仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:22
新しい機材を手にして、対..
by tosanosato_bit at 20:41
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 19:29
銅賞と努力賞おめでとうご..
by Nature_Oyaji at 13:00
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

やんばるのトンボ オオシオカラトンボ Byヒナ

オオシオカラトンボは林道で比較的多く見られました。
この子達も沖縄と本土では違いがあることをKさんに教えていただき、撮らなければという事に。

オスは黒い部分が少なく全体的に青い感じです。
c0343075_21504032.jpg

メスはもっと違いが明確で、胸も腹もより黄色くまるで別種のようです。
何度か挑戦したものの、残念ながら納得のゆく写真を撮れませんでした。
c0343075_21544445.jpg

[PR]

# by nakayoshi_me_hina | 2015-08-17 21:57 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ オキナワコヤマトンボ Byヒナ

オキナワコヤマトンボは遠征前に作った、やんばるで見れるかもしれないリストに入れたものの、難しいだろうなと考えていました。

地元でコヤマトンボを撮るときは川の中流域ですが、やんばるではそのような場所で張る予定が無かったからです。

しかし、思いがけずその時はやってきました。

オニヤンマやオオキイロトンボを撮った林道を、歩きながらレンタカーへ戻る道すがらに止まっていました。
一瞬何か止まっているか分からず、回路がつながった時はKさんとまた大騒ぎ。
成熟一歩前という感じでしょうか。
この時期に若い子が居るんですね~
とても綺麗な個体でした。
c0343075_22473417.jpg
c0343075_22474652.jpg
c0343075_2247583.jpg
c0343075_224889.jpg

初見のトンボはやっぱり止まっている方が嬉しいです~
[PR]

# by nakayoshi_me_hina | 2015-08-16 22:53 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ オオキイロトンボ Byヒナ

オニヤンマを撮影した林道は途中開けた場所があり、尾根沿いに様々なトンボが登ってくるようで、その近辺で待っていると多くのトンボに出会うことが出来ました。

その中で1番嬉しい出会いがオオキイロトンボでした。
空高くこちら向きに飛んでくる個体を見つめ、全体的に黄色味を帯びた翅を確認できたときにオオキイロと分かり戦闘モードに入りました。

意外だったのは、林道の上空で出会えたことです。
私のイメージではオオキイロは止水域のみで見れるものと思っていたので、まだまだ勉強不足でした。

現れた子は林道の上空を一定区間往復飛翔していました。
思いがけず、カラスヤンマのときと同じ撮影スタイルで挑むことになり、空にカメラを向け振ります。
カラスヤンマより速いスピードで飛ぶので難しかったですが、しばらく楽しませてくれました。
c0343075_2311544.jpg
c0343075_231234.jpg
c0343075_2313495.jpg
c0343075_2314474.jpg

シルエット姿も翅が美しいトンボはサマになる気がします~
c0343075_2315568.jpg

[PR]

# by nakayoshi_me_hina | 2015-08-15 23:09 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ オニヤンマ Byヒナ

地元のあちこちで見られるオニヤンマが沖縄では希少種と聞いたのは遠征前のKさんとの打ち合わせでのこと。

特に沖縄本島ではやんばるにしか生息しておらず中々見られないらしいのです。

現地に行ってそれはなんとなく分かりました。
既に紹介したようにカラスヤンマは条件によりけりですが群飛します。
ですがオニヤンマは平野部では黄昏飛翔を含め全く見かけませんでした。
林道に上がりそこで3日間で4頭見ることが出来ましたが、それはとっておきのポイントを教えてもらってたからで、少し外れるとやはり居ませんでした。

1頭目
そんな訳で見つけた時は大騒ぎでした。
c0343075_23145644.jpg

2頭目
ちょっと高かったです。
c0343075_23161199.jpg

3頭目
腹面の黄斑が広がるのが沖縄個体の特徴らしいので、お腹側から撮ろうとしたのですがこれが精一杯でした。
c0343075_23182328.jpg

c0343075_23183362.jpg

遠征後、地元で撮った子
写真では分かりずらいですが、やんばるの子は黄斑の色が濃いように感じました。
c0343075_23205822.jpg

4頭目
メスはワンチャンスだけ、目の前を通り行ってしまいました
なんとかフレームに捉えられたものの産卵弁にジャスピンorz
c0343075_2325457.jpg

やんばるのオニヤンマの産卵シーンを撮るという新たな夢が生まれました~
[PR]

# by nakayoshi_me_hina | 2015-08-14 23:31 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ タイリクショウジョウトンボとハラボソトンボ Byヒナ

ハラボソトンボを見つけ撮ろうと近づいていくとオキナワキノボリトカゲが目に入り・・・
そちらを先に撮ってたら結局ちゃんと撮れずじまいというオチに。
c0343075_21573753.jpg

午後に再度チャンスが巡ってきますが・・・

沖縄のショウジョウトンボはタイリクショウジョウトンボで亜種が違いますよと、同行したKさんから聞いていました。
ならば撮らなければ。

暑い昼下がりに逆立ちしている子を見つけ、タイリクショウジョウの証である背中の黒条を確認できました。
写真では辛うじてわかる程度ですが(^_^;)
c0343075_2252732.jpg


タイリクショウジョウのすぐ近くにハラボソも居ました。
2頭をフレームに入れて撮っているとハラボソが先に飛んで行ってしまいました。
c0343075_2283246.jpg

結局これがハラボソの最後の撮影でした。
朝といい昼といい二兎を追う物一兎もえず的な結果となりました~
[PR]

# by nakayoshi_me_hina | 2015-08-13 22:15 | トンボ | Comments(0)