仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
こんにちは~ 今春の黒..
by tosanosato_bit at 17:08
追伸 私のホームのキン..
by nakayoshi_me_hina at 18:47
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 18:41
今年は春先数日間、寒の戻..
by Nature_Oyaji at 12:44
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 19:49
そうそう 一つ書き忘れて..
by 古庵 at 23:32
古庵さん、おはようござい..
by nakayoshi_me_hina at 08:28
Oh- サンコウチョウで..
by 古庵 at 22:40
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


たぶんキイロサナエ初見 Byヒナ

6月のとある1日のこと。
会社の創立記念日で平日が休日になっている日がありました。
その休日に四万十方面へ午後から出張することになり、
今日は休み→午後は四万十方面で仕事→それなら午前中はトンボ王国へ
という訳で行ってきました。

お目当てはキイロサナエです。
今まで何度もトンボ王国を訪れていますが撮りそびれていました。

何度か生息地近辺を見回っていると大型のサナエが・・・
ヤマサナエに似ているキイロサナエですが遠くから見ても区別がつきません。
写真に撮れば分かるよね・・・
あれ、同定できない(汗)
図鑑のポイントを確認するとキイロサナエに見えますが合ってるかな~
c0343075_21493355.jpg
c0343075_21494972.jpg
c0343075_2150172.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-30 21:52 | トンボ | Comments(0)

草原のウラギンヒョウモン Byヒナ

6月上旬にアザミが咲き誇っている場所に行きました。
ここは昨年ウラギンヒョウモンを見つけた場所でこんな低山地にも居るんだと驚いたものです。

今にも雨が降りそうな怪しい雲行きの中ほっつき歩いているとビンゴ!ウラギンヒョウモンがやってきました。
c0343075_2049424.jpg

翅裏を撮りたいのですがこういう時に限って閉じてくれません(-_-)
c0343075_20502336.jpg

これが精一杯の閉翅。
c0343075_20511234.jpg

飛んで行ってしまったウラギンヒョウモンを待っていると代わりにミドリヒョウモンが。
c0343075_20521361.jpg

新鮮なアカタテハも居ました。
新鮮な蝶はどの子も綺麗ですね~
c0343075_2052553.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-29 20:54 | | Comments(0)

彩りの中のキアゲハ Byヒナ

8月が迫ってきたのでやんばるシリーズは一旦中断して6月に地元で撮った写真の記事を挟みます。
1週間ほど続けてその後やんばるシリーズを再開します。

本題です。
今日は私の拙い説明は無しです~
c0343075_2142889.jpg
c0343075_2143992.jpg
c0343075_2145122.jpg
c0343075_21517.jpg
c0343075_2151314.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-28 21:06 | | Comments(0)

やんばるのトンボ オキナワチョウトンボ Byヒナ

前回の記事で止水域のトンボの中ではダントツに見たいトンボというくだりがありましたが、甲乙つけがたいのがオキナワチョウトンボでした。

ベッコウチョウトンボとも呼ばれるこの子を見れるのをとても楽しみにしていたので、
初見を果たしそれは嬉しかったです。

止まり木で緩やかに揺れるオスを撮っていると別のオスがやってきて追い払いに飛んでいきますが、すぐ同じところに戻ってきます。
c0343075_2221525.jpg

c0343075_2222110.jpg
c0343075_2222934.jpg

また飛んだと思ったらメスを捕まえて交尾体に!
初見で交尾も見られるなんて!!
夢中でシャッターを切りました。
c0343075_22254682.jpg

翌日は林道で数頭が上空を舞っていました。
c0343075_2227949.jpg
c0343075_22271760.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-27 22:29 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ コシブトトンボ Byヒナ

アオビタイトンボとほぼ同時に見つけたのがコシブトトンボ。
止水域のトンボの中ではダントツに見たいトンボでした。

鮮やかなマリンブルーの複眼はやはりとても綺麗ですね。
体の幾何学模様も他のトンボには無いもので魅力的なトンボだと思います。
c0343075_22154789.jpg
c0343075_22155735.jpg
c0343075_2216763.jpg
c0343075_22171715.jpg

メスは中々見つけられませんでしたが現地を離れる間際に1頭撮れました。
c0343075_22215952.jpg
c0343075_2222958.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-26 22:23 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ アオビタイトンボ Byヒナ

やんばるのトンボ カラスヤンマその1で書いたように沖縄到着一発目に撮影したのはアオビタイトンボでした。

この子達はやっぱり青額に目がいってしまい正面に近いカットばかり撮っていました(^_^;)
c0343075_213339.jpg
c0343075_21331165.jpg
c0343075_21332093.jpg
c0343075_21333244.jpg
c0343075_21333910.jpg

メスを見かけなかったのが残念です~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-25 21:34 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ トビイロヤンマ Byヒナ

ヤンマで1番見たいのはマルタンヤンマのオスでコバルトブルーの複眼をいつか見たいと思っています。
やんばるではマルタンは見れないものの近縁のトビイロヤンマを見られるという事で今回とても楽しみにしていました。

先日のカラスヤンマの黄昏飛翔を撮った後、トビイロポイントへ移動しました。
肉眼でトンボの飛翔を見るのは難しい位の暗さの中、少し高い木の上空で数頭のトビイロヤンマが群れていました。
とても写真を撮れるシチュエーションではありませんでしたが、初見を果たせました。
写真を撮れたら最高なのですが、すでにカラスの群飛に出会っていたので見れただけで満足しました。
20時前に観察は終了。

翌日も前日同様のスケジュールでカラスヤンマの黄昏飛翔からトビイロヤンマの黄昏飛翔に向かいました。

この日は前日居たトビイロをあまり見かけません。
Kさんと別れ、近くの水路に来るかもしれないというオオメトンボを探しながら歩いていると、
水路の上でホバリングしているトンボが・・・

一瞬呆けましたが回路がつながりトビイロヤンマと認識しました。
離れたところに居るKさんに「トビイロ、ホバってます」と叫びレンズを向けます。

私の腕にしては奇跡的にピントが来ていました(^.^)
まさか撮れるとは思っていないシチュエーションだったので最高にテンションが上がりました。
マルタンより淡いブルーの複眼が綺麗ですね~
c0343075_20381044.jpg

c0343075_20382779.jpg

c0343075_20405110.jpg
c0343075_2041125.jpg
c0343075_20411273.jpg

やんばる遠征のピークを早々と迎えてしまいました(^_^;)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-23 20:53 | トンボ | Comments(2)

やんばるのトンボ カラスヤンマその2 Byヒナ

昨日の続きです。
今日はカラスヤンマの翅の一部が薄いタイプを集めてみました。
大きく分けると後翅の先が薄くなるタイプと、前翅、後翅の先の方が薄くなるタイプです。
c0343075_21285550.jpg
c0343075_2129732.jpg
c0343075_21292189.jpg
c0343075_21293289.jpg
c0343075_21294517.jpg
c0343075_21295444.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-22 21:31 | トンボ | Comments(0)

やんばるのトンボ カラスヤンマその1 Byヒナ

今日からやんばる遠征シリーズです。
まずは主役のカラスヤンマを、次に準主役のトビイロヤンマを紹介して、後は撮影順に記事にしようと思います。

初日は夕方に最初のフィールドに着き、まずはアオビタイトンボやコシブトトンボ、オキナワチョウトンボとの初見を果たしました。
このフィールドにしばらく居たいと思う程楽しかったのですがやんばるまではまだ道半ば。
カラスヤンマの黄昏飛翔を見るにはいつまでも留まっていられません。
キリの良いとこで切り上げいざやんばるへ!

やんばるへ着いたのは18時20分頃、丁度良い時間です。

相棒のKさんがこの辺で舞っているんですよと言い見上げた空には幾つもの黒い影が・・・

カラスヤンマの群飛です!少なく見積もっても50頭以上集まっています。
グライダーのように上空で滑空する様子はミナミヤンマ同じで私が夢見ていたものでした。

私はここに来たらいつもこんな群飛が見られるのかと思ってしまいましたが、Kさんはこれほどの規模を見たのは初めてとの事。
確かに後の2日はこのような群飛は見られませんでした。
風向きなど天候の微妙な違いで捕食する小さな虫が集まる場所が変わるのかなと感じました。

広角で撮るべきでしたが焦ってしまい望遠で。
c0343075_204113.jpg

カラスヤンマは翅の色の変異が激しくて様々なタイプがあるようですが、今日は真っ黒タイプを集めてみました。
相変わらず写真はダメダメですがカラスヤンマらしさは伝わるかな~
c0343075_20433973.jpg

c0343075_20434851.jpg
c0343075_20435975.jpg
c0343075_2044865.jpg
c0343075_20442069.jpg

次回は違うタイプを紹介します~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-21 20:54 | トンボ | Comments(0)

北タイの蝶 最終回 同定の難しいセセリ達 Byヒナ

2月に行った北タイ探蝶旅行の記事が今日で終わります。
途中別の記事が入りましたが、足掛け半年に渡るシリーズでしたので終わるのは感無量です。

この旅では図鑑でしか見ることが出来ないだろうと思っていた山岳地帯の早春のアゲハを始め、多くの蝶に出会うことが出来ました。
それは想像を何倍も超えていて、半年経った今でもこの素晴らしい3日間のことを思い返すと楽しい気持ちになります。

本当に最高の旅でした。

改めて敬愛する2人の大先輩タイ・ネイチャリングのピーミィさん
タイの自然と風景2のカオヤイさんにお礼を申し上げます。
お二人にはこれまでと同じようにたくさんのアドバイスとサポートをしていただきました。

そしてチェンマイで蝶の研究をされているIさんにもお礼を申し上げます。
Iさんにもピーミィさんやカオヤイさんと同じようにたくさんのアドバイスとサポートをしていただきました。

皆さんと再びお会いできる日を楽しみにしています。

さて、本題です。
最後に紹介するのはセセリチョウ4種ですが、どれも同定できていません(>_<)

日本のチャバネセセリなどに近い仲間かな
c0343075_1819056.jpg

無紋なので分かりやすいと思いましたが
ニセショウガセセリ(Stimula swinhoei)が近そうですが・・・
c0343075_1822749.jpg

これも分かりそうで分からない
ヒメセセリ(Halpe)の仲間かな
吸い戻ししてますね。
c0343075_18235039.jpg

c0343075_18235982.jpg


これはどちらかだと思いますが
アカオビセセリ(Koruthaialos rubecula)かフトアカオビセセリ(Koruthaialos sindu)
c0343075_1827395.jpg
c0343075_18271311.jpg

最後こんな感じで終わるのはモヤモヤしますが、よく分からないところが私らしくて良しとしましょう(笑)

さて、次回からやんばる遠征シリーズが始まります。
トンボが主ですがどんな子が出てくるかお楽しみに~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-07-20 18:37 | | Comments(0)