仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:オオルリボシヤンマ ( 7 ) タグの人気記事


オオルリボシヤンマ2017 Byヒナ

9月24日にオオルリボシヤンマを見に行ってきました。
本当はその前の週に行く予定でしたが、台風が来たため1週延期。

天気予報では晴れでしたが、現地に着くと曇り。
それに18℃前後の肌寒い気温。

一抹の不安を覚えつつ現地で様子を見ていると、トンボ王国の杉村さんとネーチャーフォト研究会のHさんがやってきました。

待ち合わせではなく偶然現地で一緒になったのです。
皆考えることは同じなんですね(^^;)

不安は2重に的中。
天気は一向に回復せず、曇りのまま。
更に気温も上がらず寒いまま。

ということで、オオルリボシヤンマは出てきてもすぐ居なくなり、毎年見られていたナツアカネの産卵もなし。
もう一つの目当てだった近くのササ原でのゴイシシジミの姿もなく、残念な結果となってしまいました。

証拠写真をいくつか。
オスの飛翔、遠かった。
c0343075_18321369.jpg
c0343075_18320971.jpg
唯一の見どころだったのが、産卵中のメスをさらっていくところ。
見ている限りメスが嫌がり、交尾体にはなりませんでした。
c0343075_18320499.jpg
これは近かったのに、ピントが甘い。
c0343075_18320088.jpg
メスも遠くの方で産卵
c0343075_18315575.jpg
やはり時期が遅かったことが敗因です。
天気が良くて気温が高ければこの時期でも大丈夫だと思うので、来年はしっかり気候を確認したいと思います。

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-01 18:39 | トンボ | Comments(0)

オオルリボシヤンマの産卵警護? Byヒナ

今回の遠征では、オオルリボシの産卵警護を撮影するチャンスが3回ありました。
その内2回目は、オスがメスを捕まえようとしましたが嫌われていました。
遠目で写りはイマイチですが一部始終を。
c0343075_22303043.jpg

c0343075_22304494.jpg
c0343075_22305214.jpg
c0343075_2231897.jpg

これは別のペア。
こちらはメスが産卵に至りませんでした。
c0343075_22331870.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-01 22:35 | トンボ | Comments(2)

オオルリボシヤンマの産卵 Byヒナ

殆ど見られないオオルリボシのメスを探して池の周りを歩いてみると、日陰になった所で産卵していました。
やはりこの日は暑かったのだろうと思います。
c0343075_22212852.jpg

13時30分頃までにメスが出てこなかったら帰ろうかとKさんと話してましたが、13時過ぎに曇りだすとどこからともなくメスがやってくるように。
普通なら天気は晴れの方がありがたく、曇ると恨めしく思うものですが、この日は天の救いでした。
明るい場所でも産卵開始。
c0343075_2230487.jpg

c0343075_22301475.jpg

昨年見れなかったオス型メスも。
ちょっと遠かった・・・
c0343075_22304799.jpg
c0343075_223058100.jpg

足元にやってきて産卵を始めましたが、足を動かしてしまい飛ばれてしまいました。
修行が足らないね~
c0343075_223262.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-30 22:34 | トンボ | Comments(0)

タカネトンボの産卵 Byヒナ

オオルリボシヤンマのオスがあまり飛ばなくなってきたので、そろそろ帰ろうかとKさんと相談している中で、池の反対側にも行ける事を告げると、そっちにも行ってみようという事になりました。

ここに来るようになって3年目ですが、その反対側には行ったことがありませんでした・・・

二人で歩いて行ってみると、なんと、中々良い場所ではありませんか!
しまった、これならもっと早く来ておくべきだっとちょっと後悔(^_^;)

オオルリボシの追いかけっこも見れ。
c0343075_17271934.jpg

何と言ってもタカネトンボの産卵に出会えました。
オオルリボシ用の望遠でそのまま撮りましたが、広角に付け替えて、ノーファインダー接写の方が良かったかも。

水辺でお腹に水を含むための、上下の動きの速さに追いつけず、ピント合わせが大変。
結構草が茂った所に来ます。
c0343075_17324066.jpg

これは足元で、近すぎて後ずさりしながらの撮影。
腹部先端に水を纏っています。
これがベストショットかな~
c0343075_17351189.jpg

ちょっと離れるとピント合わせはずいぶん楽に。
c0343075_17362237.jpg

c0343075_17363167.jpg

愛媛遠征シリーズは今回で終了です。
明日からは秋の蝶か、近頃の花や鳥のどちらかをアップしていきます~
週末に仕事で南の島へ行くので、そちらが割り込む可能性も大です(^.^)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-02-11 17:50 | トンボ | Comments(0)

オオルリボシヤンマのハプニング Byヒナ

ちょっとしたハプニングに出会いました。
初めてこの池に訪れた時にも、ギンヤンマとオオルリボシの異種連結に出会いましたが・・・

産卵中のオオルリボシに襲いかかるクロスジギンヤンマ
c0343075_2125869.jpg

人違いならぬ、トンボ違いに気づいたクロスジギンヤンマ
慌てて離れます。
c0343075_2144525.jpg

危うく沈められそうだったオオルリボシ
水面に出てきます。
c0343075_216872.jpg

c0343075_216387.jpg

無事、離脱できました。
c0343075_21115029.jpg

オス同士で連結したり、種類を間違ったり、トンボも人間みたいなうっかりミスをするのが面白いですね~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-02-10 21:17 | トンボ | Comments(0)

オオルリボシヤンマの産卵警護 Byヒナ

オオルリボシの産卵警護は現地に着いてすぐ遭遇しましたが、近くに行けず断念。
縄張り飛翔するオスは相変わらずボケボケで上手く撮れません。
最初の産卵警護を見かけた約2時間後、遂に良いロケーションで始まりました。

メスの後ろをついて飛ぶオス
c0343075_21292224.jpg

メスは産卵場所をあちこち探しています。
c0343075_21304033.jpg

c0343075_21311782.jpg

良い場所が見つかったようです。
c0343075_21314182.jpg

結局このシーンしか産卵警護を撮る機会は有りませんでしたが、オスをしっかり撮れたのは初めてだったので、かなりの充実感がありました。

オスの部分でトリミング
c0343075_2134847.jpg
c0343075_2134162.jpg

次回はハプニング編です~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-02-07 21:38 | トンボ | Comments(0)

オオルリボシヤンマの♀ Byヒナ

2015年のヤンマ撮影はオオルリボシが最後でした。

沖縄、岡山を共にしたKさんと、最後は愛媛に訪れました。
何度かオオルリボシを見に来ているものの、オスは満足行く撮影が出来ていません。
メスの産卵を警護する時がチャンスですが、そこに出くわすことが出来るか!

チャンスが来るまではメスの撮影です。
この池は照り返しがキツイので、今回PLフィルターを用意してきました。

フィルター無し
いつもの感じです。
c0343075_17372445.jpg

フィルター有り
コントラストが上がりますね。
jpeg撮って出しですが、こういうシーンでは有効に思います。
c0343075_1741122.jpg

c0343075_17412025.jpg
c0343075_17413013.jpg

飛翔も
c0343075_17415972.jpg

比較的近くでも撮らせてくれました。
c0343075_17423421.jpg

2015年はオス型のメスを見ることが出来ませんでした。
2014年は見れたのですが、年によって出現確率が違うものでしょうか。

次回は待望のオスを紹介できます~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-02-06 17:48 | トンボ | Comments(0)