仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 21:22
新しい機材を手にして、対..
by tosanosato_bit at 20:41
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 19:29
銅賞と努力賞おめでとうご..
by Nature_Oyaji at 13:00
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


越冬するアカタテハ byヒナ

アオタテハモドキのフィールドにお目当ては居ませんでしたが、地元名物の文旦に止まるアカタテハを発見。
c0343075_22211349.jpg
この後飛んでしまい、目で追うと杉の防風林に止まりました。
近くまで行ってみましたが、姿は無し。
飛んでいないはずなのに不思議だと思いつつ、辺りを見渡すと・・・

防風林の中に上手に入り込んで休んでいました。
まだ越冬するには早いと思いますが、この日は曇天で肌寒かったので、真冬もこんな風にして休んでいるのかもしれません。
ここなら雨風をかなりやり過ごせそうです。
c0343075_22204497.jpg
記事を書いていて、防風林の全体像を撮っていない事に後悔。
それでも貴重なシーンを見ることができて良かったです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-30 22:30 | | Comments(0)

ナベヅル初見 Byヒナ

トンボフォトコンテストの作品を見た後はトンボ公園内を散策。
マイコアカネを見たかったのですが、生憎の曇り空で叶わず。

昨年大量発生したアオタテハモドキのフィールドに今年はどうかと確認に行きましたが、これも空振り。
しかし、この日は嬉しい初めての出会いがありました。

車を走らせながら河川敷を望むと、3羽のナベヅルが二番穂をついばんでいました。
アオタテハモドキのフィールドから戻ってきたときには、1羽居なくなっていましたが、初見初撮りを達成。

ツルを見るのは初めてでしたが、やはり大きかったです。
最初はカラスが居るのかと・・・

驚かさないように離れた車の中から撮影しましたが、それでもまずまずの大きさに撮れています。
曇り空でコントラストが低下したことが残念でした。
c0343075_21265399.jpg
c0343075_21264835.jpg
c0343075_21264381.jpg
c0343075_21263821.jpg
四万十には少ないながらも毎年ナベヅルがやってきているようです。
ナベヅルやマナヅルの越冬地分散プロジェクトも動いているようなので、温かく見守って欲しいと思います。

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-29 21:41 | 野鳥 | Comments(0)

第31回全日本トンボフォトコンテスト Byヒナ

今年も全日本トンボフォトコンテストに参加しました。
ということで、入賞作品を見るためにトンボ公園へ。

結果は銅賞と努力賞2点で昨年と全く同じ。
コンスタントと言えば聞こえが良いですが、進歩が無いとも言えます。

上位入賞作品を拝見しての感想は昨年の記事に書いたのと同じで、私の作品に足りないものは分かっています。
分かっていても撮れるかといえばそれは別の話で、やはり金賞や銀賞の作品レベルに達するのは遠い気がしました。

一応、自分の作品の自己評価を。

銅賞 「秋晴れ連結飛翔」
一昨年は沖縄で、昨年は奄美で撮ったものが入賞でしたが、これは愛媛で。
地元作品での入賞を目標にしているので、ちょっと近づいたかも(^.^)
空が綺麗でした。
c0343075_20272102.jpg
努力賞「パステル&ワインレッド」
取柄は色合いだけです。
c0343075_20271643.jpg
努力賞「湿地で見張る」
これは構図が取り柄です。
c0343075_20271124.jpg
今のところ来年出せそうなストックは無し。
また来年頑張らなきゃという事です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-28 20:40 | トンボ | Comments(2)

カワセミのホバその2 Byヒナ

前回記事の続きです。

一旦飛び去ったカワセミですが、5~6分後に再び前回と同じように飛んできて、その場でホバ。
ただ今回は飛び込みました。

なんとか追えましたが・・・
c0343075_22213550.jpg
c0343075_22213095.jpg
c0343075_22212503.jpg
c0343075_22212075.jpg
c0343075_22211642.jpg
残念ながら、飛び込む瞬間は撮れず。
こういうシーンは5コマ/秒の連写では厳しいです。
10コマとは言わずとも7~8コマ欲しい所。
c0343075_22211341.jpg
この後ホバリングの披露はもうありませんでした。
また撮りたいですが、カワセミはいつ来て、いつホバるか分からないんですよね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-26 22:29 | 野鳥 | Comments(0)

カワセミのホバその1 Byヒナ

オオキトンボとキトンボを撮った翌日も同じフィールドへ。
翌日は前日に比べて3℃ほど最低気温が下がり、10℃未満。

残念ながら前日ほどの活発な活動は見られず、待ち時間が長かったのですが、そこにカワセミが飛来。
何度かやってきてはホバリングを披露してくれました。

ホバ1回目。
飛んできてそのまま急ブレーキしてホバリング開始。
このようなホバのパターンは初めて見ました。
c0343075_22302699.jpg
c0343075_22302209.jpg
ホバリながら少し上昇。
c0343075_22301511.jpg
c0343075_22301134.jpg
c0343075_22300815.jpg
獲物が見つからなかったためか、水平飛行に移行し、この後弾丸のように飛んでいきました。
c0343075_22300346.jpg
距離が遠かったのが残念ですが、遠かった分連写で捉えられたのかもしれません~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-25 22:40 | 野鳥 | Comments(0)

キトンボの異種連結 Byヒナ

オオキトンボは絶滅危惧ⅠB類で希少種なのは言うまでもありませんが、私にとってはキトンボも余り見られるトンボではありません。
という訳で、先週はキトンボも頑張って撮りました。

オスのテリ張り。
c0343075_22120816.jpg
c0343075_22115945.jpg
同じような構図でオオキトンボとキトンボの飛翔を撮れたので比較。
色も違いますが、オオキトンボの腹部が長く、まさにオオキであることが分かりました。
c0343075_22120456.jpg
c0343075_20351775.jpg
そしてこの日2度目の異種連結を目撃。
今度はキトンボ♂とネキトンボ♀の組み合わせでした。
c0343075_22115342.jpg
c0343075_22114904.jpg
このネキ♀は激しく嫌がって、飛びながら暴れていました。
もちろん交尾は不成立。
この組み合わせの雑種は居るらしいので、交尾が成立することもあるようですが、そう簡単ではなさそうでした~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-17 22:25 | トンボ | Comments(0)

オオキトンボの交尾と異種連結 Byヒナ

前回の続きです。

オオキトンボのオスは岸辺の近くでテリを張りつつ、たまに岸辺近くをホバリングを交えながら飛びます。
これはテリ張り中。
c0343075_21260602.jpg
テリ張り個体を撮っていると、目の前を交尾体のオオキトンボが。
交尾は水辺より少し離れた草などで行うので、飛んで行った方向へ駆けあがって探しました。
何とか発見、でも場所が今一つ。
c0343075_21260124.jpg
ちょっと移動しましたが、今度は枯草の上。
それでも去年は撮れなかったので、贅沢言ってはいけませんね。
c0343075_21255892.jpg
この後初見のネキトンボ♂とオオキトンボ♀の異種連結が現れました。
我々の近くを飛び交いますが、飛翔は中々撮れません。
唯一撮れたのがこちら。

杉村さんはばっちり撮れていました。
これが腕の違いです。
c0343075_21255175.jpg
結局交尾体にはならず、飛び疲れたのか草の上で休憩。
c0343075_21254310.jpg
c0343075_21253998.jpg
ネキトンボのメスとは随分見た目が違うと思いますが、このオスは確信犯なのでしょうか~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-14 21:44 | トンボ | Comments(0)

オオキトンボの産卵 Byヒナ

11月はアサギマダラを出来る限り撮って、その後オオキトンボを撮るというのが毎年のルーティーン。

という訳で、先週末はオオキトンボ撮影へ。
現地には10時前に着きましたが、もう既に産卵が行われていました。
この日は暖かったので、活動が早かったのかもしれません。

メスの単独産卵。
c0343075_20361678.jpg
c0343075_20361347.jpg
連結産卵。
これは逆光でした。
c0343075_21134316.jpg
しばらく産卵を撮った後、交尾体を探しに池から上がってくると見覚えのある車が。
トンボ王国の杉村さんでした。

9月にオオルリボシヤンマの池でもお会いしましたが、ここでも連絡無しで偶然の出会い。
これが吉報だったのか、この日は珍しい光景をいくつか目撃しました。
それはこの後の記事で。

縄張り飛翔するオス。
c0343075_20351775.jpg
唯一まともに捉えられた連結飛翔。
c0343075_20351292.jpg
連結産卵後の単独産卵警護。
c0343075_20345979.jpg
広角で産卵を狙いたかったのですが、ちょっと難しかったので全て望遠での撮影でした。
望遠でのピント合わせをもっと上手くならないとね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-13 20:49 | トンボ | Comments(0)

アサギマダラ撮影のあれこれ Byヒナ

今回はアサギマダラ撮影の際のトピックスをまとめて紹介。

オオカマキリとニアミス。
撮影時には気が付きませんでしたが、オオカマキリとニアミスしてました。
前日アサギマダラが捕らえられているところを見ましたが、この子はセーフ。
c0343075_14522489.jpg
無事通り過ぎました。
オオカマキリの居る所に止まっていたらアウトだったでしょう。
c0343075_14522023.jpg
アサギマダラの合間に、サツマシジミの飛翔撮りにチャレンジ。
1枚だけ撮れました。
これは完全にまぐれです(^^;)
久し振りに翅表を見れて嬉しかった。
c0343075_14521683.jpg
テングチョウが3頭吸蜜していると思ったら、1頭はイカリモンガでした。
春にもテングチョウとイカリモンガが桜で吸蜜している場面に出くわしました。
似たもの同士、仲が良いのでしょうか。
イカリモンガがフジバカマに来たのを見たのは初めて。
c0343075_14521244.jpg
c0343075_14520887.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-12 15:03 | | Comments(0)

アキアカネの群飛 Byヒナ

アサギマダラを撮った帰り、池の上空ではアキアカネが群飛していました。
20~30頭前後だったと思いますが、大人になってからこれほどの数を見たのは初めて。
子供の頃は当たり前の光景だったので、またいつでも見られるようになってほしいです。

点にしか見えませんが、15頭ほど写っています。
c0343075_16544544.jpg
c0343075_16544170.jpg
テリ張り中のオスも。
c0343075_16543732.jpg
そういえば、今年はまだ産卵シーンを撮っていません。
まだチャンスはあるかな~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-11 16:56 | トンボ | Comments(0)