仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蝶( 235 )


アオバセセリが居ない Byヒナ

今日からしばらく4月中旬~GWにかけて撮った写真の記事が続きます。
北タイの蝶はお休み~

アオバセセリがいつものハマダイコン畑から姿を消してしまいました。
毎年アオスジアゲハと同時期に現れて何者でも追い回すやんちゃぶりを
披露してくれてたのですが、何処に行ってしまったのでしょう。
たまたま私が見れてないだけなら良いのですが・・・

その代りという訳ではないでしょうが、変わった所でアオバを見ました。
プランターのビオラにやっってきたのです。
ビオラで吸蜜する蝶を見たのは初めてのような気がしますが、それがアオバで2度びっくり。
今年はこれで見納めになってしまうのか~
c0343075_20542081.jpg

c0343075_20543170.jpg
c0343075_20544359.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-05-06 20:56 | | Comments(0)

北タイの蝶 アリサンキマダラヒカゲ Byヒナ

アリサンキマダラヒカゲ(Neope pulaha pulahoides)は日本で見られる
サト、ヤマキマダラヒカゲの仲間です。
サトやヤマを初めて見たときはなんて複雑な模様なんだろうと感じました←裏翅のこと
この子も模様は似た感じで、色はこげ茶ベースです。
翅を開かないところもサトやヤマと同じでしたね(>_<)
c0343075_2031730.jpg

c0343075_20031100.jpg
c0343075_2032991.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-05-05 20:04 | | Comments(0)

北タイの蝶 クビワチョウ Byヒナ

GWは前半の遠征が終わり一息つきました。
4月中旬からの撮影計画はほぼ順調に消化でき、撮りたかった蝶や
トンボを撮れましたが、まだ二日残っているので最後までフィールドに出続けたいと思います。

GW撮影の子たちはもう少ししたら紹介する予定です。

本題です。
クビワチョウ(Calinaga sudassana sudassana)は不思議な蝶です。
名前の由来になっている首回りの赤い毛らしきものは他の蝶では見た事が無いものです。

撮影二日目、ハルカゼアゲハの集団吸水を見つける直前にクビワチョウが
2頭居るのを見つけましたがすぐ飛ばれました。
丁度2頭とも顔が良く見えませんね(^_^;)
c0343075_2374022.jpg


翌日。
撮影三日目のポイントはクビワチョウがたくさん居て色々と撮れました(^.^)
またひっついて吸水しています。
c0343075_2310464.jpg

葉っぱの上で。
眼がメタリックブルーに輝いています。
c0343075_23122279.jpg

表はこんな感じ。
c0343075_23124262.jpg

マクロで。
c0343075_2313132.jpg

魚眼で。
c0343075_23131964.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-05-04 23:18 | | Comments(0)

北タイの蝶 アオオビイチモンジ Byヒナ

アオオビイチモンジ(Sumalia daraxa daraxa)は探蝶旅行二日目の早い時間に撮れた蝶です。
イチモンジチョウの仲間で白帯以外の蝶を見たのは初めてでした。
1枚目は青色が比較的出ていますが、後は飛び気味で反省。
実物はもっと美しいように思います。
c0343075_2026082.jpg
c0343075_2026117.jpg
c0343075_20262047.jpg
c0343075_20263436.jpg

これはお気に入りの1枚です(^.^)
c0343075_20264442.jpg

明日から1泊二日で遠征するので明日の記事はお休みです~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-05-01 20:30 | | Comments(0)

北タイの蝶 ウスベニハレギチョウ Byヒナ

ハレギチョウの仲間はまだ見たことがありませんでしたが、今回の探蝶旅行で
ウスベニハレギチョウ(Cethosia biblis biblis)を見ることが出来ました。

翅表はツマグロヒョウモンのメスにちょっと似ていますが、裏はどの蝶にも似ていませんね。
翅を立てて吸水する姿は翅先がギザギザに尖っているのと派手なデザインで強烈な印象を受けます。

二日目の写真
c0343075_22471357.jpg

c0343075_22472984.jpg


三日目の写真
c0343075_22475889.jpg
c0343075_2248794.jpg
c0343075_22481646.jpg
c0343075_22482589.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-30 22:49 | | Comments(0)

北タイの蝶 カバシタアゲハ Byヒナ

カバシタアゲハ(Chilasa agestor agestor)はマネシアゲハの仲間の中で1番見たい蝶でした。

アサギマダラに擬態しているこの子はアサギマダラ好きな私にとってとても興味をそそる蝶なのです。
図鑑で見てもとても似ているこの子を実際に見たらどんな印象なんだろうと思いつつ撮影に向かいましたが、
残念ながら初日は出会うことなく終了。

撮影二日目、オオクジャクアゲハのポイントへ移動する直前に初見を果たしました。
高い木の上に止まっているこの子は後翅の上部がめくれていますが、
この位なら飛ぶのに支障なさそうです。
遠かったのでやっぱりアサギマダラにそっくりだなという印象です。
c0343075_233642.jpg

この日はこれだけでしたが、撮影三日目に沢山撮ることが出来ました(^.^)
最後の写真が1番分かりやすいと思いますが、アサギマダラの浅葱色の部分が銀色に見えます。
それにしても見事な擬態です。
天敵には見分けが付かなさそうですね~
c0343075_2392086.jpg

c0343075_2392995.jpg
c0343075_2394177.jpg
c0343075_2394953.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-29 23:11 | | Comments(0)

北タイの蝶 ハルカゼアゲハとアサクラアゲハ 集団吸水 Byヒナ

昨日の続きです。

二日前の記事のオオクジャクアゲハを撮った後、最後のポイントに移動しました。
そこで見たものはハルカゼアゲハを中心とした集団吸水です。
20~30頭ほど居ました。
アサクラアゲハも居るようですが、どれがそうかはっきりしません。
サイズの近いヒメクモガタシロチョウ(Appias lalasis)も混じっています。

こんなに多くのハルカゼアゲハを見られるとは驚きました。
この前に撮ってたのでなんとか気持ちを落ち着かせることができましたが、
これが初見だったら我を忘れていたかもしれません(^_^;)
c0343075_23384515.jpg
c0343075_23385437.jpg
c0343075_2339314.jpg
c0343075_23391122.jpg

私たちの殺気を感じたのか、1頭が飛び立つと他の子たちも次々と飛び立ち、
あっという間に1頭も居なくなってしまいました(>_<)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-28 23:45 | | Comments(0)

北タイの蝶 ハルカゼアゲハとアサクラアゲハ Byヒナ

北タイ探蝶旅行初日の撮影が終わった夜、タイ・ネイチャリングのピーミィさん
タイの自然と風景2のカオヤイさんと話しているときに明日はハルカゼアゲハに会えるかもと聞かされ舞い上がってしまいました(笑)

ハルカゼアゲハ属のハルカゼアゲハ(Pazara mandarina)と
アサクラアゲハ(Pazara eurous)は何度も図鑑を眺めては
こんな妖精のような蝶を見たいと夢見た蝶なのです。

丁度図鑑を持参していたのでこの夜はまた眺め、そしてネット検索で予習をしました。
神経が高ぶって結局2時間位しか寝れませんでした。
前の日も同じようなものでしたが(^_^;)

そしてそのときは本当に訪れました。

二日目のポイントで撮影しているとシロチョウと一緒にそれらしき蝶がやってきました。
ピーミィさんから聞いていましたがシロチョウを一回り大きくした位のサイズで、
シロチョウとの追いかけっこが似合います(笑)

2頭来ています。

やがて砂地に降り立ち吸水を始めました。
落ち着くのを待ち、少しずつ距離を詰めていきます。

2頭並んだ姿を確認すると・・・

なんと!ハルカゼとアサクラのコラボです!!
左小さい方がハルカゼ、右大きい方がアサクラ。
後翅裏の模様も違いがあり単独の場合はそこで見分けが付きます。

しかしこんなドラマティックな出会いがあるのですね。
痺れました。
c0343075_21272618.jpg

c0343075_21302346.jpg

c0343075_21362731.jpg

ハルカゼ(たぶん)の開翅
c0343075_21352679.jpg

ハルカゼのソロショット
c0343075_21372115.jpg

ハルカゼ、アサクラ、キボシアゲハ(Chilasa epycides)の北タイでしか見られないアゲハの3ショット
c0343075_21405281.jpg

この日はこの後さらなる驚きが・・・
それは次の記事で~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-27 21:48 | | Comments(0)

北タイの蝶 オオクジャクアゲハ Byヒナ

今日から北タイ探蝶旅行二日目の蝶を紹介します。

今回見たいと思っていた筆頭の蝶がオオクジャクアゲハ(Papilio arcturus)でした。
名前の由来になっている後翅裏の発達した赤斑紋をこの目で見たかったのです。
しかしオオクジャクアゲハは北タイの山地にしか生息していないので、
見たいと思う気持ちと無理かもという気持ちが交錯していました。

二日目はチェンマイ県北方でミャンマー国境の高い山に登りました。
ここでそろそろ帰る時間に近づいて来た時、移動したクリークにオオクジャクアゲハは居ました。
地面にべったり伏せて吸水しています。
最初は望遠で撮っていましたがやがてマクロ、まだ寄れる?それなら魚眼と
大サービスの個体でした(^.^)
c0343075_2324269.jpg

c0343075_23241080.jpg
c0343075_23242092.jpg

この子は裏を撮らなきゃですね。
c0343075_23272541.jpg
c0343075_23273575.jpg

少しだけですが表の青紋も撮れました。
c0343075_23274792.jpg

まさに感無量の一時を過ごすことが出来ました~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-26 23:31 | | Comments(0)

北タイの蝶 タイリクヒメセセリ Byヒナ

探蝶旅行初日に撮ったセセリは3種のみで今日の子が最後です。

タイリクヒメセセリ(Sovia albipecta)
吸い戻しをしているところでしょうか。
口吻を随分後ろの方に伸ばしています。
この子も初見でした。
c0343075_22322930.jpg

c0343075_22324796.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-23 22:34 | | Comments(0)