仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:マルタンヤンマ ( 11 ) タグの人気記事


四万十遠征 マルタンヤンマのメス Byヒナ

8月の夏休みは四万十遠征へ。
暑い日中は森の中でぶら下がりヤンマ探し、夕方以降はコシボソヤンマやオナガサナエの産卵が恒例行事です。

高知市はこの時期よさこい祭りで大賑わい。
考えてみればいつもこの時期地元には居らず、四万十で撮影している気がします(^^;)

四万十遠征前にマルタン♂は見ているので、どちらかと言えばまず撮っておきたいのはメスのほう。
岡山遠征でまさかメスを見られないとは思わなかった。
そうは言ってもオスを見つけたら喜ぶのは間違いないですが。

林縁を歩いていて早い段階で居ました。
フラッシュ無しで。
見た目には近い仕上がりですが、地味な感じです。
c0343075_20432208.jpg
フラッシュ有りで。
産卵のためか、お腹が泥でコーティングされてます。
結局この後飛ばれ、もう出会うことはありませんでした。
c0343075_20431790.jpg
いつももっと見られるマルタン♀でさえこんな調子ですから、他のヤンマも中々厳しかったです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-28 20:51 | トンボ | Comments(0)

再び岡山遠征 マルタンヤンマのオス Byヒナ

前回の遠征では2頭見られたマルタン♂。
今回は1頭も見れずかと思いましたが、帰る間際に同行のOさんが発見。

居た場所は今まで探したことのない場所で、尚且つ奥まった分かりずらい所だったので、良く見つけたと思います。

オニヤンマの交尾の時と同様にまずはD800とAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで。
少し距離はありましたが、目線の高さだったので良いロケーションでした。
c0343075_18331754.jpg
c0343075_18331216.jpg
そして、EM-1mkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで。
できるだけ同じ構図になるように撮ってみました。
c0343075_18464287.jpg
c0343075_18463630.jpg
D800とE-M1mkⅡの比較写真はこれで終わり。
次回はE-M1mkⅡと魚眼の組み合わせテストです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-20 18:53 | トンボ | Comments(0)

ヤンマの黄昏飛翔 Byヒナ

この日のヤンマの黄昏飛翔は最大10頭前後。
かなり高い所を飛んでいたので、あまり撮影機会はありませんでした。

それでも今季初の黄昏飛翔撮影に挑戦。

一番多かったのはギンヤンマ。
この子はメスですね。
c0343075_20043129.jpg
この子もギンヤンマのメスかな。
c0343075_20041932.jpg
オニヤンマのオス。
c0343075_20042292.jpg
マルタンヤンマのメス。
マル♀は昨年奄美で沢山飛んでいましたが、速すぎて全く撮れず。
今回1枚だけ何とか撮れました。
c0343075_20041471.jpg
今度は低い所を飛んでいるときに挑戦したいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-08 20:13 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 マルタンヤンマのオス Byヒナ

岡山遠征の最大の目的はマルタンヤンマのオスを見ること。

地元高知でも見られる場所が見つかったとはいえ、この地は別格。
今回も2頭のオスに出会うことができました。
やはりマル♂の美しさは際立っています。

1頭目。
c0343075_22365677.jpg
c0343075_22365269.jpg
2頭目。
c0343075_22363477.jpg
c0343075_22362689.jpg
c0343075_22362172.jpg
今年も出会いに感謝。
しかし何故かメスは1頭も見なかった。
これは初めての事でした~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-05 22:41 | トンボ | Comments(0)

ネーチャーフォト研究会集合 ヤンマの黄昏飛翔 Byヒナ

ネーチャーフォト研究会メンバーの集いは、ヤンマの黄昏飛翔で締めという事に。

一番多く飛んでいるのは、やはりぶら下がりと同じくネアカヨシヤンマのオス。
でも飛ぶのが早くて撮影は難しい・・・
c0343075_2393126.jpg

これは7月30日に撮ったもの。
c0343075_2394865.jpg

撮り易いなと思うのはギンヤンマ。
夕焼けをバックに。
c0343075_23112888.jpg

マルタンヤンマのオスも!
かなり陽が落ちてきましたが、なんとか。
c0343075_23121245.jpg

黄昏飛翔の撮影も面白いですが、難しいですね~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-16 23:16 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 マルタンヤンマ♀ Byヒナ

マルメスもオスに続いて2頭見ることが出来ました。

地元ではメスを見れる確率の方が圧倒的に高いですが、この地ではオスの方が多かったです。

マルメスは褐色と黄色を組み合わせた体色が他のヤンマと大きく異なっていて、この配色も綺麗です。
翅や複眼も褐色で、褐色のヤンマというイメージですね。

奄美の黄昏飛翔では、この褐色の翅が舞う姿を多く見ることが出来ました。
飛ぶスピードが速くて、上手く撮ることができませんでしたが・・・

1頭目
c0343075_21175180.jpg
c0343075_211875.jpg

2頭目
c0343075_21182466.jpg
c0343075_21183432.jpg

マルタンは交尾の目撃情報が殆ど無いヤンマです。
一体いつ、どこでしているのでしょうね~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-27 21:23 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 マルタンヤンマ♂ Byヒナ

今回の遠征最大の目的はマルオスの撮影でした。
昨年ここで初見を果たし大満足だったので、今年も2匹目のどじょうを探しに来た訳です。

地元では見ることが難しいマルオスを遠征で外すことが心配ですが、先週四万十で思いがけず見れたので、今回は余裕がありました。

最高気温は確か36℃ほどで、お籠り狙いには良いコンディションです。
今回も蚊に刺されながら昨年と同じ道順を辿ると・・・

不思議な事に昨年と殆ど同じ場所にマルオスが居ました。
地元も大体同じ場所でいつも見つかるようですし、マルオスはお籠りする場所がピンポイントなのかもしれません。
そうなると居るところには必ず居るし、居ないところはいくら探しても居ないということになります。

他のお籠りヤンマも少なからず同じ傾向かもしれませんね。
自力で新ポイントを探すのは難しいと感じた次第です。

今回は最終的に4頭見ることができ、大漁でした。

1頭目
c0343075_21171164.jpg
c0343075_21172053.jpg

フラッシュ無しでも撮れそうな明るさだったので、挑戦してみました。
SSは1/50、見上げる角度をVRの無い旧サンヨン手持ちで撮れるか・・・

がんばりました、なんとかなりました。

フラッシュ無しも思っていたより綺麗でした。
さすが最も美しいヤンマです。
今回は1枚だけでしたが、いつかこの状況で多くのカットを撮りたいです。
c0343075_21243887.jpg

2頭目
c0343075_2125143.jpg

3頭目
c0343075_21251593.jpg

4頭目
c0343075_21253032.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-25 21:35 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 マルタンヤンマの産卵 Byヒナ

マルタンの産卵を今までまともに見たことはありませんでした。
トンボ王国ではスイレン池で行うようですが、中に入り込んでしまうと結構難度が高いです。

ラッキーなことに、この日は観察に最適な日だったようです。
17時を少し回った頃、スイレン池にマルタンのメスが訪れました。
数頭がやってきましたが、どの子もスイレンの葉の下に潜り込んでしまうと、遠いし見えないしでお手上げです。
上がってきて別の場所へ飛び立つときがチャンスでした。
c0343075_22445782.jpg

c0343075_2245898.jpg

そうこうしているうちに上の方で産卵してくれました。
やはり遠いですが・・・
c0343075_22455848.jpg
c0343075_2246860.jpg

これがベストショットでした。
c0343075_2247058.jpg

18時過ぎまで産卵は続き、この後黄昏飛翔に舞台は移りました~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-22 22:52 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 マルタンヤンマ♂ Byヒナ

昨年岡山へ遠征に行って初めて見たマル♂。
トンボ王国近くの山でも見られるポイントが見つかりましたが、昨年は残念ながらそこでは見ることが出来ませんでした。

今夏最初のトンボ王国への訪問は7月末。
ヤンマのお籠りにはまだ時期が早いですが、チョウトンボなら撮れるだろうと大きな目的も持たず訪れました。

シコクトゲオトンボを見に行った帰りにマル♂ポイントへ行ってみると、なんと止まっているではありませんか!
高い位置に止まっていたので大きくは撮れませんでしたが、地元での初撮影に喜びも一塩です。
c0343075_22195568.jpg
c0343075_2220577.jpg
c0343075_22201385.jpg

これだけで十分来た甲斐がありましたが、他にも色々と撮れました。
それは次回以降の記事で~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-19 22:29 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 マルタンヤンマ♀ Byヒナ

マル♀は2年前に四万十市のトンボ王国で見たのが初めてでした。
猛暑の中、汗水流し登った林道で見れたとあってとても嬉しかったことを覚えています。
また、オスとは全く違う色合いに目を瞠ったものです。

そんなマル♀を今回は3頭見ることが出来ました。

1頭目
成熟前の個体で複眼の色が薄く翅もほぼ透明です。
c0343075_18505635.jpg
c0343075_1851540.jpg

2頭目
成熟が進んだ個体で翅が茶色に変化しています。
カラスヤンマなど、翅の濃いトンボが好きなのでこれは最高です。
c0343075_18541785.jpg
c0343075_185426100.jpg
c0343075_18543518.jpg

3頭目
この子も成熟が進んでいます。
2頭目の子より気持ち翅の色が薄いように思います。
c0343075_1857154.jpg

マル♀は昨年産卵シーンを目撃しましたが撮影できなかったので、次はこの撮影をしたいものです。
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-09-23 19:02 | トンボ | Comments(0)