仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


岡山遠征 ウチワヤンマのメス Byヒナ

今日は6月の休日出勤の代休。
土曜は岡山遠征、昨日は地元でヤンマの黄昏飛翔撮影だったので今日はどうしたものか。
3連休の最終日なので、近場のフィールドで軽く撮影することにしました。

本日の成果は岡山遠征シリーズが終わった後で。

本題です。
ハネビロエゾトンボを撮った近くで、ウチワヤンマのメスがとまっていました。
ヤンマのぶら下がり目当てでこちらに来ていますが、ウチワヤンマは地元であまり見れないトンボなのでこうした出会いは嬉しいです。

特にメスはあまり撮ったことがありませんでした。

旧サンヨンだと、ちょっと遠かった。
c0343075_16511891.jpg
AF-S NIKKOR 200-500mmに換装して。
c0343075_16511511.jpg
メスは体の黄色が鮮やかで美しいです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-31 16:56 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ミルンヤンマのオス Byヒナ

昨日の記事でも書きましたが、岡山のこの地で一番多く見られるのはミルンヤンマ。
と言っても地元ではトンボ王国内以外で見た事は無いヤンマです。
今回はオスの紹介。

最初に見つけたのはこの子。
時間は10時過ぎでした。
ミルンは早い時間帯からぶら下がっています。
c0343075_23065711.jpg
この子はいつもの低い位置に居ました。
多い時には何頭も近くに居る時があります。
低い位置でぶら下がるのもミルンの特徴ですね。
c0343075_23064920.jpg
c0343075_23065367.jpg
この子は他のヤンマと同じく高い木の枝で。
c0343075_23064666.jpg
この子は半成熟で、複眼の色が出ていませんでした。
c0343075_23064216.jpg
ミルンはどうしてもメスの優先順位が高まります。
そのメスの記事も後ほど~


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-30 23:17 | トンボ | Comments(0)

岡山遠征 ハネビロエゾトンボのメス未熟 Byヒナ

今日は友人のKさんと岡山に遠征してきました。

例年は8月上旬に行っていますが、今回は少し前倒しで行くことに。
安定した晴天が続かないとヤンマのぶら下がりは見ずらいですが、今夏は今のところ夕立が多く天候が不安定です。

さて今回の遠征はどうなることか。
期待と不安が入り交じり出発です。

目的地近くまで車を走らせるとオニヤンマが周回しながらお出迎え。
これはいつもの景色で少し安心。
その後すぐヤンマがポイント方向へ飛んでいくのが見えました。

ミルンヤンマです。

ここはヤンマの中でミルンが最も多いのですが、これも早々に見れてさらに安心。
一通り撮って一番のポイントへ。

ポイントに入る手前では、ウスバキトンボの群れが摂食飛翔をしていました。
私は気が付きませんでしたが、Kさんがその中に1頭違う種が混じっていることを確認。

飛んでる姿からどうやらエゾトンボの仲間の様。

しばらくしてめでたく同定。
ハネビロエゾトンボのメス未熟でした。

エゾトンボの仲間の未熟を見るのは初めてで、中でもあまり見れないハネビロエゾトンボとは幸先良いスタートに。
未熟の複眼の上部はあずき色でした。
c0343075_21200835.jpg
c0343075_21200460.jpg
c0343075_21200077.jpg
手を精一杯伸ばせば、ぎりぎり届く位置だったので、広角ライブビューで撮影。
露出が高すぎでダメでした(-_-)
c0343075_21195690.jpg
c0343075_21195212.jpg
しばらく遠征記が続きます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-29 21:24 | トンボ | Comments(0)

ミソハギとウラナミシジミ Byヒナ

どちらかと言えば、秋に姿をよく見かけるウラナミシジミ。
今回ミソハギへ吸蜜に来ていました。

ミソハギには沢山のアオスジハナバチが来ていましたが、猛スピードで反復する飛び方に、熱中症手前の私では手も足も出ませんでした。
ミソハギでは昨年キアゲハを撮っているし、多くの昆虫に好まれている花です。
c0343075_20161801.jpg
c0343075_20161438.jpg
c0343075_20161073.jpg
c0343075_20160545.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-27 20:18 | | Comments(0)

タキユリとジャコウアゲハとアゲハモドキ Byヒナ

7月上旬から合計5回オオムラサキを探しに行きましたが、一度も会えず。
現地は今までと変わらず、クヌギは樹液を出していますが、オオムラサキの姿だけありません。

何が起こっているのか分かりませんが、今年はもう出会う可能性は少なくなりました。
今年がたまたま出会えなかっただけで、来年は今までと変わらず姿を見せてくれることを願ってやみません。

本題です。
少々傷心で別のフィールドへ。
そこでは少し気持ちの晴れる出会いがありました。

3つ前の記事でタキユリにアゲハが来れば良いのにと書きましたが、来ました!
ジャコウアゲハがふわふわと飛んできて、しばしタキユリで吸蜜。
随分老熟した子でしたが、後翅は花粉で茶色に染まるほどでした。
私が見たのはひとときでしたが、頻繁にタキユリで吸蜜しているのかもしれません。

タキユリはとても美しいので、いつか満足のいくアゲハとのコラボを撮りたいです。
c0343075_22153719.jpg
その後ジャコウアゲハに擬態しているというアゲハモドキに出会いました。
アゲハモドキは昨年初めて撮りましたが、この時もジャコウアゲハを撮っています。
擬態が効いているということでしょうか。

残念ながらどうやってもこの構図でしか撮れず、ちょっと飛んで移動してくれたらと思いましたが、飛んだが最後遠くに行ってしまいました。
c0343075_22154531.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-25 22:24 | | Comments(0)

ヒオウギに集うアゲハ達 Byヒナ

7月中旬に一度だけヒオウギでキアゲハを撮りましたが、今回はキアゲハを始め他のアゲハを撮ることもできました。
ヒオウギでこれだけ撮れたのは初めてだったので満足。

最初はキアゲハ。
c0343075_22234705.jpg
c0343075_22234369.jpg
次にモンキアゲハ。
c0343075_22233872.jpg
c0343075_22233316.jpg
最後にナミアゲハ。
c0343075_22232874.jpg
c0343075_22232346.jpg
次のアゲハ祭りは彼岸花かな~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-24 22:26 | | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます Byヒナ

今年はとても暑くなりそうです。
いや既に暑いですが(^^;)

皆様、ご自愛ください。
c0343075_19063909.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-23 19:09 | トンボ | Comments(0)

オニユリとナガサキアゲハのオス Byヒナ

夏に撮りたいアゲハと花のコラボは、オニユリとのもの。
大柄なユリで吸蜜するアゲハはとても見栄えがすると思います。

色々なユリで吸蜜してくれれば楽しみもその分増えますが、オニユリ以外ではアゲハをあまり見かけません。
そういえば随分前に、タキユリでリュウキュウオオスカシバが吸蜜してました。
タキユリにアゲハが来れば良いのにと思いますが、そうは上手く行かないようです。

という訳で、オニユリで吸蜜するナガサキアゲハを撮影。
昨年は撮りそびれたので、今年はなんとかしたいと思っていました。

炎天下で待つのはかなりきつく、少し離れた日陰から様子を伺ったのですが、これではシャッターチャンスをうまく捉えられないですね。
c0343075_21410303.jpg
c0343075_21405924.jpg
c0343075_21405509.jpg
これがベストショットでした。
c0343075_21405121.jpg
もう散ってしまったかな。
明日ダメ元で見てこよう~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-22 21:44 | | Comments(0)

カンナとモンキアゲハ Byヒナ

夏型のモンキアゲハは特に大きく、アゲハの中でも最大級で見ごたえがあります。
カンナは熱帯性の植物で、同じく南方系のモンキアゲハやナガサキアゲハが吸蜜によく来るのは偶然でしょうか。
と言っても、同じく南方系のアオスジアゲハはやってこなさそうので、南方系で括ってしまうのは間違いですね(^^;)

今回咲き始めのカンナに、モンキアゲハがあちこち渡りながら吸蜜していました。
c0343075_22384456.jpg
c0343075_22384038.jpg
c0343075_22383640.jpg
c0343075_22383242.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-21 22:46 | | Comments(0)

アオモンイトトンボの交尾 Byヒナ

昨日高知は梅雨明けしました。
昨年より1日遅かったらしいですが、今年は後半あまり降らなかったのであっけなく終わった感じです。
今年は猛暑の予報なので、水不足にならないか少し心配。
ヤンマのぶら下がりを沢山見られるかもしれないのは期待ができます。

本題です。
炎天下に池の周りを歩いていて、睡蓮の花でアオモンイトトンボの交尾を見つけました。
とても暑かったので、別の場所ならスルーでしたがこの構図なら撮りたくなります。
c0343075_22215510.jpg
c0343075_22215222.jpg
c0343075_22214978.jpg
c0343075_22214554.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-20 22:25 | トンボ | Comments(0)