仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:04
こちらでは食草がほとんど..
by Nature_Oyaji at 12:59
鍵コメ様、ご訪問と同定あ..
by nakayoshi_me_hina at 18:57
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
こんにちは~ 今春の黒..
by tosanosato_bit at 17:08
追伸 私のホームのキン..
by nakayoshi_me_hina at 18:47
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 18:41
今年は春先数日間、寒の戻..
by Nature_Oyaji at 12:44
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トンボ( 171 )


アオモンイトトンボの交尾 Byヒナ

昨日高知は梅雨明けしました。
昨年より1日遅かったらしいですが、今年は後半あまり降らなかったのであっけなく終わった感じです。
今年は猛暑の予報なので、水不足にならないか少し心配。
ヤンマのぶら下がりを沢山見られるかもしれないのは期待ができます。

本題です。
炎天下に池の周りを歩いていて、睡蓮の花でアオモンイトトンボの交尾を見つけました。
とても暑かったので、別の場所ならスルーでしたがこの構図なら撮りたくなります。
c0343075_22215510.jpg
c0343075_22215222.jpg
c0343075_22214978.jpg
c0343075_22214554.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-20 22:25 | トンボ | Comments(0)

ギンヤンマの産卵 Byヒナ

ギンヤンマは子供の頃の憧れ。
開けた池を縦横無尽に飛ぶ様は、小さな子供の虫捕り網では捕捉圏内に入れることも難しかった。

あれから数十年・・・

網はカメラに替わりましたが、同じように姿を追っています。
やっていることは変わらないものです(^^;)

この日は2ペアが産卵。
c0343075_22354671.jpg
c0343075_22354221.jpg
c0343075_22353860.jpg
睡蓮と一緒に。
c0343075_22353406.jpg
c0343075_22353068.jpg
ギンヤンマが産卵を始めると、夏到来を感じます~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-15 22:37 | トンボ | Comments(0)

ミナミヤンマ メスの未熟 Byヒナ

今年もミナミヤンマの撮影はゼロかもと思い始めた頃、メスの未熟を撮る機会を得ました。
すぐ飛んでしまったので何枚も残せませんでしたが、未熟では初の撮影に。

複眼がまだモスグリーンでした。
前翅前縁の黒条が薄いタイプです。
c0343075_21314894.jpg
c0343075_21314568.jpg
これだけだと残念な1日でしたが、この後良い出会いが有って楽しめました。
その出会いは次の記事で~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-10 21:39 | トンボ | Comments(0)

クロスジギンヤンマの産卵 Byヒナ

6月に代休を取得した日、曇り空の中馴染みの池へ行ってみると、ヤンマらしきトンボが産卵しているのを目撃。
レンズを覗いてみるとクロスジギンヤンマでした。

クロスジギンヤンマは4月から見掛けるヤンマですが、この時期になるとここではあまり見かけません。
更にこの池は樹林に隣接してない開けた池なので、クロスジギンヤンマが来ていることに少し驚きました。

シオカラトンボやオオシオカラトンボに追われ、しばらく落ち着きませんでしたが、間もなく邪魔者は退散。
近寄って撮影できませんでしたが、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの望遠端で満足いく大きさで撮れました。
このレンズはこういうシチュエーションや、高い木でのトンボのぶら下がりに力を発揮しそうです。

久しぶりにクロギンの産卵を撮りましたが、緑の体色が美しいと改めて感じました。
c0343075_21033992.jpg
c0343075_21033457.jpg
c0343075_21032808.jpg

こんなに潜るんですね。
c0343075_21032392.jpg
c0343075_21031825.jpg
オスはほぼ飛翔を狙うしかないのですが、あまりホバってくれないんですよね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-07-03 21:09 | トンボ | Comments(0)

アンスリウムとリュウキュウベニイトトンボ Byヒナ

2013年に初めて見たリュウキュウベニイトトンボ。
今年で4年目になりますが、いつもの場所でひっそりと命を繋いでいます。

先日見に行った時はアンスリウムに止まっていたので、南米の花に東アジアのトンボという不思議な組み合わせで撮れました。
c0343075_20331556.jpg
c0343075_20331122.jpg
c0343075_20330212.jpg
c0343075_20325826.jpg
花序がイトトンボの仲間には留まりやすそうですね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-06-23 20:40 | トンボ | Comments(0)

6月のベニトンボ Byヒナ

疲れが溜まり仕事のパフォーマンスが落ちてきたので、今日は思い切って代休消化。
曇り時々雨だったのでフィールドワークにはイマイチでしたが、軽く撮影してきました。
まだしばらく慌ただしいので、体調万全で頑張らなければ。

本題です。
6月上旬にベニトンボを撮影しました。

地元ではもう珍しい訳ではありませんが、この時期に見るのは初めて。
温暖化の申し子を見る時期が早まるのは、少し不安な気持ちになります。

水辺から少し離れた所でオスの未熟を発見。
未成熟の複眼はアカネの仲間と同じ感じですね。
c0343075_17472652.jpg
場所が良かったので、魚眼でも。
フラッシュ無しで。
c0343075_17472256.jpg
フラッシュ有で。
やはりこちらの方が良いですね。
c0343075_17471971.jpg
水辺には成熟個体。
c0343075_17595817.jpg
c0343075_17595562.jpg
成熟個体を魚眼で撮ることは出来ませんでした。
今後の宿題です~


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-06-22 18:03 | トンボ | Comments(0)

ハネビロトンボの飛翔 Byヒナ

6月上旬にハネビロトンボを見ました。
ハネビロは秋になると見かける機会が増え、珍しくはないのですが、この時期に見たのは初めて。
居ても不思議ではありませんが、ちょっとびっくり。
次回紹介のもう1種のトンボも早々のお出ましで、季節感が変な感じです。

この子は一向に止まらなかったので、飛翔撮り。
c0343075_18300262.jpg
c0343075_18295946.jpg
c0343075_18295531.jpg
これといったものは撮れませんでしたが、久しぶりのトンボの飛翔撮りは、やはり面白かったです~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-06-18 18:32 | トンボ | Comments(0)

グンバイトンボの産卵 Byヒナ

オナガアゲハに続いて、先週1頭も見ることのできなかったグンバイトンボの池へ。

居ても未熟が数頭かなと思っていましたが、着いてすぐに連結体を発見!
今年も健在で一安心です。

産卵シーンを撮るのは初めてでしたが、水に浸かっていない葉で行っていることに驚きました。
c0343075_21564568.jpg
その後ポピュラーな場所で。
c0343075_21564235.jpg
c0343075_21563883.jpg
オスの単独ショットも。
c0343075_21563504.jpg
c0343075_21563182.jpg
しかし先週1頭も居なかったのに、この日はオスだけで10頭近く居たことに、自然の不思議を感じました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-06-15 22:09 | トンボ | Comments(0)

ムカシトンボの移精、交尾ならず Byヒナ

昨日の続きで、予想外の嬉しいシーンはムカシトンボの移精でした。

杉の枝で連結体。
こうなればここから移精~交尾が見られるはず。
c0343075_19482115.jpg
移精!!
初見でした。
数秒で終わってしまいましたが、何とか撮れていて良かった(^^;)
背景がごちゃごちゃですが、良しとしなければ。
c0343075_19481781.jpg
いよいよ交尾か?
c0343075_19481237.jpg
と思ったらメスがやる気がなくて、この状態がしばらく続き、結局オスがメスを離してしまいました。
こんなこともあるんですね。
c0343075_19480804.jpg
今年も羽化や産卵シーン出会うことは出来ませんでしたが、貴重なシーンに立ち会えて良い体験が出来ました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-05-03 20:07 | トンボ | Comments(2)

ムカシトンボの飛翔2017 Byヒナ

トンボ王国にはネーチャーフォト研究会のメンバーが私以外に4名集結していて、午後からは他の数名も加わった大所帯でムカシトンボのフィールドへ。
羽化や産卵を見られるフィールドは昨年の台風の影響で訪れることが出来ず、この日も大きな不安を抱いての出発でした。

現地に到着して真っ先に降り立ち、渓流の状態を確認。
底が掘れて深くなっている場所がありましたが、それほど大きな変化はありません。
絡まって溜まっている枯れ枝など掃除し、あとは主役の訪れを待つのみ。

来ました!!

メスを探して次から次へとオスが現れ、オス同士の喧嘩も頻繁に起こります。
私がこちらに通うようになって1番の数です。

例年であればGWはもう時期が遅いのですが、他の昆虫たちもそうだったように、春の寒さで羽化の時期が遅れ、丁度良い日に当たったのかもしれません。
昨年は数が少なくて心配したので、何にしても嬉しい限りです。
c0343075_22212245.jpg
c0343075_22211820.jpg
c0343075_22211589.jpg
c0343075_22211072.jpg
c0343075_22210688.jpg
c0343075_22210319.jpg
飛翔以外にも嬉しいシーンが撮れましたが、それは次回の記事で~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-05-02 22:27 | トンボ | Comments(0)