仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


北タイの蝶 アカネシロチョウ Byヒナ

今回の探蝶旅行で見たい蝶にカザリシロチョウの仲間もありました。
カザリシロチョウの仲間の多くはシロチョウの名前に似合わない黒地のカラーリングで
異彩を放っています。
また黒地でない種も裏翅が鮮やかな赤や黄色で彩られていて美しく、
どちらも目を惹く種なのです。

そのカザリシロチョウを5種見ることが出来ましたが初日は今日紹介する
アカネシロチョウ(Delias pasitoe pasitoe)に出会いました。

集団吸水するシロチョウの仲間は落ち着いていてかなり近寄れますが、
単独吸水するこの子たちはあまり近寄らせてくれず1,2枚シャッターを切ると
飛ばれることが多かったです(>_<)
c0343075_21113322.jpg
c0343075_21114281.jpg

これは三日目のもの。
ピンボケがヒドイですが証拠写真として・・・
c0343075_2111509.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-30 21:13 | | Comments(0)

北タイの蝶 イワサキコノハとコモンマダラ Byヒナ

探蝶旅行初日のタテハシリーズ最後を飾るのはイワサキコノハとコモンマダラです。
どちらも日本では迷蝶とされていますね。

イワサキコノハは翅がかなり傷んでいましたがそれでも初見だったので嬉しかったです。
c0343075_22164480.jpg
c0343075_22165310.jpg


マダラチョウの仲間もミスジチョウ同様似た種が多くて同定がややこしいです(^_^;)
この子はコモンマダラだと思うのですが・・・
浅葱色が綺麗です~
c0343075_2221599.jpg

明日からはシロチョウシリーズです。
すぐ終わっちゃいますが(^_^;)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-29 22:23 | Comments(0)

北タイの蝶 クロタテハモドキ Byヒナ

今回の探蝶旅行で出会った唯一のタテハモドキの仲間が今日の子、
クロタテハモドキ(Junonia iphita iphita)です。

翅を閉じた姿はクロコノマチョウぽく地味ですが、翅を広げると意外と存在感があり
撮る気にさせてくれる子です。
c0343075_23305272.jpg
c0343075_2331168.jpg
c0343075_23311290.jpg

次はアオタテハモドキにも出会いたいです~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-28 23:35 | Comments(2)

北タイの蝶 同定の難しいミスジチョウの仲間 Byヒナ

今日から再び北タイの蝶シリーズに戻ります。

探蝶旅行初日は多くの種類を撮りましたが、現地ではこの子は誰だろう?
と思うものが多く有りました。
帰ってきて図鑑とにらめっこしても同定できなかったり、にらめっこする前に
図鑑の似た種がずらっと並んでいるのを見て諦めたりしましたが・・・

一緒に同行したくださった現地で蝶の研究をされているIさんにヘルプを送ると
同定のポイントとともに種名を教えて頂きました。
Iさん、ありがとうございましたm(__)m

ということで今回は自分で同定できなかったミスジチョウの仲間です。
どれも1枚、2枚しか撮れてなく、しかも裏ばかりです(^_^;)
Neptis cartica burmana
c0343075_23462051.jpg

c0343075_23463254.jpg

Neptis ananta learmondi
c0343075_2347754.jpg

Neptis soma shania
c0343075_23471778.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-27 23:50 | | Comments(0)

コツバメ 2015 Byヒナ

春の蝶と言えばコツバメを筆頭に、スギタニルリシジミ、ツマキチョウにウスバアゲハ
等々これからどんどん出てきます。
という訳で日曜日に先鋒のコツバメを撮りに行ってきました。

太陽に向いて体を傾けて日光浴するのがコツバメの特徴ですが、
傾き過ぎのような・・・
バイクでハングオンしてるみたいです(^_^;)
c0343075_2128123.jpg

暖まってくると見晴らしの良い花や葉の先でオスはテリを張ります。
別のオスがくると追い払いますがすぐにほぼ同じ場所に帰ってきます。
c0343075_21302953.jpg

c0343075_21304219.jpg

下から見上げてみました。
c0343075_21312422.jpg

c0343075_21315513.jpg
c0343075_2132442.jpg

コツバメを撮りに行ってコツバメだけを3時間撮るというぜいたくな時間を過ごしました~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-25 21:34 | | Comments(0)

初めてキジを撮った記事 Byヒナ

タベサナエを撮った後ムカシトンボを探しに行きましたが、
残念ながら上陸ヤゴや羽化個体を見つけることはできませんでした。
しかし、その帰り道初めてキジを撮ることが出来ました!
まともに撮れたのはこの1枚だけでしたが嬉しかったです。
c0343075_1955152.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-24 19:56 | 野鳥 | Comments(0)

タベサナエの羽化 後編 Byヒナ

昨日の続きです。
途中かなり端折っていますが羽化の様子をご覧ください。

昨日の写真の13分後の姿。
この状態は割合長いです。
c0343075_20421016.jpg

18分後、体が90度位に曲がってきました。
こうなるとお腹を抜くのはもうすぐです。
c0343075_20441538.jpg

40秒後、抜き始めました。
c0343075_2045118.jpg

15秒後、抜けました。
抜き始めると速いです。
c0343075_20461283.jpg

3分後、翅が伸び始めました。
c0343075_20471791.jpg

更に3分後、まだ翅が透き通っていません。
c0343075_20485267.jpg

40分後、翅が完全に伸び透き通っています。
まだお腹が膨らんでいて要らない水分をお尻から何回かに分けて出していきますが、
残念ながらその瞬間は撮れませんでした。
c0343075_20535698.jpg

この5分後、翅を開いたところで撮影終了~

僅かですが羽化に失敗する子も居るようなので頑張れ!と応援しながら撮りました。
1時間半強クラウチングスタイルでいるのはしんどいですが、何度でも撮りたい感動的なシーンです。
また来年も撮りに行こう~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-23 21:10 | トンボ | Comments(2)

タベサナエの羽化 前編 Byヒナ

北タイの蝶は少し休んで地元の記事を何回か書きます。

先週末と昨日と2週に渡り四万十遠征してきました。
お目当てはタベサナエとムカシトンボの羽化です。

先週末は思ったより気温が上がらずタベサナエは空振り、ムカシトンボは生息地が護岸工事で
荒らされたからか上陸ヤゴの姿は見えず。

そんなことで気温の上がった昨日もう一度訪ねました。
到着後少しトンボ王国の杉村さんと談笑してましたが、ちょっと見に行ってみようかと
水路へ行くともうどんどん羽化が始まっています!
曇りがちな天気だったのでそこが心配でしたが、全くの杞憂でタベサナエは丁度羽化のピークを迎えていました。
慌てて車へカメラを撮りに行き長靴を履きましたがこれが失敗のもとに・・・

水面ギリギリの位置で撮りたいので普段使わないライブビューにしましたが・・・
姿勢は楽ですが不安定なのでぶれやすいのとピントの確認も難しかったです。
これは今後の課題だな~

失敗は胴長を履かなかったこと。
クラウチングスタイルを続けてるとお尻がどんどん下がって結局水浸しで、
長靴も上から水が入って履いてなかったことと同じに(-.-)

ヤゴの背中が割れて頭が出てくるところです。
c0343075_21172428.jpg

c0343075_21173556.jpg
c0343075_21174421.jpg
c0343075_21175628.jpg
c0343075_2118351.jpg

この後のシーンは次回記事で~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-22 21:21 | トンボ | Comments(0)

北タイの蝶 ウラベニヒョウモン Byヒナ

仕事が忙しいのに加えてプライベートも春のトンボの羽化や春の蝶など
撮りたい被写体目白押しで、北タイの蝶の同定が滞り気味です(^_^;)
昨日は歓送迎会で日付が変わるまで騒いでいたのでなんとか今日は
記事を書かなきゃと思いつつもう11時40分!
ぎりぎり間に合った~

今日の子はウラベニヒョウモン。
タイは日本の数倍の蝶が分布しますが、豹紋柄の蝶は不思議なことに日本のほうが
多いようです。
後翅の白帯の外側が赤いことがこの子の名前の由来のようですが、この写真ではよく分からないですね(汗)
次の機会では表翅と赤帯を撮れたらいいな~
c0343075_23442780.jpg

c0343075_23443964.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-21 23:46 | | Comments(0)

北タイの蝶 カバイロスミナガシ Byヒナ

タイ・ネイチャリングのピーミィさんの記事で初めてこの子を見て
こんなスミナガシが居るんだと驚きとても見たくなりました。

とはいうものの今回の探蝶旅行で見れるとは思っていませんでしたが・・・
なんと初日から三日目まで毎日見ることが出来ました。
それほど数は多くない種のようですが、三日間通して見れた子はこの子だけという
不思議なことに。

情けない話ですが、この子を初めて見た時は見たことのないカバタテハだなと思いました(笑)
スミナガシよりサイズが小さいなどと言い訳を少し(^_^;)
c0343075_22315876.jpg

これは二日目です。
翅がボロボロですがスミナガシの特徴の赤い口吻が見えます。
c0343075_223356.jpg

この後は三日目です。
c0343075_22333527.jpg
c0343075_22334471.jpg
c0343075_22335226.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-19 22:37 | | Comments(0)