仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
こんにちは~ 今春の黒..
by tosanosato_bit at 17:08
追伸 私のホームのキン..
by nakayoshi_me_hina at 18:47
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 18:41
今年は春先数日間、寒の戻..
by Nature_Oyaji at 12:44
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 19:49
そうそう 一つ書き忘れて..
by 古庵 at 23:32
古庵さん、おはようござい..
by nakayoshi_me_hina at 08:28
Oh- サンコウチョウで..
by 古庵 at 22:40
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


黄色のホトトギスたち Byヒナ

アサギマダラがやってくるのと同時期にジョウロウホトトギスが咲きます。
牧野植物園で見るのが毎年の恒例行事ですが、今年はそこに新顔が。

ジョウロウホトトギス
c0343075_21291432.jpg

c0343075_21313288.jpg

こちらが新顔のキイジョウロウホトトギス
ジョウロウホトトギスと比べて、葉が細長いです。
c0343075_21333498.jpg

花の違いは開き具合が大きいのと、花弁裏側のエンジ色の斑点が先の方には無い事です。
c0343075_2136448.jpg

最後はキバナノツキヌキホトトギス
九州のとある山にしか生息しないという激レア種らしいです。
c0343075_21382214.jpg

左右にはホトトギスも
c0343075_21385298.jpg

黄色のホトトギスと言えば、今年はチャボホトトギスを見に行けず。
今年はその時期台風が多かったので~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-31 21:44 | 花・植物 | Comments(0)

ベニトンボ2016 Byヒナ

ベニトンボは南方のトンボですが、意外と地元では真夏に見掛けません。

8月下旬に林縁で逆立ちしていたオスはまだ未熟でした。
体がまだオレンジ色をしていますね。
9月頃から成熟し池に来ているようです。
c0343075_2073937.jpg

ちょうど今頃の時期に交尾、産卵をしているはずですが、アサギマダラで忙しいのでこちらはそっちのけ(苦笑)
昨日アサギマダラ撮影の帰りにちょっと寄って久しぶりに撮ってきました。
オス
c0343075_20101852.jpg

c0343075_20105527.jpg
c0343075_2011693.jpg

メス
c0343075_20112626.jpg

メスを望遠で撮るのを忘れてた・・・
これは宿題~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-30 20:15 | トンボ | Comments(0)

フジバカマに集う蝶たち その2 Byヒナ

今日は2回記事の投稿に失敗。
1回目は半分位書いたところでページがフリーズ。
2回目は書き終えてプレビューしたところでフリーズ。

さすがに嫌になって日本シリーズの行方を見守っていましたが、気を取り直して最後の挑戦を。
この記事がアップされていれば3度目の正直という事になります(苦笑)

長い文を書くのは止めて簡単に。
アサギマダラは10月15日に100頭前後、24日に40頭前後、そして今日は10頭前後と随分少なくなってきました。
明日が最後の撮影になりそうです。

アサギマダラが少なくなってきたので、フジバカマにやってくる他の蝶を撮る機会が増えました。

イシガケチョウ
広角で
c0343075_23265821.jpg

望遠、逆光で
c0343075_23272565.jpg

アカタテハ
広角で狙いましたが、どうしてもあと一歩寄れず結局望遠で
c0343075_23284519.jpg

ムラサキシジミ
花に訪れるのは珍しいと思ったら吸蜜はしていませんでした。
c0343075_23307100.jpg

テングチョウ
この後越冬かな
c0343075_23303930.jpg

番外編
コノシメトンボのメス
このシチュエーションも珍しい。
c0343075_2331263.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-29 23:32 | | Comments(0)

フジバカマに集う蝶たち Byヒナ

アサギマダラの合間にフジバカマに訪れる他の蝶も撮りました。

クロマダラソテツシジミ
沖縄や奄美では最も多く見掛けた蝶ですが、地元で見るのは3年振りかな。
今年は台風が多かったので風に乗ってやって来たのかも。
c0343075_2151713.jpg

サツマシジミ
サツマは10月に多く見掛けます。
寒くなってくる11月にムラサキシジミやムラサキツバメと一緒に見掛ける事も多いです。
c0343075_21525149.jpg

キタテハ
翅のデザインがカッコ良くてお気に入り。
c0343075_21563831.jpg

広角でも
c0343075_21572010.jpg

一応アサギマダラも
c0343075_21574231.jpg

番外編
ツマグロヒョウモンの求愛
SSは1/1600ですが、かなりぶれていますね。
c0343075_21585484.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-28 22:03 | | Comments(0)

アサギマダラ マーキング個体 Byヒナ

先々週末のアサギマダラ撮影ではマーキングされた個体も複数見られました。
その中の2頭はマーキング情報をはっきり読み取れたのでアップします。

1頭目 HHI OGU241 8・14
この子は長野県上高井郡高山村小串でマーキングされたようです。
長野から遥々やって来たのに関わらず、意外にも翅が綺麗で驚きました。
c0343075_21533171.jpg

2頭目 AKB 10/13 NK123
AKBと言ってもアイドルグループではありません(笑)
地元高知の秋葉山でマーキングされた個体のようです。
c0343075_21565231.jpg

c0343075_2157345.jpg
c0343075_21571587.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-24 21:59 | | Comments(0)

複数のアサギマダラ Byヒナ

今年のアサギマダラシーズンを前に、撮りたいイメージを考えました。
青空とアサギマダラとフジバカマの構図があればそれだけで十分満足ですが、向上心が必要だと思うし、何と言っても欲張りなのです(^_^;)

という訳で、複数のアサギマダラの飛翔写真が今年の目標です。
理想的なのはメインの被写体が中央で翅を広げていて、その周りに何頭かが飛んでいる物。

と言っても単独の飛翔すら歩留りが悪いのですから、上記のようなものは狙っても私の腕では無理なので、運次第になりますが・・・
先日撮れたものも、まだ道の半ばでこんな感じ。

これが1番目標に近いイメージ。
中央の子が飛んでいれば・・・
c0343075_2185523.jpg

これは目標とは違いますが、下から左上への連続写真みたいでお気に入りです。
c0343075_21102641.jpg

後ろの子が飛んでいれば・・・
c0343075_2111646.jpg

両方とも飛んでいますが、構図が・・・
c0343075_21115836.jpg

構図は悪くないですが・・・
c0343075_2114634.jpg

番外編
他の蝶とのコラボも偶然撮れました。
チャバネセセリと
c0343075_2118143.jpg

ツマグロヒョウモンと
c0343075_21184797.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-22 21:20 | | Comments(0)

青空とアサギマダラ Byヒナ

先々週は1頭もアサギマダラを見ませんでしたが、先週は中頃から気温が下がってアサギマダラ日和が続きました。

さらに土曜日は快晴、これなら来てるかもとフィールドに向かうと、100頭以上のアサギマダラがお迎え。
これほどの群れを見るのは初めてで、一時現実なのかと疑う程でした。

という訳で、筋肉痛になるほど撮ってきました。
青空バックのアサギマダラの飛翔を撮る事が、私のライフワークの一部なので、とても幸せな1日でした。
c0343075_21143032.jpg

c0343075_21144911.jpg

c0343075_21152100.jpg

c0343075_21151475.jpg

c0343075_21152783.jpg

これは飛行雲が写っていてお気に入りです。
c0343075_21153910.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-21 21:17 | | Comments(2)

愛媛遠征 ナニワトンボ初見 Byヒナ

愛媛遠征最後は今回の本命ナニワトンボです。

ナニワトンボは図鑑などで見ると奄美で見たヒメトンボに似ています。
ヒメトンボも実際に見た方が綺麗だと思ったので、ナニワも初見を楽しみにしていました。

それほど数は多くありませんでしたが、オスは何度か撮影機会を得られました。
やはりヒメトンボ同様複眼の色が綺麗です。
c0343075_2155158.jpg

c0343075_21551471.jpg

逆光でも
c0343075_21574499.jpg

正面から
c0343075_21581071.jpg

メスには中々出会えませんでしたが、単独産卵を目撃!
ピントが甘いな~
c0343075_21593715.jpg

産卵終了
c0343075_220622.jpg

同行したKさん、Hさんは離れた場所で連結産卵を撮ったようですが、私は機会がありませんでした。
また来年の宿題です~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-20 22:03 | トンボ | Comments(2)

愛媛遠征 アオイトトンボの産卵と交尾 Byヒナ

昨日に続き、愛媛遠征シリーズです。

オオキトンボの池に着いて風の強さに驚いていた頃、近くの草むらでアオイトトンボを見つけました。
アオイトは珍しい種ではありませんが、地元で見るのは難しくなっています。

私は3年前にメスを撮れたきりで、オスは未だ撮影できていません。

ということで撮ろうとしましたが、少しずつ移動するのを追っているうちに見失ってしまいました。
風下にいけば見つけられるかもと探してみましたがやはり居ません。

そうこうしているうちにオオキトンボのホバが始まり、昨日の記事につながります。

オオキの撮影が終わると、アオイトに後ろ髪を引かれつつ、本命のナニワトンボ池へ移動しました。

するとすぐにオスを発見!
記念すべき初撮影になりましたが、ラピズラズリのように綺麗な複眼の写りがイマイチ。
c0343075_21254671.jpg

次に足元の草が茂っている場所で連結産卵を発見。
フラッシュを装備してなかったのでこれも複眼の表現が・・・
c0343075_21294980.jpg

フラッシュを取りに戻ろうとするとKさんが何かを撮影しています。
アオイトの交尾です!
急いでフラッシュを取ってきてKさんに場所を譲ってもらい、やっとオスの美しい複眼を撮ることが出来ました。
遠征で撮れると思っていない物が撮れると得した気分になります。
これは嬉しい~
c0343075_21341374.jpg

魚眼でも撮ってみましたが、また風が強くなり、あまり寄れずじまいでした。
c0343075_21353182.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-19 21:38 | トンボ | Comments(2)

愛媛遠征 オオキトンボの連結飛翔 Byヒナ

先週の連休最終日に愛媛へ遠征してきました。

私の一番のお目当てはナニワトンボ、赤トンボの仲間なのに「青くなる」トンボです。
今回はネイチャーフォト研究会のKさん、Hさんと一緒に行き、現地でトンボ王国の杉村さんと合流しました。

実はこの場所は昨年来ることになっていたのですが、ムーの事があり1年越しの来訪になったものです。

現地ではまずオオキトンボの生息地に向かいました。
気温が高いのと風がとても強いためか、しばらくは姿を現しません。
30分ほど待つと、強風に煽られながらも1~2ペアがやってきました。
沖の方でホバるので望遠で。
c0343075_22212536.jpg

それから20分ほど経つと、なんとか水際までやってきて産卵を始めました。
こうなれば広角にチェンジ。
強い風で水面が波立っています。
c0343075_2224114.jpg

風が治まってきました。
するとペアが増えて来てバックに写り込むことも。
c0343075_22251133.jpg

バックに産卵が写っていました(^.^)
c0343075_22261486.jpg

打水する瞬間を上手く捉えられません
c0343075_2227522.jpg

これが唯一ですが、フラッシュは届いていないし、ピントも甘々・・・
c0343075_22291156.jpg

リベンジしたいところですが、アサギマダラが来たので今はそちらに全力投球中です~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-10-18 22:33 | トンボ | Comments(0)