仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
ミルンヤンマは東京都下で..
by Nature_Oyaji at 12:56
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ハネビロエゾトンボ ( 6 ) タグの人気記事


四万十遠征 エゾかハネビロエゾトンボのホバリング Byヒナ

エゾトンボとハネビロエゾトンボのどちらか分かりませんでしたが、ホバリングしている所に遭遇。
どちらにしても良くホバる種らしいのですが、今までそのシーンで出会ったことがありませんでした。

撮影場所は湿地だったので、写真からは判別がつきませんでしたが、生態からするとエゾトンボの可能性が高そうです。
もうちょっと近くでホバってくれたら良かったのですが、初撮りなので嬉しかったです。
c0343075_21082252.jpg
c0343075_21080602.jpg
c0343075_21080263.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-29 21:10 | トンボ | Comments(0)

再び岡山遠征 ハネビロエゾトンボのオス Byヒナ

前回の遠征では、エゾやハネビロエゾトンボのオスは1頭も見ず。
それが今回は複数頭居て、一番撮影機会が多かったです。

それにしてもエゾやハネビロエゾトンボのオスの同定は難しいです。
間違っていたらご教授お願いしますm(__)m

ハネビロエゾトンボのオス1頭目
c0343075_18394815.jpg
c0343075_18394479.jpg
2頭目
c0343075_18393700.jpg
ちょっと横道に逸れます。
外部フラッシュを使った撮影での動作がニコンと違うので、悩ましい。
D800ではオートISOで上限を設定し、SSも最低速度を設定し、FPシンクロで撮ります。

これで絞り値は任意に設定できますが、当然絞れば暗くなります。
トンボのぶら下がりのような暗い場所では、よほど近くなければあまり絞れませんでした。

今まで手振れ補正無しのAi AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDで撮っていて、SSはかなり速くしていたので、手振れ補正のあるAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRでSSを遅くすればまた違うのかも。
これ検証しなければ。

本題に戻り、E-M1mkⅡの場合。
SSの最低速度を1/1000にしても1/250にしかならない。
これは仕様なのか、設定の問題なのか分かりません。

今回の撮影ではこれは大きな問題ではありませんでした。
相手は静止しているので、E-M1mkⅡの強力な手振れ補正があれば、1/250ならぶれることはありませんでした。
しかし、暗がりで飛翔を撮れないので、これはまずいです。

逆に不思議なことがありました。
露出が高すぎると思って絞っても明るさが殆ど変わらない!
これはどうしたことでしょう。

以下の写真はF14まで絞り、露出も-0.7に。
これでもD800で撮ったものよりかなり明るいです。
これはありがたい(^.^)

この子はもしかしたら2頭目と同じかもしれません。
E-M1mkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで。
c0343075_18401214.jpg
c0343075_18400818.jpg
c0343075_18400432.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-08-15 19:15 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ハネビロエゾトンボのメス未熟 Byヒナ

今日は友人のKさんと岡山に遠征してきました。

例年は8月上旬に行っていますが、今回は少し前倒しで行くことに。
安定した晴天が続かないとヤンマのぶら下がりは見ずらいですが、今夏は今のところ夕立が多く天候が不安定です。

さて今回の遠征はどうなることか。
期待と不安が入り交じり出発です。

目的地近くまで車を走らせるとオニヤンマが周回しながらお出迎え。
これはいつもの景色で少し安心。
その後すぐヤンマがポイント方向へ飛んでいくのが見えました。

ミルンヤンマです。

ここはヤンマの中でミルンが最も多いのですが、これも早々に見れてさらに安心。
一通り撮って一番のポイントへ。

ポイントに入る手前では、ウスバキトンボの群れが摂食飛翔をしていました。
私は気が付きませんでしたが、Kさんがその中に1頭違う種が混じっていることを確認。

飛んでる姿からどうやらエゾトンボの仲間の様。

しばらくしてめでたく同定。
ハネビロエゾトンボのメス未熟でした。

エゾトンボの仲間の未熟を見るのは初めてで、中でもあまり見れないハネビロエゾトンボとは幸先良いスタートに。
未熟の複眼の上部はあずき色でした。
c0343075_21200835.jpg
c0343075_21200460.jpg
c0343075_21200077.jpg
手を精一杯伸ばせば、ぎりぎり届く位置だったので、広角ライブビューで撮影。
露出が高すぎでダメでした(-_-)
c0343075_21195690.jpg
c0343075_21195212.jpg
しばらく遠征記が続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-29 21:24 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ハネビロエゾトンボ♀ Byヒナ

ぶら下がり撮影も15時が近づいてくると終盤ですが、遅い時間に撮れるのがエゾトンボ科の仲間。
昨年もエゾトンボのオスとメス、ハネビロエゾトンボのオスに出会いました。

今回は嬉しいことに、ハネビロエゾトンボのメスを初見で撮影できました。
やはり初見はテンションが上がります。

ハネビロエゾは四万十のトンボ王国で何度かぶら下がりを見ていますが、全てオスばかり。
初めて見たメスは横から見ると、お腹が樽のように膨らんでいて可愛らしい体型でした。
産卵弁が下向きに突き出しているのも特徴的です。
c0343075_21543092.jpg

c0343075_2155248.jpg
c0343075_2210292.jpg
c0343075_22105836.jpg
c0343075_22112349.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-08-31 22:15 | トンボ | Comments(0)

四万十遠征 ハネビロエゾトンボ Byヒナ

四万十遠征初日の午前中は隣町の渓流、日中はトンボ王国内でお籠りヤンマ探しです。
王国内の林縁を歩くと早速ぶら下がりを発見。

ん、ヤンマにしては小さい・・・

二つ前の記事で取り上げたハネビロエゾ、アゲインです。
岡山では高い位置で撮りずらかったですが、今回は目線でバッチリ。
右後翅が羽化時のトラブルなのか少し痛んでいますが、全体的に綺麗な子でした。
c0343075_2047563.jpg

c0343075_204884.jpg
c0343075_20481665.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-10-05 20:50 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ハネビロエゾトンボ Byヒナ

ハネビロエゾはオスを1頭のみ見れました。
長い産卵弁が特徴的なメスは見れず。

この子も撮影位置がイマイチですね。
c0343075_22142858.jpg
c0343075_22144164.jpg
c0343075_22145217.jpg

岡山遠征シリーズは今日で終了です。
今回もKさんの強運にあやかり、憧れのマルタン♂を始め多くのヤンマやヤマ、エゾを撮ることが出来ました。
日帰りでしたが素晴らしい遠征でした。

明日からはこの翌日に出発した四万十遠征シリーズが始まります。

7月から遠征ばかりですね。

仕事してますか?
安心して下さい、やってます(爆)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-10-03 22:26 | トンボ | Comments(0)