仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:32
ミルンヤンマは東京都下で..
by Nature_Oyaji at 12:56
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:04
こちらでは食草がほとんど..
by Nature_Oyaji at 12:59
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蝶( 223 )


徳島方面遠征 スギタニルリシジミ Byヒナ

昨日は絶好の蝶日和だったので予定通り徳島方面へ遠征してきました。

目当ては、
1.一番確実だと思われる スギタニルリシジミ
2.お願い居て下さい クロツバメシジミ
3.1週間くらい早いかも ウスバアゲハ
4.どこかで見れるといいな トラフシジミ、サカハチチョウ
と欲張ったものでしたが果たして如何に・・・

今の愛車はカーナビが付いてるので迷わなくなって楽になったな~
以前は遠征に行くたびに迷子になったものでしたが(^_^;)

9時前に自宅を出発して10時20分頃県境のスギタニポイントへ到着。
河原に降りるとすぐ、鳥の糞らしき物の場所で集団吸汁していました。
昨年は大きな吸水集団を見て感動しましたが、今回も狭い場所に最大10頭が集まり
他でもあちこちで飛び、スギタニは健在でした(^.^)
c0343075_20283879.jpg

c0343075_20285086.jpg
c0343075_20285872.jpg
c0343075_2029546.jpg
c0343075_20291315.jpg

ここには30分ほど滞在し次なる蝶を求めて移動しました。
遠征記は続きます~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-19 20:31 | | Comments(0)

北タイの蝶 シロモンルリシジミと他2種 Byヒナ

2月に行った探蝶旅行初日の蝶たち最後の紹介になりました。
間違えました。セセリチョウが残っていました。
初日分だけで2か月掛かってしまいました(^_^;)

明日以降は徳島方面遠征記事の後、蝶以外の子を少し紹介して
セセリチョウを紹介した後二日目の蝶に突入します。
二日目は憧れのあんな蝶やこんな蝶が出てきます~

本題です。
最初の子はシロモンルリシジミ(Celatoxia marginata marginata)
ヤクシマルリシジミに似た子だなと思いつつ撮りました。
ヤクルリより前翅の先が尖っているように見えます。
c0343075_22144676.jpg
c0343075_22145490.jpg

次の子は誰か分からないです。
ヤクルリか近い仲間だと思うのですが・・・
タイ・ネイチャリングのピーミィさんにタッパンルリシジミと同定して頂きました。
c0343075_22155312.jpg

最後の子はシロサカハチシジミ(Caleta roxus)
最初の探蝶旅行の時に集団吸水しているのを見ています。
とても小さな蝶です。
c0343075_22192091.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-18 22:23 | | Comments(2)

北タイの蝶 2種のフタオのシジミ Byヒナ

春のプロジェクトが今日で終了!(仕事の話です)
これから少しは楽できそうです。
という訳でちょっと早いかもしれませんが明日は徳島方面へ遠征に行きます。
贅沢は言わないので坊主だけは勘弁してほしいです~

本題です。
最初の子はツメアシフタオルリシジミ(Hypolycaena erylus)です。
この子も他の多くのシジミ同様この1枚しか写真がありません。
c0343075_2134513.jpg

次の子はウラクロフタオシジミ(Remelana jangara ravata)です。
この子は裏翅がキレイでしつこく撮りましたが翅の上部が影になっていて・・・
ここ最近上げているシジミチョウの写真は残念な物が多すぎます。
初見なので撮れただけでも良い気もしますが一期一会をしっかり収められないとダメですね。
c0343075_21384574.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-17 21:42 | | Comments(0)

北タイの蝶 タイワンヒメシジミとホリイコシジミ Byヒナ

今日のシジミはどちらも八重山など南の島でも見られるとても小さな種です。
といってもタイには1cmほどのヒメウラナミシジミの仲間がその辺にたくさん居るので
それほど小ささを感じなかったりします(^_^;)

そうはいってもこのサイズの蝶にピントを合わせるのはマクロじゃないと難しいですね。

タイワンヒメシジミ
4つ並んだ黒斑が特徴的で同定しやすいです。
初見でした。
c0343075_2220524.jpg

ホリイコシジミ
前回の探蝶旅行が初見でした。
c0343075_22341915.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-14 22:35 | | Comments(0)

北タイの蝶 スソビキフタオルリシジミ Byヒナ

前回の探蝶旅行で初めて見て大ファンになった
スソビキフタオルリシジミ(Hypolycaena amasa amasa)通称アマサ。
今回も初日と三日目でそれぞれ会えました。
風が吹くと長い尾状突起がたなびく姿はとても素敵でした。
でもなんだか写りが残念で・・・

初日のもの。
c0343075_2212174.jpg
c0343075_2212245.jpg
c0343075_22123458.jpg

三日目のもの。
c0343075_22124329.jpg

今回唯一色が出ています!
この状況でしっかり撮れてればなぁ~
c0343075_22125010.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-13 22:17 | | Comments(0)

ツマキチョウ 2015 Byヒナ

昨日は久しぶりの青空、なんでも2日以来らしいです。
という訳で昼ごはんを買ってミーと出掛けてきました。
家を出る時は少し肌寒い感じでしたが、午後からはぐんぐん気温が上がり
Tシャツ1枚で撮影するほどの陽気に。

特にノープランで出掛けましたが天候に恵まれたせいかツマキチョウを見ることが出来ました。
いつものことですがツマキの吸蜜は短時間なのでシャッターチャンスが少ないですね。
飛ばれては留まるのを待ちを何度も繰り返してなんとか撮れました。
といっても撮れたのはメスばかり・・・
オスはまたの機会になりました。

今回のベストショット、ワスレナグサでの吸蜜。
c0343075_21231953.jpg

正面顔
c0343075_21234551.jpg

この花はなんだろう~
c0343075_21235892.jpg

ぶれぶれの飛翔(-_-)
c0343075_21242295.jpg

オスはメスを追いかけるところばかり。
ボケボケの飛翔(>_<)
c0343075_21251760.jpg

産卵を撮れたのは嬉しかったです(^.^)
c0343075_21272016.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-12 21:30 | | Comments(0)

北タイの蝶 ウラナミシジミの仲間たち Byヒナ

ミスジチョウの仲間の同定は中々難しいのですが、それに輪をかけて難しいのが
ウラナミシジミの仲間たち。

ミスジチョウはまだ図鑑とにらめっこしてあがいてみましたが、ウラナミシジミは早々にギブアップ。
これまた一緒に同行したくださった現地で蝶の研究をされているIさんに同定して頂きました。
Iさん、ありがとうございましたm(__)m

ルリウラナミシジミ(Jamides bochus bochus)
表翅はメタリックブルーに輝くようですが、見ることはできませんでした。
八重山で見られるようですね。
c0343075_2259118.jpg

コシロウラナミシジミ(Jamides celeno aelianus)
この子は迷蝶のシロウラナミシジミによく似た種です。
c0343075_2343221.jpg

左の子がオナシヒメウラナミシジミ(Prosotas dubiosa indica)
右の子がマルムスジウラナミシジミ(Nacaduba berenice aphya)
マルムスジウラナミシジミはアマミウラナミシジミに近い種です。
オナシヒメウラナミシジミは1cm位でとても小さいです。
c0343075_23123857.jpg

ニシマルバネウラナミシジミ(Petrelaea dana)
この子は尾状突起が無いのが珍しいですね。
c0343075_23143039.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-11 23:17 | | Comments(0)

北タイの蝶 2種のキマダラルリツバメ Byヒナ

前回の探蝶旅行でタイ産のキマルリを見てテンションが上がりましたが、
今回も別種のキマルリを見ることが出来ました。
マレーキマダラルリツバメ(Spindasis seliga)です。

この子の第一印象は「なんか眼が大きい・・・」でした。
日本のキマルリは図鑑でしか見た事が無いのでこんな感じだっけとも思ったり(^_^;)
あとでじっくり見返してみると眼というか頭部が少し大きいように見えます。
裏翅のクリーム地の部分が少ないのも日本のキマルリとの違いですね。
c0343075_2253421.jpg

c0343075_22532533.jpg

三日目のもの。
他の蝶に気を取られ証拠の1枚だけ。
c0343075_22534397.jpg

記事を書いててこの子はマレーキマダラルリツバメと違うなと気が付きました!
前回の探蝶旅行で撮ったミツボシフタオツバメ(Spindasis syama)のようです。
いや待て、その子とも違うような・・・

現地で蝶の研究をされているIさんから連絡をいただきました。
この子はマレーキマダラルリツバメの個体変異の可能性が高そうです。
もう一つ可能性としてはタイワンフタオツバメ(Spindasis lohita)もありますが、
上の子と同じ場所で撮っているのでマレーキマダラルリツバメとするのが妥当のようです。
Iさん、いつもありがとうございます!

c0343075_2254063.jpg

c0343075_2254956.jpg

この2種は同じところで吸水していました。
2種のキマルリを同時に見られるなんて改めて北タイは凄いところです(@_@)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-10 22:57 | | Comments(2)

北タイの蝶 タイワンツバメシジミ Byヒナ

シジミチョウを撮影していて1番驚いたのが今日の子、タイワンツバメシジミのときです。
実際は撮影しているときこの子がタイツとは気が付いていませんでした。
そこへタイ・ネイチャリングのピーミィさんがやってきて「タイワンツバメシジミだね」の一言。
モニターも見返してみると確かにタイツです!!
まさかタイで見られるとは夢にも思っておらず、とても嬉しくなりました。
c0343075_10315155.jpg

タイツは何年か前、高知も分布域に入っているという事で探し回った蝶なのです。
もちろん見つけられませんでした。
レッドリストでは絶滅危惧Ⅰ類ですが、高知では絶滅している可能性も高そうです。
高知では草原に生息する蝶は姿を消しつつあります。
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-08 22:37 | | Comments(0)

北タイの蝶 タイリククロシジミ Byヒナ

クロシジミは四国では見ることが難しくて諦めている蝶のひとつですが、
北タイでクロシジミの仲間に出会うことが出来ました。
タイリククロシジミ(Niphanda asialis)です。

タイでもクロシジミの仲間は少ないようですが今回の探蝶旅行では初日と三日目に
見ることが出来てラッキーでした。
初日の子。
c0343075_23264899.jpg
c0343075_2327097.jpg

三日目の子。
c0343075_23271150.jpg
c0343075_23272040.jpg
c0343075_23273011.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-07 23:28 | | Comments(0)