仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは〜 ..
by nakayoshi_me_hina at 19:49
そうそう 一つ書き忘れて..
by 古庵 at 23:32
古庵さん、おはようござい..
by nakayoshi_me_hina at 08:28
Oh- サンコウチョウで..
by 古庵 at 22:40
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
こんばんは ♪ シロチ..
by 古庵 at 20:54
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:16
こんばんは~ 異種求愛..
by 古庵 at 20:25
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 19:39
おめでとうございます! ..
by Nature_Oyaji at 03:48
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トンボ( 163 )


ムカシトンボの移精、交尾ならず Byヒナ

昨日の続きで、予想外の嬉しいシーンはムカシトンボの移精でした。

杉の枝で連結体。
こうなればここから移精~交尾が見られるはず。
c0343075_19482115.jpg
移精!!
初見でした。
数秒で終わってしまいましたが、何とか撮れていて良かった(^^;)
背景がごちゃごちゃですが、良しとしなければ。
c0343075_19481781.jpg
いよいよ交尾か?
c0343075_19481237.jpg
と思ったらメスがやる気がなくて、この状態がしばらく続き、結局オスがメスを離してしまいました。
こんなこともあるんですね。
c0343075_19480804.jpg
今年も羽化や産卵シーン出会うことは出来ませんでしたが、貴重なシーンに立ち会えて良い体験が出来ました~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-05-03 20:07 | トンボ | Comments(2)

ムカシトンボの飛翔2017 Byヒナ

トンボ王国にはネーチャーフォト研究会のメンバーが私以外に4名集結していて、午後からは他の数名も加わった大所帯でムカシトンボのフィールドへ。
羽化や産卵を見られるフィールドは昨年の台風の影響で訪れることが出来ず、この日も大きな不安を抱いての出発でした。

現地に到着して真っ先に降り立ち、渓流の状態を確認。
底が掘れて深くなっている場所がありましたが、それほど大きな変化はありません。
絡まって溜まっている枯れ枝など掃除し、あとは主役の訪れを待つのみ。

来ました!!

メスを探して次から次へとオスが現れ、オス同士の喧嘩も頻繁に起こります。
私がこちらに通うようになって1番の数です。

例年であればGWはもう時期が遅いのですが、他の昆虫たちもそうだったように、春の寒さで羽化の時期が遅れ、丁度良い日に当たったのかもしれません。
昨年は数が少なくて心配したので、何にしても嬉しい限りです。
c0343075_22212245.jpg
c0343075_22211820.jpg
c0343075_22211589.jpg
c0343075_22211072.jpg
c0343075_22210688.jpg
c0343075_22210319.jpg
飛翔以外にも嬉しいシーンが撮れましたが、それは次回の記事で~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-05-02 22:27 | トンボ | Comments(0)

モートンイトトンボの食事 Byヒナ

GW前半戦二日目は予定通り四万十のトンボ王国へ。
モートンイトトンボは例年より遅れてちょうど今頃が羽化の最盛期とのことで、まずは羽化個体探し。

モートンの池は土壌が軟弱で、胴長を履いていても簡単には動き回れません。
池を荒らさないように、トンボ王国の杉村さんの後を歩き探しましたが、結局羽化個体は見つけられず。
昨年産卵を見つけられなかったので、羽化も難しいことは想定内でした。

毎年モートンはオスに目がいきがちで、メスを写す頻度が少ないので今年はメス中心に撮りました。

まずは未熟。
c0343075_19110364.jpg
そして成熟。
成熟はしばらく見つけられなかった。
動かないと保護色でどこにいるのやら。
c0343075_19105801.jpg
餌を獲りました。
c0343075_19105319.jpg
唯一のオスのショット。
こちらも捕食中。
c0343075_19104805.jpg
玉ボケでも撮ってみました。
c0343075_19114323.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-05-01 19:40 | トンボ | Comments(0)

山桜とホソミオツネントンボ Byヒナ

先週末に撮った写真の最後はホソミオツネントンボ。

オスは春バージョンですっかり青くなり交尾、産卵するペアもちらほら。
山桜は散り始めていましたが背景ならまだ見られる感じ。

ということで桜をバックに入れられる場所でホソミオツネンを探して、一緒に撮ることに。
初めての試みでしたが、かなり楽しめました。
c0343075_17062809.jpg
c0343075_17062563.jpg
今日は産卵ペアが多く居たので再び撮ってきました。

ツーペア。
c0343075_17062137.jpg
思い切り寄って。
c0343075_17061706.jpg
明日は遠征予定です~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-04-15 17:14 | トンボ | Comments(4)

タベサナエの羽化その2 Byヒナ

前回の続きです。

お腹を抜いたら水平姿勢でお腹や翅を伸ばしていきます。
ここからはしばらく時間がかかります。
c0343075_18022604.jpg
翅が半分くらい伸びた所。
c0343075_18022310.jpg
翅が完全に伸びた所ですが、まだお腹は伸びきっていないようです。
1枚目の写真から18分経過しています。
c0343075_18021972.jpg
さらに19分後、翅を開く瞬間。
c0343075_18021541.jpg
開きました。
c0343075_18021162.jpg
魚眼でも。
c0343075_18020682.jpg
翌日まで腰痛を持ち越すほどの長丁場でしたが、羽化の一部始終を収められたので充実した1日でした。
そういえば、処女飛行の瞬間のみ見れなかったな~


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-04-09 18:13 | トンボ | Comments(0)

タベサナエの羽化その1 Byヒナ

エイプリルフールの日に待ちに待った昆虫シーズン開幕。
何回か同様の事を書いていますが、撮影生活の中で最遅です。

今日は先週から予定していた四万十遠征。
天気予報では9時以降晴れ、最高気温は15℃と気温の低さが気掛かりでしたが、先週も延期しているので楽観的に状況を予測し出発。
目的はタベサナエとムカシトンボの羽化です。

残念ながらムカシは無理だったので、あとはなんとかタベを撮るしかないのですが、気温の低さと予想外の曇天に大苦戦。
例年なら9時台にはあちこちで羽化が始まるのですが、11時台に上陸ヤゴが2頭、上陸寸前が2頭居るのみ。
羽化数は少ないと予想していたのでこんなものかと思いつつ、羽化が始まるのを待ちましたが一向に気配がありません。

この後嫌な予感が・・・
上陸寸前だった2頭のヤゴが居なくなっていました。

気温が低くて羽化を止めてしまったようです。
陽が差せば止めることはなかったように思いましたが、晴れる気配はまだ無し。

更に上陸ヤゴ2頭までもUターンして水中へ(+_+)
この時点で坊主の悪夢がよぎりました。

しかし遅ればせながら日光の恵みが!!
約5時間半待った午後2時25分に、最初に上陸した子の羽化が始まりました。
200枚強撮った中からダイジェストで一連の流れを紹介します。

背中を押し上げて出てきます。
c0343075_22442252.jpg
そのまま上に上がり頭も出てきます。
c0343075_22441795.jpg
さらに上がると前脚も出てきます。
c0343075_22441058.jpg
これが最も上がった状態。
気管の一部の白い糸状のものが外れていますね。
c0343075_22440512.jpg
ここは撮影の重要ポイント。
お腹を抜く瞬間です。
結構なスピードでさっと前に屈み、脚で踏ん張って腹を抜きます。
c0343075_22435910.jpg
抜けた!
c0343075_22435599.jpg
今回はここまでです。
後半は次の記事で~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-04-01 23:02 | トンボ | Comments(2)

トンボ王国特別賞 Byヒナ

大晦日の今日トンボ王国より、少し早いお年玉が到着。
箱の中には全日本トンボフォトコンテスト入賞の賞品と共に、見覚えのある盾が入っていました。
盾にはトンボ王国特別賞第3席の表記!!

今年銅賞をいただいた「藍の煌めき」がトンボ王国特別賞第3席も受賞していました。

専門家が決定する入賞はもちろん嬉しいですが、一般の方々の投票によっても認められるのは2重の喜びです。

雨宿りのため避難した場所で撮った、リュウキュウハグロトンボの写真がこのような結果になるとは分からないものです。

1年の締めくくりはとても良かったので、この調子が続くよう野鳥撮影で修業を継続していきます。
なんて、ただ撮りたいだけなんですが(^^;)

写真は「藍の煌めき」の没カット(^^;)
翅が開き切る前にシャッターを切ったものです。
c0343075_15580236.jpg
皆さん、よいお年を~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-12-31 17:22 | トンボ | Comments(4)

アキアカネの産卵 Byヒナ

まだ暖かくて日中は半袖で大丈夫な日もありますが、季節は冬へ向かい始めています。

昨日は仕事帰りにいつものフィールドへ寄ってみましたが、蝶やトンボの姿は減っていました。
段々と被写体が居なくなっていくのは毎年のことながら寂しい限り。
当ブログの更新頻度も緩やかになりそうです。

本題です。
先週トンボ王国へ行った際、四万十川の河川敷の道路でアキアカネの産卵に出会いました。
稲刈り後の田んぼで撮りたかった光景ですが、そちらはタイミングが合わず思いがけない機会となりました。

写真ではそれなりの産卵場所に見えなくも無いですが、単なる水溜まりです(爆)
ここに複数のカップルが来ていました。
c0343075_20423374.jpg

打水や打泥産卵は地面ぎりぎりにカメラを構えないと気に入った構図にならないので、打空産卵に比べると体勢がキツイです。
c0343075_20471765.jpg

水溜まりでも空が入ると爽やかさが増すような・・・
c0343075_20482019.jpg

打泥の瞬間を捉えるのは私には難しいです。
c0343075_20492821.jpg

c0343075_20493674.jpg

タイミングが少しずれてこんな風になりがちでした。
c0343075_20504139.jpg

子供の頃を思うと、とても数の少なくなったアキアカネ。
秋の河川敷を大群で舞う姿を再現できないものかと思います~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-11-13 20:54 | トンボ | Comments(0)

11月のネキトンボ Byヒナ

オオキトンボの居る池ではネキトンボもまだ頑張って活動していました。
連結飛翔を目で追うと交尾体に。

メスの翅は傷んでいますが、まだ命の継承を続けるんですね。
頑張って!!
c0343075_22303075.jpg

c0343075_22303757.jpg

オスのテリ張りも。
c0343075_22313514.jpg

秋晴れでしたが、風の強い1日でした。
c0343075_223222.jpg

c0343075_22321256.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-11-11 22:33 | トンボ | Comments(0)

キトンボとオオキトンボ Byヒナ

文化の日に県中央部の湿地帯へオオキトンボを探しに行きました。

昨年は生息地を広げ他の池にも進出していましたが、今年は昨年見た池では見つけられず。
もう1種キトンボを探しましたが、こちらは何とか1頭見っけ。
c0343075_2133450.jpg

オオキトンボが最初に見つかった池へ移動すると、ここには変わらず居ました。
数は多くありませんでしたが、消えるほどではありません。
残念ながら連結飛翔や交尾を見ることはできませんでした。
時期的に遅かったかな~
c0343075_2171792.jpg

c0343075_2162646.jpg

c0343075_2163461.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2016-11-08 21:08 | トンボ | Comments(0)