仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんにちは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 18:36
こんにちは 暑くなりまし..
by tosanosato_bit at 18:17
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 21:04
こちらでは食草がほとんど..
by Nature_Oyaji at 12:59
鍵コメ様、ご訪問と同定あ..
by nakayoshi_me_hina at 18:57
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 17:53
こんにちは~ 今春の黒..
by tosanosato_bit at 17:08
追伸 私のホームのキン..
by nakayoshi_me_hina at 18:47
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 18:41
今年は春先数日間、寒の戻..
by Nature_Oyaji at 12:44
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蝶( 218 )


ツマキチョウ 2015 Byヒナ

昨日は久しぶりの青空、なんでも2日以来らしいです。
という訳で昼ごはんを買ってミーと出掛けてきました。
家を出る時は少し肌寒い感じでしたが、午後からはぐんぐん気温が上がり
Tシャツ1枚で撮影するほどの陽気に。

特にノープランで出掛けましたが天候に恵まれたせいかツマキチョウを見ることが出来ました。
いつものことですがツマキの吸蜜は短時間なのでシャッターチャンスが少ないですね。
飛ばれては留まるのを待ちを何度も繰り返してなんとか撮れました。
といっても撮れたのはメスばかり・・・
オスはまたの機会になりました。

今回のベストショット、ワスレナグサでの吸蜜。
c0343075_21231953.jpg

正面顔
c0343075_21234551.jpg

この花はなんだろう~
c0343075_21235892.jpg

ぶれぶれの飛翔(-_-)
c0343075_21242295.jpg

オスはメスを追いかけるところばかり。
ボケボケの飛翔(>_<)
c0343075_21251760.jpg

産卵を撮れたのは嬉しかったです(^.^)
c0343075_21272016.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-12 21:30 | | Comments(0)

北タイの蝶 ウラナミシジミの仲間たち Byヒナ

ミスジチョウの仲間の同定は中々難しいのですが、それに輪をかけて難しいのが
ウラナミシジミの仲間たち。

ミスジチョウはまだ図鑑とにらめっこしてあがいてみましたが、ウラナミシジミは早々にギブアップ。
これまた一緒に同行したくださった現地で蝶の研究をされているIさんに同定して頂きました。
Iさん、ありがとうございましたm(__)m

ルリウラナミシジミ(Jamides bochus bochus)
表翅はメタリックブルーに輝くようですが、見ることはできませんでした。
八重山で見られるようですね。
c0343075_2259118.jpg

コシロウラナミシジミ(Jamides celeno aelianus)
この子は迷蝶のシロウラナミシジミによく似た種です。
c0343075_2343221.jpg

左の子がオナシヒメウラナミシジミ(Prosotas dubiosa indica)
右の子がマルムスジウラナミシジミ(Nacaduba berenice aphya)
マルムスジウラナミシジミはアマミウラナミシジミに近い種です。
オナシヒメウラナミシジミは1cm位でとても小さいです。
c0343075_23123857.jpg

ニシマルバネウラナミシジミ(Petrelaea dana)
この子は尾状突起が無いのが珍しいですね。
c0343075_23143039.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-11 23:17 | | Comments(0)

北タイの蝶 2種のキマダラルリツバメ Byヒナ

前回の探蝶旅行でタイ産のキマルリを見てテンションが上がりましたが、
今回も別種のキマルリを見ることが出来ました。
マレーキマダラルリツバメ(Spindasis seliga)です。

この子の第一印象は「なんか眼が大きい・・・」でした。
日本のキマルリは図鑑でしか見た事が無いのでこんな感じだっけとも思ったり(^_^;)
あとでじっくり見返してみると眼というか頭部が少し大きいように見えます。
裏翅のクリーム地の部分が少ないのも日本のキマルリとの違いですね。
c0343075_2253421.jpg

c0343075_22532533.jpg

三日目のもの。
他の蝶に気を取られ証拠の1枚だけ。
c0343075_22534397.jpg

記事を書いててこの子はマレーキマダラルリツバメと違うなと気が付きました!
前回の探蝶旅行で撮ったミツボシフタオツバメ(Spindasis syama)のようです。
いや待て、その子とも違うような・・・

現地で蝶の研究をされているIさんから連絡をいただきました。
この子はマレーキマダラルリツバメの個体変異の可能性が高そうです。
もう一つ可能性としてはタイワンフタオツバメ(Spindasis lohita)もありますが、
上の子と同じ場所で撮っているのでマレーキマダラルリツバメとするのが妥当のようです。
Iさん、いつもありがとうございます!

c0343075_2254063.jpg

c0343075_2254956.jpg

この2種は同じところで吸水していました。
2種のキマルリを同時に見られるなんて改めて北タイは凄いところです(@_@)
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-10 22:57 | | Comments(2)

北タイの蝶 タイワンツバメシジミ Byヒナ

シジミチョウを撮影していて1番驚いたのが今日の子、タイワンツバメシジミのときです。
実際は撮影しているときこの子がタイツとは気が付いていませんでした。
そこへタイ・ネイチャリングのピーミィさんがやってきて「タイワンツバメシジミだね」の一言。
モニターも見返してみると確かにタイツです!!
まさかタイで見られるとは夢にも思っておらず、とても嬉しくなりました。
c0343075_10315155.jpg

タイツは何年か前、高知も分布域に入っているという事で探し回った蝶なのです。
もちろん見つけられませんでした。
レッドリストでは絶滅危惧Ⅰ類ですが、高知では絶滅している可能性も高そうです。
高知では草原に生息する蝶は姿を消しつつあります。
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-08 22:37 | | Comments(0)

北タイの蝶 タイリククロシジミ Byヒナ

クロシジミは四国では見ることが難しくて諦めている蝶のひとつですが、
北タイでクロシジミの仲間に出会うことが出来ました。
タイリククロシジミ(Niphanda asialis)です。

タイでもクロシジミの仲間は少ないようですが今回の探蝶旅行では初日と三日目に
見ることが出来てラッキーでした。
初日の子。
c0343075_23264899.jpg
c0343075_2327097.jpg

三日目の子。
c0343075_23271150.jpg
c0343075_23272040.jpg
c0343075_23273011.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-07 23:28 | | Comments(0)

北タイの蝶 2種のクロツバメシジミ Byヒナ

日本のクロツは昨年念願叶って見ることが出来ましたが、タイにも
2種のクロツが居るようで幸運にも2種とも出会うことが出来ました。

1種目はイオンクロツバメシジミ(Tongeia ion)
この子は激レア種のようです。
私が持っている蝶の図鑑、タイ国の蝶 木村勇之介コレクションvol.2では
写真無しだし、もう1冊のBUTTERFLIES OF THAILAND 2ND Editionでは
☆4つのVery Rareと記されています。
この上のExtremely Rareはシボリアゲハなので実質最も見ることの難しい部類なのでしょうね。
c0343075_21131552.jpg


2種目はオビクロツバメシジミ(Tongeia Potanini umbriel)
この子は日本のクロツによく似た印象を受けます。
c0343075_21175876.jpg
c0343075_2118105.jpg


クロツの仲間なので食草はやはりベンケイソウの仲間だと思うのですが、
何を食べているのか興味津々です(^.^)
タイにツメレンゲは無いよね~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-06 21:30 | | Comments(0)

春の牧野植物園 Byヒナ

先週末から梅雨時期のように天気の悪い日が続いています。
この時期これだけ雨が続くのも珍しい気がします。
花見を楽しみにしていた人はがっかりしているのではないでしょうか。
私は花より虫ですがやはりがっかりしています。

来週もしばらくスッキリしない模様ですが今朝はまだ雨が落ちてなかったので
牧野植物園へ行ってきました。

着いてすぐ羽化したばかりのナミアゲハをミーが見っけ。
この後ミーの手乗りで飛び立っていきました。
c0343075_17103325.jpg

花畑でキチョウを春っぽく。
c0343075_17125780.jpg

桜で吸蜜は初めて見たかも。
c0343075_17134548.jpg

スジグロシロチョウの飛翔は連写で。
ぎりぎりフレームイン(^_^;)
c0343075_17143092.jpg

ベニシジミは曇りなのに日光浴?
c0343075_17155995.jpg

今日の1番の目当てはハナバチでしたが唯一撮れたのがこの子。
ケブカハナバチかな~
自信ありません。
c0343075_17172164.jpg

ニッポンヒゲナガハナバチを撮りたいのですが今日は出会えませんでした。
明日も雨じゃなかったら探しに行こう~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-04 17:20 | | Comments(2)

北タイの蝶 コガネギンスジミツオシジミ Byヒナ

今回の探蝶旅行では珍しいシジミチョウをたくさん見ることが出来ました。
コガネギンスジミツオシジミ(Catapaecilma subochrea)は珍しい上に
美しい翅を持っています。
銀筋の部分は銀箔を貼ったような輝きで黄金色の地と相まって豪華な印象です。
この色彩が大型のタテハチョウに備わっていたなら物凄く派手でしょうね(^.^)
c0343075_20342677.jpg
c0343075_20343617.jpg
c0343075_2035152.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-02 20:35 | | Comments(0)

北タイの蝶 ヒメクモガタシロチョウとウスムラサキシロチョウ Byヒナ

探蝶旅行初日に撮ったシロチョウは前回のアカネシロチョウと今日の2種のみでした。

ヒメクモガタシロチョウ(Appias lalassis lalassis)はツマベニチョウに雰囲気が似ていると思いました。
ツマベニチョウに比べると一回り小さいというか一般的なシロチョウサイズです。
この子もほぼ北タイでしか見られないようです。
c0343075_21404445.jpg

c0343075_22142678.jpg


ウスムラサキシロチョウ(Cepora nadina nadina)は今回この1枚しか撮れませんでした。
初めてタイへ探蝶旅行へ訪れた時にカワカミシロチョウ(翅が真っ白の子)やスジグロトガリシロチョウ(薄いスジが2本見える子)
と一緒に集団吸水しているタイワンスジグロチョウをたくさん撮りました。
この時にウスムラサキシロチョウも撮っていたかもしれません。
その時の写真です。
c0343075_22105434.jpg
明日からは探蝶旅行初日のシジミシリーズです~
[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-04-01 22:18 | | Comments(2)

北タイの蝶 アカネシロチョウ Byヒナ

今回の探蝶旅行で見たい蝶にカザリシロチョウの仲間もありました。
カザリシロチョウの仲間の多くはシロチョウの名前に似合わない黒地のカラーリングで
異彩を放っています。
また黒地でない種も裏翅が鮮やかな赤や黄色で彩られていて美しく、
どちらも目を惹く種なのです。

そのカザリシロチョウを5種見ることが出来ましたが初日は今日紹介する
アカネシロチョウ(Delias pasitoe pasitoe)に出会いました。

集団吸水するシロチョウの仲間は落ち着いていてかなり近寄れますが、
単独吸水するこの子たちはあまり近寄らせてくれず1,2枚シャッターを切ると
飛ばれることが多かったです(>_<)
c0343075_21113322.jpg
c0343075_21114281.jpg

これは三日目のもの。
ピンボケがヒドイですが証拠写真として・・・
c0343075_2111509.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2015-03-30 21:13 | | Comments(0)