仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ヒヨドリバナとサツマシジミ Byヒナ

ヒヨドリバナシリーズの最後はサツマシジミです。

ヒヨドリバナやフジバカマはシジミチョウも多く集まります。
この日はサツマシジミだけでしたが、別の日にはウラナミシジミやヤクシマルリシジミ、ムラサキシジミやムラサキツバメなどを見掛けました。

開翅を見たいのですが、吸蜜中は開きません。
c0343075_22370328.jpg
サツマは半逆光で翅が透けて見えるように撮るのが好きです。
c0343075_22365871.jpg
c0343075_22365343.jpg
越冬する蝶以外を見られるのはあと少し。
出来る限り会っておこうと思います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-30 22:41 | | Comments(0)

ヒヨドリバナとキタテハとテングチョウ Byヒナ

前回の続きです。

ヒヨドリバナやフジバカマは多くのタテハチョウを集めます。
一番多いのはアサギマダラですが、次に多く見掛けるのが前回記事のイシガケチョウ。
他にはアカタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、テングチョウなどです。

その中でこの日はキタテハとテングチョウが来ていました。

まずはキタテハ。
c0343075_19214262.jpg
c0343075_19213824.jpg
c0343075_19213516.jpg
テングチョウは翅を開いたところを見れませんでした。
c0343075_19213192.jpg
タテハチョウの仲間に翅がギザギザの種が多いのは何故なんでしょうね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-29 19:25 | | Comments(0)

ヒヨドリバナとアサギマダラとイシガケチョウ Byヒナ

アカギカメムシを十分撮り、再びアサギマダラを撮ろうとしましたが、気温が上がってしまいすぐに居なくなってしまいました。
飛翔写真を撮れたのはこの1枚だけ。
c0343075_22190741.jpg
この後はヒヨドリバナに集う様々な蝶を撮りました。
まずはイシガケチョウ。
c0343075_22190267.jpg
c0343075_22185903.jpg
c0343075_22185591.jpg
この子はメスかな。
c0343075_22185011.jpg
アサギマダラは多く撮れませんでしたが、久しぶりに多くの蝶を撮れて充実した1日でした。
このシリーズはあと2回続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-28 22:26 | Comments(0)

アカギカメムシ初見 Byヒナ

ここしばらく悪天候が続いたので、最後に撮影したのは10月9日で17日前。
梅雨時期以外でこれほどフィールドへ出なかったのは記憶がありません。

今週末は再び台風接近の恐れありなので、今日は休みを取って久しぶりにフィールドへ。
雲一つない快晴で絶好の日和でした。
その記事は少し後で。

今日は10月9日に出会ったアカギカメムシの記事です。
この日はまだ暑く、アサギマダラが平野部に現れるには時期尚早。
ということで山間部へ探しに行きました。

行った先はヒヨドリバナが咲いていて、アサギマダラは2頭来ていました。
本格的な到来前のウォーミングアップにと数枚撮影したところで、別の昆虫に釘付け。

近くの草の上でアカギカメムシが歩いていたのです。
以前図鑑で見て、南西諸島に生息しているといううっすらとした記憶が。
背中の模様が人面に見えるというのも、何かで見たような気もします。
なにはともあれ撮影開始。

口吻の手入れ中。
c0343075_22053795.jpg
飛ぶ瞬間。
c0343075_22054190.jpg
背中側も美しいですが、アカギカメムシはお腹側がメタリックに輝いて綺麗です。
これらの写真ではあまり分かりませんが・・・
c0343075_22053308.jpg
c0343075_22052938.jpg
日陰で撮影すると蛍光色に輝いていました。
c0343075_22052404.jpg
撮影が一段落した後、スマホで色々と検索。
アカギカメムシは、高知では室戸岬や足摺岬などで繁殖している。
レッドリストでは分布上高知県が重要な生育地になっている種に指定。
食草はアカメガシワ。

食草が分かったのでアカメガシワはどこだろうと探してみると、最初に見つけた場所のすぐ近くに立っていました。
もちろん葉のあちこちに他の個体も居て、ここでも繁殖しているような印象でした。
定着しているのか、定期的に観察していこうと思います。
c0343075_22051394.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-26 22:42 | 昆虫 | Comments(0)

手乗りウラギンシジミ Byヒナ

9月下旬、彼岸花に集うアゲハを撮りに行った際、ウラギンシジミが手乗り状態に。
最初はジーンズに口吻を伸ばします。
c0343075_21284989.jpg
舐めがいが無かったのか、指に移動。
ここは気に入ったようで中々離れません。
c0343075_21285632.jpg
これだけならありがちな事ですが、翌日同じフィールドに向かうと・・・
またウラギンシジミがやってきました。
良く見ると翅の破れ具合から昨日の子と同じだと分かりました。
c0343075_21293455.jpg
これだけ懐かれると情が移ります。
家に帰ってくると愛犬が熱烈歓迎してくれるような。
それは言い過ぎとしても、戻ってくるのを待っててくれたような錯覚に陥りました。

もうこの状態ではシャッターを押せないので、被写体はこの子にチェンジ。
ここまで全てスマホで撮影。
こういう時スマホは便利です。
左手で撮影しましたが、なんとか撮れています。
c0343075_21294562.jpg
更に後日、今度は別の個体を撮りました。
鱗粉が厚く綺麗な個体でしたが、翅は開いてくれませんでした。
c0343075_21452550.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-24 21:48 | | Comments(2)

ジョウロウホトトギス2017 Byヒナ

秋の長雨が続いてうんざりしているのに、更に台風も接近中。
今秋は天気に恵まれない日が多いです。

このままではアサギマダラを撮る機会を失ってしまいそうなので、来週は晴れることを祈ります。

本題です。
毎年アサギマダラの到着と、ジョウロウホトトギスが咲く時期は同じ頃。
今年はジョウロウホトトギスの方が少し早く、また花の付き具合も例年より多い感じでした。

ジョウロウホトトギスは名前の通りとても上品で美しく、被写体として強い魅力があります。

今回、しばらくフィールドへ持ち出していなかったZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮ってみました。
E-M1mkⅡに装着するとちょっと大きく感じますが、シャープな写りは健在。
少し暗い場所でフラッシュを使わず撮るのに、強力な手振れ補正が心強かったです。

広角端で。
c0343075_22490655.jpg
23mm付近で。
c0343075_22492337.jpg
縦構図の23mm付近で。
c0343075_22492865.jpg
魚眼に変えて。
c0343075_22493308.jpg
マクロで。
c0343075_22493746.jpg
お約束の下から。
c0343075_22494135.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-20 23:10 | 花・植物 | Comments(0)

ツツドリ初見かな Byヒナ

薄暗い林縁で鳩大の野鳥が飛んでくるのを見掛けました。
遠くて良く分からなかったので、少し近寄ってみましたが、幸い飛ばれる事は無く。

1枚しか撮れませんでしたが、ツツドリでしょうか。
カッコウやホトトギスなどとよく似ていますが、どの鳥も未見なので同定が難しいです。
c0343075_22262369.jpg
夏鳥はそろそろ渡っていく時期でしょうか。
昆虫撮影は冬になると寂しくなりますが、野鳥は行く者も居れば来る者も居るので、そういう思いになりにくい事が良いです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-19 22:32 | 野鳥 | Comments(0)

ヤマガラの水浴び Byヒナ

昨日の記事のホオズキを撮っている途中でヤマガラが現れたので、被写体は一旦そちらに変更。

近くの枝に止まったのでカメラを向けると、下に降りてしまいました。
降りた場所は水が張ってあり、水浴びに来たようです。

この時構えていたのはE-M1mkⅡ。
本当はD800とAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで撮りたかったのですが、カメラチェンジの余裕は無し。
そのままE-M1mkⅡとMZD 40-150mm F2.8 PROで撮影。

久し振りの水浴び撮影です。
以前はミーと大騒ぎしながら撮っていたことが懐かしい。
c0343075_21161478.jpg
c0343075_21160950.jpg
c0343075_21160634.jpg
こういうシーンは動画で撮る方が良い気がしますが、撮影中動画のことは微塵もよぎらないんですよね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-17 21:27 | 野鳥 | Comments(0)

ホオズキ初撮り Byヒナ

先週いつものフィールドを歩いていると、ホオズキの実がなっていることに気が付きました。
子供の頃には珍しいものではありませんでしたが、大人になってみるのは久しい。
ましてフィールドで見るのは初めてでした。

ホオズキのイメージは、赤い袋を破ると実が出てくるものでしたが、袋の部分は網状になるんですね。
c0343075_21391334.jpg
c0343075_21390934.jpg
c0343075_21390583.jpg
梅雨のように雨模様が続きます。
アサギマダラが来ているので、1日も早く天気が回復しますように~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-16 21:44 | 花・植物 | Comments(0)

ダンギクとキマダラセセリとウラナミシジミ Byヒナ

昨日の記事のアオスジハナバチを撮っていると、キマダラセセリがやってきたのでモデルチェンジ。
今秋初めての撮影でした。
c0343075_20521995.jpg
c0343075_20521523.jpg
c0343075_20521217.jpg
ウラナミシジミも来ました。
c0343075_20520761.jpg
c0343075_20520372.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-14 20:56 | | Comments(0)