仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
ミルンヤンマは東京都下で..
by Nature_Oyaji at 12:56
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:オオテントウ ( 5 ) タグの人気記事


オオテントウの羽化 Byヒナ

日本最大のテントウムシ、オオテントウを久しぶりに見ました。

生息する場所へ行ってみると、羽化してそれほど時間の経っていない個体が数頭。
丁度羽化の時期なんだなと思いつつ、辺りを見渡してみると幼虫や蛹も見つかりました。

蛹を観察しているとたまにビクンと動きます。
これは羽化が近いのかなと思いましたが、テントウムシの羽化を観察した経験がないので、どの位で出てくるのか見当がつきません。
30分ほど観察を続けましたが変化が無いので別の場所を見に行くことに。

これが今年最大の失敗でした。
しばらくして戻ってくるとその蛹の羽化は終わっていました。

羽化前の蛹
c0343075_23102965.jpg
戻ってきて羽化が終わっていた状態。
羽化直後は翅が伸びきっていました。
c0343075_23102614.jpg
c0343075_23102274.jpg
c0343075_23101882.jpg
魚眼でも。
c0343075_23101431.jpg
撮っている間に伸びていた翅が収納されました。
c0343075_23101056.jpg
絶好の機会を逃して残念無念。
細長い蛹から丸い成虫がどうやって出てくるのか見たかったな。
大いに反省して戒めにしたいと思います。

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-09-15 23:18 | 甲虫 | Comments(0)

オオテントウの産卵 Byヒナ

昨日の記事からやっと9月撮影のものになり、ずれが解消されつつあります。

今日は朝方こそ小雨が降っていましたが、たまに陽が差し込む程度の曇り空。
赤トンボの連結飛翔やハナバチは撮れませんでしたが、ヒガンバナとアゲハのコラボはそれなりに撮れたのでまずまずの出来でした。
ヒガンバナは来週まで持ってくれるかな。

本題です。
昨日のネキトンボと同じ日に、今年初めてオオテントウを撮影しました。
8月から何度か現地を確認していたのですが、やっと見つけられました。

居るのが分かれば、すぐに飛んで行ってしまう訳ではないので、証拠写真を撮って一旦現場を離れました。
近くにオミナエシが咲いているので、ルリモンハナバチなど撮影できないかと思ったからです。

証拠写真
c0343075_1882322.jpg

オミナエシの場所で1時間ほど待ちましたが、来てほしい者は現れず。
オオテントウの場所へUターンです。

戻っても1時間前に撮った子は同じ場所に居ました。(同じ個体だと思うのですが)
証拠写真はフラッシュの影が強く出てしまっていたので、久しぶりにLEDライトを使う事に。
LEDライトを左手で持ち、斜め下から当てることにしました。
c0343075_18102635.jpg

露出がオーバー気味だったので、設定を変更してと考えながらふと視線をずらすと・・・

産卵している個体が居ました!
c0343075_18184026.jpg

卵が出てくるところも
c0343075_1819302.jpg

この後数個産み付けて産卵は終了。
テントウムシの産卵シーンを見るのは初めてでテンションは上がるものの、強い風が吹いてピント合わせに苦労しました。
幸いLEDライトを用意していたのでそれもあり、なんとかシャッターチャンスを逃さずに済みました。

この後近くを見渡してみると、竹に産み付けられた卵もありました。
c0343075_18263732.jpg

その後何回か現地を見に行きましたが、成虫の姿はそれっきり見掛けません。
今日は幼虫を1匹発見。
昨年は羽化直後の個体を撮ったので、次は羽化の瞬間を撮れたら最高です~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-09-25 18:34 | 甲虫 | Comments(0)

オオテントウの蛹 Byヒナ

前回記事の続きです。
羽化したオオテントウを見つけ一通り写真に収めると、羽化途中の子が居ないか辺りを隈なく探してみました。

羽化最中は見つけられませんでしたが、もう1頭羽化直後の子を見つけました。
c0343075_22541558.jpg
c0343075_22542790.jpg
c0343075_2254382.jpg

そして、蛹も発見!
右が頭です。
c0343075_22554238.jpg

頭の方から。
c0343075_2256297.jpg

細長い蛹から真ん丸の成虫が出てくるのは不思議です。
c0343075_2257493.jpg

その後も何回か通いましたが姿は見れず。
冬には集団越冬すると思うのですがどうでしょうか。
また通ってみたいと思います。
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-11-12 23:01 | 昆虫 | Comments(0)

羽化したオオテントウ Byヒナ

10月の初旬、8月にオオテントウを見つけた場所を訪れました。
実は9月にその場所に卵が産みつけられていたのを見つけていましたが、そのときは写真を撮れず。

孵化した幼虫が居ないかと再び見に行ったわけです。

そこには幼虫は居ませんでしたが・・・

羽化した成虫を見つけました!

以前の記事と比べると体の色がずいぶん違います。
テントウムシの仲間はみんな、羽化したばかりはこんな色なんでしょうか。

乗っかっているのは抜け殻です。
右が頭方向で、丁度180度回転して休んでいます。
c0343075_2154436.jpg

c0343075_21545321.jpg
c0343075_2155342.jpg
c0343075_21551311.jpg
c0343075_21552238.jpg

いつか蛹から抜け出るところも撮ってみたいです。

次回もオオテントウの記事を予定しています~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-11-10 21:57 | 昆虫 | Comments(2)

オオテントウ 2015 Byヒナ

昨年初めて見たオオテントウを今年も見ることが出来ました。

1cmを越える巨大なこのテントウムシは、ホウライチクという竹に付くアブラムシを食べるらしいです。

いつものフィールドを歩いていて、そういえばここにホウライチクがあるなと気が付きました。
立ち止まり辺りに目をやると・・・

居ました!
1年ぶりの再会です。
c0343075_2117325.jpg

c0343075_21171142.jpg
c0343075_21172053.jpg
c0343075_21173290.jpg
c0343075_21174481.jpg

後日再度訪れると、目の届く範囲で3頭見つかりました。
居場所が分かったのでこれから毎年観察したいと思います。
c0343075_2120256.jpg

次回からやんばるを共にしたKさんとの岡山ヤンマ遠征記が始まります~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-09-21 21:24 | 昆虫 | Comments(2)