは初めてでした。
c0343075_20152607.jpg
c0343075_20152233.jpg
E-M1mkⅡの強力な手振れ補正を活かして、フラッシュ無しでも。
c0343075_20151751.jpg
川岸近くではオスもぶら下がっていました。
c0343075_20151358.jpg
こうなると産卵シーンを狙いたいところですが、9月は他の被写体も目白押しなので、優先順位を決めるのが難しいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-07 20:19 | トンボ | Comments(0)

再び岡山遠征 白いキノコとミルンヤンマを魚眼で Byヒナ

岡山遠征最後の記事は、ZD ED 8mm F3.5 Fisheyeでの撮影。

被写体に思いっきり寄って撮影するのは、なんとも楽しいもの。
特に魚眼で寄って撮るのは、昆虫に逃げられるかもしれないハラハラ感の中、ドアップで取れた時は達成感が高まります。
魚眼で撮れるシチュエーションがそれほど多くない事も、撮れた時の喜びにつながっているかな。

という訳で、今回の遠征がデビュー戦のE-M1mkⅡで、機会があればZD ED 8mm F3.5 Fisheyeを使ってみたいと思っていました。
気になっていたのはAFの精度。

E-5では暗いところで殆ど役に立たなかったAFがどれ位の能力なのか。

今回丁度良い被写体に出会いました。
それは白いキノコ。

帰ってググってみましたが種類ははっきり分からず。
1番近いのはササクレシロオニタケかなと思います。
間違っていたらご指摘お願いしますm(__)m

試しにノーフラッシュで。
SSは1/30でぶれ無し。
あまり絞れませんでしたが、背景の雰囲気もまずまず。
そして肝心のAFはかなり良いです!
E-5より断然良く、久しぶりにAFで撮影できました(^.^)
c0343075_22260187.jpg
もう1枚低い奥まった所に居たミルンのオスを手を伸ばしてライブビューで。
こちらのAFも良好でした。
フラッシュの当たり方が不自然ですが、これはこれから試行錯誤して詰めていこうと思います。
c0343075_22260508.jpg
大好きな魚眼を今までより積極的に使えそうで、また一つE-M1mkⅡを購入した喜びが増えました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-21 22:37 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ミルンヤンマのメス Byヒナ

毎年ミルンヤンマを撮るたび書いていますが、メスは翅の前縁部に入る黒条に個体差があって興味深い。
撮っているときは場所が暗くてはっきり分からないので、これは帰ってモニターの前での楽しみのひとつです。

1頭目
この子は未熟。
複眼がオリーブ色ですね。
今回撮った中では最も黒条がはっきりしていました。
c0343075_20563327.jpg
2頭目
この子は翅の付け根以外では、中ほどが少し黒くなっていました。
c0343075_20562978.jpg
c0343075_20562449.jpg
3頭目
この子は1頭目に近い感じです。
c0343075_20562044.jpg
4頭目
この子は翅の付け根だけ黒くなっていました。
c0343075_20561558.jpg
昨年と比べてヤンマのぶら下がり数は少なかったですが、ミルンは例年通り。
毎年期待を裏切りません~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-01 21:09 | トンボ | Comments(2)

岡山遠征 ミルンヤンマのオス Byヒナ

昨日の記事でも書きましたが、岡山のこの地で一番多く見られるのはミルンヤンマ。
と言っても地元ではトンボ王国内以外で見た事は無いヤンマです。
今回はオスの紹介。

最初に見つけたのはこの子。
時間は10時過ぎでした。
ミルンは早い時間帯からぶら下がっています。
c0343075_23065711.jpg
この子はいつもの低い位置に居ました。
多い時には何頭も近くに居る時があります。
低い位置でぶら下がるのもミルンの特徴ですね。
c0343075_23064920.jpg
c0343075_23065367.jpg
この子は他のヤンマと同じく高い木の枝で。
c0343075_23064666.jpg
この子は半成熟で、複眼の色が出ていませんでした。
c0343075_23064216.jpg
ミルンはどうしてもメスの優先順位が高まります。
そのメスの記事も後ほど~


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-30 23:17 | トンボ | Comments(0)

ネーチャーフォト研究会集合 ヤンマのぶら下がりを広角で Byヒナ

オニヤンマの産卵を撮影した後、午後からはヤンマ探しへ。

今回の林巡りではネアカ♂3、♀1、ミルン♀1、コシボソ♂1のぶら下がりを見ることが出来ました。
何頭か目線の高さに止まっていたので、広角撮影に初めてチャレンジすることに。

結果、広角の写りはあまり良くなく。
結構絞ったからなのか(F11~F13)フラッシュの光量が強かったのか、特に複眼が平面的になってしまいました。
腕の問題でしょうね。
絞り開放だとどうか撮ってみるべきだったな~

ミルン♀
望遠で
c0343075_21154864.jpg

広角で
c0343075_2116632.jpg


ネアカ♂
望遠で
c0343075_21183425.jpg

広角で
c0343075_21172292.jpg

おまけ
ヤブヤンマの産卵
1枚だけ撮れました。
出来はイマニですが久しぶりに見ることが出来ました。
c0343075_2129561.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-15 21:33 | トンボ | Comments(0)

四万十合宿 ミルンヤンマ Byヒナ

岡山遠征記で書いたように四万十のミルンメスは前翅の黒筋が発達するので、個体差を見るのが楽しみです。

今回は4頭のメスを見ることが出来ました。

1頭目
この子は未熟ですね。
黒筋はあまり発達していません。
それでも岡山産より濃いです。
c0343075_20521347.jpg

2頭目
この子は成熟で綺麗な個体でした。
黒筋がはっきりしています。
c0343075_20532629.jpg

3頭目
この子も未熟。
2頭目より少し薄いですが、はっきりとした黒筋です。
c0343075_20545311.jpg

4頭目
この子は遠くて高くて、なんともなりませんでした。
黒筋の下の方も濃くなっていますね。
c0343075_20564021.jpg

オスは2頭。
もう何頭か居ましたが、オスは撮りやすかった子だけです。
1頭目
この子は未熟です。
c0343075_212530.jpg

2頭目
この子は成熟。
ミルンはシダに掴まっているのを良く見掛けます。
c0343075_213878.jpg

久しぶりに産卵を見たかったのですが、ネアカ同様水不足で無理でした~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-08 21:09 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ミルンヤンマ♀ Byヒナ

四万十では比較的多く見られるミルンメスも、ここ岡山の某地では少なめ。
今回は2頭との出会いでした。
ちなみに昨年も2頭~。

昨年の記事でも書きましたが、ミルンとミナミヤンマはメスの個体差が面白いですが、今回は如何に。

1頭目
翅の付け根に黒筋が入り、翅の中央部も少しだけ黒くなっているタイプでした。
c0343075_217237.jpg

c0343075_2173536.jpg

2頭目
この子は未熟でした。
この子には翅の中央部の黒い部分が無いですね。
c0343075_219462.jpg

やはり四万十産の方が、黒筋は発達するようです~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-24 22:06 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ミルンヤンマ♂ Byヒナ

8月6日、一緒に奄美へ行ったKさんと、岡山へ日帰り遠征へ。

昨年も同じようなパターンで遠征を繰り返しましたが、8月はヤンマの季節なので行くしかありません。

8月は熱中症になりやすく、蝶の数が減り、ヤンマを撮るようになるまで休みを持て余し気味でした。

しかしヤンマのお籠り撮影は炎天下を避けられるので、猛暑の夏にうってつけです。
そういえば2年前、2週連続で台風が来たときにはほとんどヤンマを撮れなかったっけ・・・

最初の出会いはミルンのオス。
昨年もそうでしたが、ここではミルンオスが最も多く見られます。
最初は熱心に撮りますが、頻繁に見つかるので段々写欲が減退していくのは、修行が足らない証拠です。

昨年との違いは比較的明るい場所で見られた事。
ミルンといえば、薄暗い奥まった所に居るイメージが強いですが、開けた明るい所にも結構居ました。

定番の薄暗い所で。
c0343075_2240970.jpg

c0343075_22401976.jpg
c0343075_22403113.jpg

1時間後同じところを訪れると、明るくなってました。
c0343075_22414946.jpg

これはめっちゃ明るい。
c0343075_22422036.jpg

最後は爽やかなショットで。
これはお気に入りです~
c0343075_22431863.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-23 22:45 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ミルンヤンマ Byヒナ

岡山遠征の記事でミルン♀の翅に黒条が現れるという事を書きました。
そのタイプの子を四万十で見ることが出来ました。

まだ未熟です。
控えめに入る筋の感じがミナミヤンマによく似ていると思います。
c0343075_20572917.jpg
c0343075_20574089.jpg
c0343075_20575148.jpg

撮っているところへ、下の沢からオスが上がってきました。
羽化したばかりのようで翅はピカピカ、眼はオリーブ色でした。
c0343075_2104470.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-10-10 21:02 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ミルンヤンマ♀ Byヒナ

ミルンヤンマのメスは個体により翅の前縁に黒い筋が現れるということで、まるでミナミヤンマみたいです。
ということでミルンに関しては断然オスよりメスを見たいという事になります。

今回の遠征ではメスを2頭見ることが出来ましたが、さて黒筋はいかに。

1頭目
翅の付け根が黒くなっていますが筋は無し。
c0343075_20263491.jpg

2頭目
同じところにカップルで休んでいました。
このメスは翅の中央付近がすこしだけ黒くなっています。
c0343075_2029512.jpg

図鑑によると黒筋が現れるのは南日本の個体とあったので、岡山ではそのような個体は少ないのかもしれませんね。
黒筋個体はこの後の四万十遠征で撮れたので、そのうち紹介します~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-09-29 20:37 | トンボ | Comments(0)