仲良し夫婦DE生き物ブログ


出会った生き物や自然を中心としたブログです。
by nakayoshi_me_hina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
お気に入り外部リンク
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 22:52
こんばんは ウラギンシ..
by tosanosato_bit at 20:06
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 21:21
こんばんは 新機種は機..
by 古庵 at 21:59
Nature_Oyaji..
by nakayoshi_me_hina at 12:40
導入おめでとうございます..
by Nature_Oyaji at 06:22
古庵さん、こんばんは~ ..
by nakayoshi_me_hina at 23:02
こんばんは~ EM-1..
by tosanosato_bit at 20:43
最新のトラックバック
検索
タグ
記事ランキング
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蝶( 235 )


アサギマダラ撮影のあれこれ Byヒナ

今回はアサギマダラ撮影の際のトピックスをまとめて紹介。

オオカマキリとニアミス。
撮影時には気が付きませんでしたが、オオカマキリとニアミスしてました。
前日アサギマダラが捕らえられているところを見ましたが、この子はセーフ。
c0343075_14522489.jpg
無事通り過ぎました。
オオカマキリの居る所に止まっていたらアウトだったでしょう。
c0343075_14522023.jpg
アサギマダラの合間に、サツマシジミの飛翔撮りにチャレンジ。
1枚だけ撮れました。
これは完全にまぐれです(^^;)
久し振りに翅表を見れて嬉しかった。
c0343075_14521683.jpg
テングチョウが3頭吸蜜していると思ったら、1頭はイカリモンガでした。
春にもテングチョウとイカリモンガが桜で吸蜜している場面に出くわしました。
似たもの同士、仲が良いのでしょうか。
イカリモンガがフジバカマに来たのを見たのは初めて。
c0343075_14521244.jpg
c0343075_14520887.jpg


[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-12 15:03 | | Comments(0)

3連休最後のアサギマダラ Byヒナ

3連休最後の11月5日は前々日や前日に比べて気温が3℃程下がり、最低気温が予報では9℃でした。
昨日まで10数頭居たアサギマダラは半減。
この辺の気温が再び旅に向かう合図なのかもしれません。

数は少ないながらも、雲一つない秋晴れで最終日を満喫できました。

顔にフラッシュの光が回りませんでしたが、構図はかなりのお気に入り。
もう少し翅が開いていれば最高でした。
c0343075_22342668.jpg
アサギマダラの数は少ないものの、複数の個体を同時に撮れる機会が何度かありました。
今年の目標だった、複数の個体が青空バックの飛翔に一番近かったのがこちら。
下の個体の翅が開いていれば良かったのですが。
c0343075_22342201.jpg
もう一つの目標の、真正面から飛んできて花に止まる瞬間もチャンスがありました。
真正面からは捉えられたものの、手前に花が写っていないのが残念。
c0343075_22341827.jpg
背景がごちゃごちゃですが、これも2頭が入りお気に入り。
c0343075_22341169.jpg
帰り道でアサギマダラが1頭舞い降りてきました。
妄想でしかありませんが、今日が最後の撮影と覚悟してきた私に挨拶してくれているようで、なんとも言えない気持ちに。
c0343075_22332174.jpg
これがラストショット。
この後この子は去っていきました。
c0343075_22331835.jpg
今年も楽しく撮ることができました。
今年果たせなかった目標は来年の宿題です。
みんな、ありがとう~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-10 22:55 | | Comments(0)

ツワブキに集う蝶たち Byヒナ

台風22号が通過した日、午後には雨が止んだのでフィールドへ出てみました。

ツワブキは花の減るこの季節に、鮮やかな黄色の花を付けるので目が行きます。
台風一過なので蝶はあまり居ないかと思いましたが、シジミチョウやセセリチョウの仲間が多く吸蜜に来ていました。

ヤマトシジミを撮るのは久しぶり。
c0343075_20451785.jpg
c0343075_20451376.jpg
ウラナミシジミも。
c0343075_20450935.jpg
c0343075_20450599.jpg
その後青空が戻ってから、アサギマダラ撮影の合間にも。
テングチョウ。
c0343075_20450133.jpg
ムラサキシジミも。
c0343075_20445313.jpg
アサギマダラもツワブキに吸蜜に来ますが、フジバカマやヒヨドリバナの方が優先順位が高いようで、両方咲いているとツワブキへはあまり来ず。
という事で、アサギマダラとのコラボは撮れませんでした~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-06 20:56 | | Comments(0)

アサギマダラ今年の目標 Byヒナ

アサギマダラの飛翔写真で撮りたい構図は2つあり、一つは複数の個体が青空バックの飛翔で写っているもの。
もう一つは真正面から飛んできて花に止まる瞬間を捉えたものです。

複数の個体を写すには、出来るだけ多くのアサギマダラが集まっている方が良いのですが、今年は台風接近のせいか幾分少な目。
あまり機会がなく、来年また挑戦します。

これが唯一の写真。
後ろはマーキング個体ですね。
c0343075_22202365.jpg
これは複数の飛翔ではないですが、後ろに2頭写っているのでお気に入り。
c0343075_22201743.jpg
真正面からの撮影もイメージ通りのものは撮れず。
明日がラストチャンスで、再度挑戦してきます。

ちょっと向きがずれていて、翅の開き具合も今一つ。
c0343075_22201259.jpg
これも向きと、翅が閉じてますが、こういう構図もアリかなと思います。
c0343075_22200721.jpg
イメージに一番近かったのはこれ。
3枚目位に角度が立っていたら良かったのですが・・・
c0343075_22200293.jpg
これも向きのずれが・・・
目標云々を言わなければ、飛翔写真としては出来の良い方でした。
c0343075_22195276.jpg
明日は3連休最終日で、たぶん今シーズン最後のアサギマダラ撮影機会。
思い残すことなく、全力で撮ってこよう~



[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-04 22:44 | | Comments(0)

青空とアサギマダラ Byヒナ

台風22号の通過でアサギマダラを撮る機会はもう失ったかと思っていましたが、ダメ元で今日もフィールドへ。
嬉しいことに予想は外れ、フジバカマは終わりかけているもののまだ吸蜜できるものが有り、アサギマダラも残っていました。
これでこの3連休の予定は、全てアサギマダラ詣でに決定(^.^)

本題です。
台風22号が来る前に、今シーズン唯一の機会になるかもと悲壮な思いで撮りに行ったアサギマダラ。
この日は嵐の前の静けさとでもいうのか、雲一つない快晴で、撮った写真にも本当にどこにも雲が写っていませんでした。

写真は毎年の事なので変わり映えはしません。
今年目標としていた構図がありましたが、それは次回の記事で。

飛翔のあれこれ。
c0343075_19423850.jpg
c0343075_19422865.jpg
c0343075_19422360.jpg
c0343075_19421886.jpg
c0343075_19421214.jpg
吸蜜も。
c0343075_19415903.jpg
旅する蝶アサギマダラには青空が良く似合います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-11-03 19:52 | | Comments(0)

ヒヨドリバナとサツマシジミ Byヒナ

ヒヨドリバナシリーズの最後はサツマシジミです。

ヒヨドリバナやフジバカマはシジミチョウも多く集まります。
この日はサツマシジミだけでしたが、別の日にはウラナミシジミやヤクシマルリシジミ、ムラサキシジミやムラサキツバメなどを見掛けました。

開翅を見たいのですが、吸蜜中は開きません。
c0343075_22370328.jpg
サツマは半逆光で翅が透けて見えるように撮るのが好きです。
c0343075_22365871.jpg
c0343075_22365343.jpg
越冬する蝶以外を見られるのはあと少し。
出来る限り会っておこうと思います~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-30 22:41 | | Comments(0)

ヒヨドリバナとキタテハとテングチョウ Byヒナ

前回の続きです。

ヒヨドリバナやフジバカマは多くのタテハチョウを集めます。
一番多いのはアサギマダラですが、次に多く見掛けるのが前回記事のイシガケチョウ。
他にはアカタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、テングチョウなどです。

その中でこの日はキタテハとテングチョウが来ていました。

まずはキタテハ。
c0343075_19214262.jpg
c0343075_19213824.jpg
c0343075_19213516.jpg
テングチョウは翅を開いたところを見れませんでした。
c0343075_19213192.jpg
タテハチョウの仲間に翅がギザギザの種が多いのは何故なんでしょうね~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-29 19:25 | | Comments(0)

手乗りウラギンシジミ Byヒナ

9月下旬、彼岸花に集うアゲハを撮りに行った際、ウラギンシジミが手乗り状態に。
最初はジーンズに口吻を伸ばします。
c0343075_21284989.jpg
舐めがいが無かったのか、指に移動。
ここは気に入ったようで中々離れません。
c0343075_21285632.jpg
これだけならありがちな事ですが、翌日同じフィールドに向かうと・・・
またウラギンシジミがやってきました。
良く見ると翅の破れ具合から昨日の子と同じだと分かりました。
c0343075_21293455.jpg
これだけ懐かれると情が移ります。
家に帰ってくると愛犬が熱烈歓迎してくれるような。
それは言い過ぎとしても、戻ってくるのを待っててくれたような錯覚に陥りました。

もうこの状態ではシャッターを押せないので、被写体はこの子にチェンジ。
ここまで全てスマホで撮影。
こういう時スマホは便利です。
左手で撮影しましたが、なんとか撮れています。
c0343075_21294562.jpg
更に後日、今度は別の個体を撮りました。
鱗粉が厚く綺麗な個体でしたが、翅は開いてくれませんでした。
c0343075_21452550.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-24 21:48 | | Comments(2)

ダンギクとキマダラセセリとウラナミシジミ Byヒナ

昨日の記事のアオスジハナバチを撮っていると、キマダラセセリがやってきたのでモデルチェンジ。
今秋初めての撮影でした。
c0343075_20521995.jpg
c0343075_20521523.jpg
c0343075_20521217.jpg
ウラナミシジミも来ました。
c0343075_20520761.jpg
c0343075_20520372.jpg

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-14 20:56 | | Comments(0)

彼岸花とナミアゲハ Byヒナ

彼岸花とアゲハのコラボは今年機会に恵まれず。
この機会を逃すとアゲハを今シーズン撮ることはほぼ無いので、とても残念です。

9月最終日にワンチャンスだけあり、なんとか坊主は免れました。
彼岸花は終わる直前ですが、ナミアゲハが少しだけ吸蜜に。
c0343075_20483682.jpg
c0343075_20483200.jpg
c0343075_20482741.jpg
もう少し涼しくなりアサギマダラが沢山やってくると、最も大切な日々が始まります~

[PR]

by nakayoshi_me_hina | 2017-10-11 20:53 | | Comments(0)